白雉日報社公式ブログ

日本第一党東北地方の何でも屋さん。

競馬と保守主義は並び立つのか?

先日、とある競走馬生産牧場からDMが来て

ありがたい励ましのお言葉を頂いた。

全く政治的意図は想定していなかったので、びっくりした。

いやはや、まさか保守思想の持主でいらしたとは。

f:id:kick:20211013021946j:plain

DMをいただいたときは思わず声が出てしまった

競馬というと、いかにも在日か帰化したオーナーが多いと言われている。

有名なところでは、「サクラ」の冠名で有名な「さくらコマース

「ダイワ」の冠名で有名な大和商事の経営者などはよく知られている。

もちろん、僕自身は純粋に馬が好きだから、在日だろうと何だろうと関係なく

見ているんだが、こういう事情もあり

勝手に競馬自体、保守思想の人は少ないのではと思い込んでしまっていた。

それについて声高に主張したわけではないが、浅慮であったと思う。

牧場関係の方々に申し訳ない気持ちだ。

 

実は保守思想と親和性が高い競馬

 

しかしよく考えてみれば、そもそも競馬の成り立ちはわが国の畜産振興が

根底にある。さらには、公営ギャンブルであり、天皇賞では天覧レースが

催されることもあるわけだから、保守思想と親和性は高いのである。

f:id:kick:20121028154805j:plain

2012年天皇賞秋で、天皇皇后両陛下に下馬の最敬礼を行うM・デムーロ騎手

メジロ」の冠名で有名なメジロ商事(メジロ牧場)は、代々天皇賞制覇を

悲願としてきたし、「日本ダービーよりも天皇賞の盾が欲しい」というオーナーも

いるほどで、実際僕が調べた限り、天皇賞の勝利馬で故障や病死などを除いて

廃用、つまり消息不明になった競走馬はいない。

それほどまでに天皇賞の権威というのは、競馬業界においては高いのである。

とはいえ、今やメジロ牧場シンボリ牧場など時代を席巻したオーナーは

次々と姿を消し、代わってクラブ法人が台頭してきた。

時代が変わったとはいうが、ちょうどメジロやシンボリが衰退したころ

僕は競馬を離れていた時期だったので、そのあたりの事情はよく分かっていないが

競馬業界にどんな変化が起き、どんな課題があるのか、ぜひ掘り下げて調べてみたい。

わが国の競馬の在り方、そもそもの目的に立ち返る必要があるのかもしれない。

そうだ、湯治に行こう!(決意)

東北地方民としては、温泉というのは

極めて身近な存在であり、宮城県においては仙台市だけでも秋保温泉作並温泉など

多くの温泉地がある。

かくいう僕も温泉はよく行くのだが、疾病を治そうという

「湯治」についてはなかなか行うことができない。

ガチの湯治というのは一週間ほどが基本らしいのだが

一週間も休んで温泉に行こうもんなら、僕は失業してしまうだろう。

 

「水どう」藤村Dが10日間の湯治に挑戦

 

そこで、ガチの湯治ってどうなんだろうということで

水曜どうでしょう」で有名なディレクター、藤村忠寿氏が

青森県で10日間のガチ湯治に挑戦しており、1日1日の様子を

YouTubeに投稿している。


www.youtube.com

僕はその動画を楽しみにしていて、体調の変化や風呂の入り方

日々の過ごし方を眺めては「すげえ有意義なことしてんな」と

感心している。

仙台市内の温泉郷は、ほとんどが短期滞在の観光客相手なのだが

大崎市鳴子温泉には、湯治向けの旅館もいくつかある。

www.naruko.gr.jp

 

藤村氏のは朝夕の食事が付いているようだが

自炊するパターンもあって、その場合は旅館の中の

台所を利用することができる。その分宿泊料金を抑えることができる。

しかしまあ、せっかくの旅館なのだから、その旅館の料理を食べたいのが人情だが。

f:id:kick:20210814114842j:plain

湯治の宿は歴史が古く、シンプルな作りが多い

鳴子温泉は泉質が本当にいろいろあって、中には設備がすぐ破損するほど

酸性が強い施設もあるのだが、友人と一緒に入りに行ったりして

すぐ効果を実感したものだから

米田選対本部長が「湯治に行きたいんですよねー」とぼやくたびに

「オススメの湯治場あるから行きましょうよ」と誘っている。

ぜひ、米田さんとの湯治の旅は実現したいと密かに画策している。

都会人、このストレスフルな社会に生きる中でたまには湯治に行ってみてはいかが。

宮城県知事選、31日投開票で衆院選とダブル選挙へ

f:id:kick:20211007112224j:plain

宮城県知事選挙の選挙掲示板が設置されている

衆院選の日程が決まり、いよいよ選挙戦が近づいてきたと感じる。

19日公示、31日投開票ということでわが党初の国政選挙。

身が引き締まる思いだ(地方民はあまりできることはないが)。

その一方、わが宮城県では知事選挙も14日告示

31日投開票で、衆院選とダブル選挙ということになる。

本日、宮城県庁で行われた知事選の説明会では

現職の村井嘉浩氏のほか、立候補を表明している長純一氏

そして立候補検討中のもう一人の男性が出席した。

news.yahoo.co.jp

この知事選では、村井知事が5選を狙っており、それに対して

野党系県議らが長純一氏を支援する会を立ち上げるなど

与党対野党という構図になっている。

 

