白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

スフィアのメンバー当てクイズ

今日は雨。やや暑い。
雨といっても、朝方から降り始めて
昼過ぎにはやみ始めたんだけどもね。
ただそのおかげで、結構蒸し蒸しし始めた…。


今日は、Hermit氏のもと。
実は、我らのお得意様が、夏のセールを実施中ということで
わざわざ古内まで行ってきたのだった。
まぁ、途中迷って、泉中央を行ったり来たりしてしまったが。
さて、セールということもあって
市内でも有数の規模を誇る店舗は人でいっぱい。
いい買い物をたくさんさせていただきました。
マジで…本どうにかしないとな…。
何か名案はないかー。


その後、ニトリへ。
実は以前買ったスタンドライトが壊れてしもうたんで
何かいいのないかな?と思って見ていたんだが
和風の間接照明が売っていて、とても気に入った。
うちでも使ってみたけど、なかなかいい感じ。
昼飯を食っている時に、ミューレ所属声優によるユニット
「スフィア」のメンバーって誰だ?という話になって
じゃあクイズ!ってなったんだが
散々ヒントをあげても、Hermit氏わからず。大変悔しがっていた。


☆本日の衝動買い

東京 あの時ここで―昭和戦後史の現場 (新潮文庫)

東京 あの時ここで―昭和戦後史の現場 (新潮文庫)

戦後から現在に至るまでの重大事件を
共同通信が綿密にまとめたもの。
当時の関係者の証言や、写真・地図などを駆使して
非常にわかりやすい内容となっている。


現在の仏教の宗派の開祖がいかにいいことを言ったかっていうのを
人物別にまとめたもの。
現代のお坊さんも結構いいこと言うよね。
つまり、昔のお坊さんは人間の本質の話をなさる。
今のお坊さんは、人と社会がどう繋がるかって話をされる。
前者は自らの境地に至った悟り。
後者は自らと現代社会との落とし所。
ってとこか。


脱藩大名ってのは、文字通り大名が脱藩して浪人になることだが
実は結構大勢いたらしい。
徳川300諸侯といわれながら、大政奉還に応じたのは270余侯
だから約30の諸侯がなんらかの理由で大政奉還に応じなかった。
本書では、脱藩大名の林忠崇が、脱藩したあと戊辰戦争で転戦を続け
以降、華族に列せられるまでの波乱万丈な人生を追う。


古文書返却の旅―戦後史学史の一齣 (中公新書)

古文書返却の旅―戦後史学史の一齣 (中公新書)

網野善彦氏といえば、我々のように歴史・考古学をかじった
連中にとっては神のような存在。
その著者による。いわゆる調査の紀行文。


今日はこのへんで!!