新人・長氏、石巻を固めるか

 

長氏は医師で、元石巻市包括ケアセンター所長という経歴を持つ。

そのため、武漢肺炎対策について真向から論戦を挑むものと見られ

かつ地元の石巻市は、宮城5区を安住淳(立憲)が不動であることから

長氏が抑えるであろうと予測されている。

ただし、それ以外の都市部は現職の村井氏が強いため、長氏はどこまで村井氏に

肉薄することができるかがカギであろう。

一方の村井氏は、県内で圧倒的な人気を誇るものの

長引く武漢肺炎対策による反発や2年前に導入を試みた宿泊税を観光・宿泊業の猛反発により

断念した経緯があり、圧倒的多数の3次産業従事者の支持を失いかねない。

www.sankei.com

しかも長期政権はどこでも疎まれる傾向にあるため

村井氏は必ずしも盤石というわけではない。

村井氏有利ではあるが、長氏にも十分チャンスはあるといえるだろう。

共産党は独自候補擁立を模索していたが、自主投票となった。

何せ共産党は東北比例ブロックで現有の1議席確保、さらに2議席目を狙い

運動を展開している。宮城県知事選に割くゆとりはないということである。

それにしても仙台市長選は現職一強だったために、投票率は30%を切った。

知事選では投票率が30%を切るなどという恥ずかしい内容にならないよう

あの手この手で有権者を投票所に足を運ばせる工夫をしてほしいものである。

岸田内閣発足、わずか2週間で衆院選突入

岸田内閣が本日発足した。第100代の内閣総理大臣となった

岸田文雄首相は、厳しい船出となった。

www3.nhk.or.jp

内閣官房長官 松野博一衆院7期、千葉3区、細田派)

財務大臣   鈴木俊一衆院9期、岩手2区、麻生派

総務大臣   金子恭之(衆院7期、熊本4区、岸田派)

外務大臣   茂木敏充衆院9区、栃木5区、旧竹下派

防衛大臣   岸信夫衆院3期、山口2区、細田派)

法務大臣   古川禎久衆院6期、宮崎3区、無派閥)

経済産業大臣 萩生田光一衆院5期、東京24区、細田派)

文部科学大臣 末松信介(参院3期、兵庫選挙区、細田派)

厚生労働大臣 後藤茂之衆院6期、長野4区、無派閥)

国土交通大臣 斉藤鉄夫(衆院9期、比例中国、公明党

国家公安委員長 二之湯智参院3期、京都選挙区、旧竹下派

農林水産大臣 金子原二郎参院2期、長崎選挙区、岸田派)

環境大臣   山口壮衆院6期、京都12区、二階派

復興、沖縄北方大臣 西銘恒三郎衆院5期、沖縄4区、旧竹下派

こども庁・地方創生担当 野田聖子衆院9期、岐阜1区、無派閥)

経済再生担当 山際大志郎衆院5期、神奈川18区、麻生派

デジタル、行政改革担当 牧島かれん衆院3期、神奈川17区、麻生派

万博担当 若宮健嗣衆院4期、東京5区、旧竹下派

経済安全保障担当 小林鷹之衆院3期、千葉2区、二階派

ワクチン、五輪担当 堀内詔子(衆院3期、山梨2区、岸田派)

 

以上の顔ぶれである。20人のうち13人が初入閣となったほか

小林、牧島、堀内氏の3人が当選3期の若手である。

通常、2~3期はようやく政務官になり、5期あたりから副大臣や大臣の候補に

挙がってくるわけで、特任の国務大臣とはいえ多い部類に入る。

とはいえ、派閥のバランスをとった形となり、何ともインパクトに欠ける

顔ぶれとなった。

もちろん、初入閣を増やすことは選挙対策という面もある。

選挙において閣僚経験者というのは、大きな武器なのである。

「よくわかんねえけど、大臣やったやつなら間違いねえべ」という心理に

働きかけるからだ。それさえいない時はどうなるか…投票に行かないのである。

だから次の選挙では、元〇〇相だの元〇〇政務官だので溢れることになる。

閣僚経験者はもちろん、現職閣僚が敗れることがあれば

岸田内閣はさっそく崩壊することになるからリスクも大きい。

とはいえ、肩書の「安売りセール」は逆効果になりはしないかと懸念もあるが。

 

宮城県選出議員は入閣なし

 

それにしても、宮城県選出の議員の何と奮わないことか。

現状、閣僚を経験した議員は、わずかに小野寺五典氏が防衛大臣

任じられたことがある程度で、現職議員の中では入閣経験のある人はいない。

宮城県連は「党は宮城を勝たせる気がないのか!」と党本部に怒鳴り込んでも

いいくらいだ。

 

なぜ選挙を急ぐのか

 

次の衆院選は岸田首相より10月19日告示、31日投開票と表明された。

野党の準備が揃わないうちに選挙戦に突入しようという心づもりなのかもしれないが

現状、菅内閣の負のイメージを引きずったまま、ダイナミックな公約もない。

あったとしても、周知する暇もないときている。

非常に厳しい闘いを強いられるであろう。大幅な議席減も予想される。

どうしてもグダグダ感が漂う岸田内閣、どのような選挙戦を展開するのか注目したい。

岸田新体制スタート。古き自民党再来か?

10月1日、自由民主党役員人事が正式に発表された。

f:id:kick:20211003032507p:plain

自民党新体制の面々(岸田文雄公式サイトより)

総裁 岸田文雄(9期、広島1区、岸田派)

幹事長 甘利明(12期、神奈川13区、麻生派

総務会長 福田達夫(3期、群馬4区、細田派)

政務調査会長 高市早苗(8期、奈良2区、無派閥)

選挙対策委員長 遠藤利明(8期、山形1区、谷垣派

組織運動本部長 小渕優子(7期、群馬5区、竹下派

国会対策委員長 森山裕(6期、鹿児島4区、石原派)

幹事長代行 野田聖子(9期、岐阜1区、無派閥)

参議院議員会長 関口昌一(4期、埼玉県選挙区、竹下派

参議院幹事長 世耕弘成(5期、和歌山選挙区、細田派) 

参議院政策審議会長 二之湯智(3期、京都選挙区、谷垣派

 

このメンツを見れば、実は自民党人事はさほど変わり映えがしないということが

わかろうというものである。よく言えば調整能力に優れているが

悪く言えば、古き良き自民党おかえりという感じであろうか。

これで選挙を戦おうというのなら、岸田総裁マジか…というレベルである。

問題の閣僚人事であるが、ここは若手を登用する方針のようだ。

news.yahoo.co.jp

 

ここで閣僚人事を詰めたところで

すぐに選挙なのだし、その結果も極めて厳しいことが確実視されている。

例えば、ここででかい政策、それこそ持続化給付金や特別給付金などの

とてもシンプルで分かりやすい経済政策をぶち上げて

多少なりとも支持率を上げてから選挙に臨むのがセオリーであるが

あれほど頑なに拒否していた自民党内部がイエスというかどうか。

また公明党はそのような自民党と歩調を合わせることができるかどうかが

カギとなっている。

もちろん、黙っている野党ではないはず…なのだが

立憲民主党共産党の間で「限定的な閣外協力」が合意に至った。

野党統一候補の選定を行っているものの、合意内容が薄すぎるのでは

ということと、共産党共闘に慎重な声も聞かれることから

野党側にとっても、まだ選挙に向けて準備は万全とはいっていない。

このような時こそ、第三極は好機…! といきたいところであるが

国民民主や維新などの動きはいささか不気味ではある。

選挙直前になると、さまざまな動きが聞こえてきては

スリードを誘ったりする。雑音に惑わされず、自陣営はできることを

愚直にやっていくことが重要だ。選挙というのは突き詰めていけば

やることは一つしかないのである。

 

一見、悪徳に見えて、ただ〇〇を勧めるだけの動画を紹介するブログ

最近、Youtubeで動画を見ているんだけど

NHKの「LIFE」というコント動画に

「一見、悪徳に見えて、ただ〇〇を勧めているだけの男」シリーズがあって

つい笑ってしまった。


www.youtube.com

これはシソンヌのじろうさんがウェイ系の言葉で

何かを勧めてくるというものなのだが、その話し方がまんまマルチっぽいのだ。

僕自身、マルチまがいの商法に誘われることもあり

何ならわざとついていって、その場で消費者センターに掛けてやると

業者が慌てて「示談お願いします」と懇願してきたこともあった(もちろん断った)

ほどの悪徳業者マニアなのだが、その話し方が「あるある」なのである。

「皆やってるよ」とか「全然怪しくない」とか「これって凄くない!?」なんてのは

定番の煽りといって良いだろう。

 

法整備進み「絶滅危惧種」の悪徳業者

 

 

ガチの悪徳業者というのは、とりあえず説明会だとか展示会だとかに勧誘して

これがすごい、あれがすごいと話す。なぜならこうしているからだ!

という話で納得させる。中身が本当かどうかは正直どうでも良い。

でも高いんでしょ…? と躊躇すると、必ずといっていいほど出てくるのが

「コーヒー理論」である。

一日300円のコーヒーを我慢すればいいだけの話と言って買わせるのだが

まあ普通に考えれば毎日300円のコーヒーを飲むわけじゃないし

そもそもコーヒーは我慢したくない。例えに持ってくるには人を選ぶかもしれない。

読者諸氏はご存知かと思うが、今はこういう商法自体「絶滅危惧種」である。

特定商取引法金融商品取引法宅地建物取引業法などの存在が大きい。

しつこく勧誘したり、不要であるという意志を示したら同じ人に

しばらく勧誘してはいけないことになっている。

業者にとっても営業しにくい世の中である。

こういう「一見、悪徳に見えて、〇〇を勧めているだけの男」シリーズは

結構人気で、パロディ動画を作るユーチューバーもいるのも面白い。

dic.nicovideo.jp

しかし悪徳あるところに被害者あり。新たな悪徳商法は常に生まれている。

健全な商取引を守るためにも、かかる悪徳商法根絶に向けた活動を進めなければならない。

福島県本部設立集会で瀬戸顧問「人に好かれる活動を」

f:id:kick:20210925141518j:plain

郡山市で行われた日本第一党福島県本部の設立集会

25日、日本第一党福島県本部の設立集会が郡山市

開催された。折しも武漢ウイルス拡大の影響により

席数を絞り、対策をした上での開催。もっと大勢の人にお集まり

いただければさぞ盛り上がったであろうと考えると勿体ないことだ。

さて、集会においては、まず福島県本部の役員紹介から始まり

来賓紹介の後、日本第一党瀬戸弘幸最高顧問の講演が行われた。

f:id:kick:20210925142942j:plain

自身の運動史を話す瀬戸弘幸最高顧問

瀬戸顧問は、「いつもの話ばかりではないほうが良い」ということで

ご自身が福島で育ち、そして東京で活動するようになった話

つまり自らの半生についてお話しいただいた。

同顧問は、「大成するために人に好かれる活動を行ってほしい。右翼というと

悪いやつだと思われるかもしれないが、『悪いことはやっても

非道なことはやるな』と昔偉い人に言われ、なるほどと思う。

これから知らないところに行き、知らない人とも話すようにしてほしい」

と自らの経験を基に呼びかけた。

また、反日勢力を許さない福島県民有志の会から桑原一真代表も自身の

活動とその転換点となった行動する保守運動について述べ

そこから現在行われている自民党総裁選にも言及

f:id:kick:20210925151557j:plain

日本第一党へ期待を寄せる桑原一真代表

「これまで皆自民党政権に騙されてきた。今度も騙されるだろう。

右翼・民族派は期待を裏切られたらケツを蹴っ飛ばす。

必ず日本第一党には自民党から政権を取ってほしい」と期待を寄せた。

本日出席した大勢の福島県の党員らは、奮起した様子で

さっそく活動について話し合っていた。

僕は宮城県本部長の佐藤さんと出席させていただいたのだが

大先輩方の経験をお聞きできる機会はなかなかなく、とても

興味深く拝聴させていただいた。

行動する保守運動で特に感じるのは、なんだかんだで重要なのは経験則である。

例えば〇〇県警の対応はどうだとか、道路使用許可のタイミングはどうだとか

これは長年培われて習慣化している部分があるので、踏襲していくことは

警備もそうだし我々の活動を円滑にする上で極めて重要である。

ただ、新しい方々にぜひ考えてほしいのは「流儀」である。

長年運動されている諸先輩方、そして僕も中堅レベルにはなっているが

自分なりの運動のやり方「流儀」がある。例えば撮影のやり方だとか

どうやって言葉を選べばいいかなどは自分なりに模索してたどり着いた

スタイルだ。これは必ずしも踏襲する必要はない。

むしろ新しいスタイルがあれば、それをどんどん続けていただくことが大事だ。

折しも武漢ウイルスの影響で、以前のような街宣スタイルや行政交渉スタイルは

恐らくできないであろう。であれば、効果的に多くの人に自分の主張を届ける

ためにはどうするべきか。新しく運動に参加される方は良いお知恵を

持っているのではないだろうか。

僕が東北地区に力を入れ始めて、多くの新しい党員の方とお会いする機会が

とても多くなった。新しい党員の中からどんな「流儀」が出てくるのか、楽しみである。