白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

泡沫候補を無視するのが公平性?

(公社)東京青年会議所伊澤英太理事長)による東京都知事選挙

候補者7人による公開討論会が6月28日に行われた。

出席したのは

山本 太郎
小池 百合子
宇都宮 健児
小野 泰輔
服部 修
立花 孝志
斉藤 健一郎

の7人(敬称略)である。

ところで、東京都知事選挙に立候補したのは22人に上る。

つまり実際に討論会に出席しているのは全候補者の3分の1程度である。

青年会議所は、大規模な選挙があると候補者を招いて討論会を実施するのが

ある意味通例となっている。しかし、今回のこれはどうだろうか。

なぜたった7人しか招いていないのか。同会議所では下記説明している。

 立候補者が多数のため、「国会に議席がある政党の公認又は、推薦、支援を受けている候補者」「都道府県知事経験者」「衆議院議員参議院議員経験者」以上に該当される主要候補者7名が参加予定です。

 確かに、立候補者が何十人もいれば全員が出席することは不可能に近い。

だが、これが公平なやり方なのかといえば断じてNOである。

有力な候補者のみを参加させて露出を増やし、さらに「泡沫候補」と

差をつけているに過ぎない。

 

工夫次第でやりようはあったはず

 

公平なやり方というのは、全ての候補者の主張を分け隔てなく放送することであり

今回のように、多数に上る場合は、討論会を実施すべきではない。

というより、物理的に実施できない、が正しいであろう。

どうしても実施したいのならば、何回かに分けて放送するべきではないか。

裏番組で「もう一つの討論会」というのを実施していたようだが

これは東京青年会議所とは関係がない。

テレビや新聞ならまだしも、公益法人がこのように選挙について差を設けることは

断じて許容できるものではない。

そもそも、政党から公認、支援を受けていたところでまともに選挙活動をせず

当選を目指していないことすら公言している候補者もいるのだ。

その一方、日本第一党公認の桜井誠候補者は、このような討論会では

ほぼ無視されるものの、誰よりも都知事になったらどうするか、という

具体的かつ実効性のあるビジョンを描いている。

どちらが有権者にとって必要な主張をできるか、火を見るより明らかだ。

 

痛快な「泡沫候補」に敗れる「有力候補」の図

 

もちろん、新型コロナウイルスが蔓延するなかでの討論会は大変であろう。

しかし、実施するならば公平性を期すべきである。

東京青年会議所ではSDGs(持続的開発目標)への取り組みも盛んである。

SDGsの前提条件とは「誰も取り残さない」だが、はてさて、どうであろう。

むしろ、日の当たらない泡沫候補に注目するような特集などあれば

株も上がろうというものであるが。どうやら期待できないらしい。

それでも、我々は進み続ける。少しずつであるが、メディアが注目する

ようにもなってきた。泡沫候補の大きな巻き返し。まさに痛快ではないか。

そんな開票結果が出た時

「あなた方の選んだ出席者より上に我々はいます。それでも無視できますか?」

と我々を無視し続けたメディアに問いかけたい。

東京都知事選始まる、日本第一党は桜井誠党首擁立。

6月18日、東京都知事選挙の告示日を迎え

およそ2週間の選挙戦がスタートした。

立候補者は過去最多となる22人。とはいえ、現状は

現職が圧倒的に有利との見方が多数だ。

日本第一党からは、桜井誠党首を擁立。

新型コロナウイルス感染防止の観点から、日本第一党

総務省に対して都知事選の延期を求める要望書を提出し

その後、感染が抑えられない現状を鑑みて、街頭宣伝活動をしない

(ただし抗議街宣という形なら人が集まらないので実施する)

というスタンスのもと、VR街宣と銘打ち

Youtubeなどを活用してネット上での選挙活動に力を入れている。


史上初!VR街宣! [桜井誠] 秋葉原VR街頭演説 (令和2年6月18日)

 

そのような中、現職や野党候補の「いつもの猿芝居」にうんざりする声も聞かれる。

そこで選択肢に上がっているのが、桜井誠候補である。

歯に衣着せぬ物言い、強力なリーダーシップを発揮している桜井誠候補だが

出馬記者会見で記者クラブを解体することを明言し、マスコミに「宣戦布告」。

さらに支那中共政府を「新型コロナの蔓延」の責任を問うべく提訴した。

これらの日本第一党ならではのスピードこそが、注目度の向上に繋がっている。

しかも、頑なともいえるメディアの無視っぷりが、なおさら有権者の興味を

掻き立てているのである。

例えばユーチューバーのKAZUYA氏は、「桜井氏は話の展開の仕方がうまい。

公約を守らない小池都知事をマスコミは持ち上げるのかという点でその通り」

と称賛した。

 

都民の生活を守るあらゆる手段講じる

 

桜井氏は3つの公約を掲げている。

1、2年間の時限公約として都民税、固定資産税の休止

2、外国人生活保護の廃止

3、パチンコ規制

非常にわかりやすい内容となっている。

他にも、国民健康保険の負担減など細かいところを言うと

キリがないが、とにかく3つの事が伝われば良い。

公約が3つである理由として「都民がバカだから」と桜井氏は主張したが

決して都民をバカにしているわけではない。

そもそも選挙公約というのはシンプルであるべきなのだ。

もし都民をバカにしているなら、新型コロナ対策や支那人の入国規制運動を

あれほど早期からやるわけがない。全て都民の安心安全を確保したいがために

時には言葉遣いが乱暴になってしまうということである。

桜井のもとでいろいろと党務に携わっているが、この人の「思い立ったらすぐ実行」

といったやり方は、凄まじい。そういったスピード感は、現職の知事にはない。

 

誰が日本人のための政治家か?

 

この選挙は非常に厳しい戦いとなっている。

それでも、多くの方から支持をいただければ、その後の都議選や国政への道も

自ずと開けよう。人が集まれば、より強化された組織による運動も可能となる。

 

本当にわが国の国益を考えているのは誰なのか、どの党派なのか。

有権者に少しでもこの思いを届けるため、桜井誠候補は走り続ける。

狙われる郷土の偉人。断固死守を

米国を中心に、世界中で偉人の像に対する破壊行為が相次いでいる。

発端は、米国において黒人男性が長時間白人警官に喉を押さえつけられ

死亡したというもので、活動家らが「黒人の命は大切」を

スローガンに、世界各地で抗議デモを展開、中にはデモ隊が暴徒化し

店舗への略奪・破壊行為や、一部地域の占拠行為を行っている。

その光景たるや、まさに無法地帯の如しである。

 

現在の価値観で断罪する愚かさ

 

6月7日、英国ブリストルでは奴隷商人であり、政治家・慈善活動家でもあった

エドワード・コルストンの銅像が引き倒され、川に投げ落とされた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3287079

奴隷商人であったことが理由とされ、それによりアフリカ系活動家により

餌食にされたものと見られている。

さらに英国では、第二次世界大戦の英国首相ウインストン・チャーチル

銅像を撤去するべきという運動も展開している。

人種差別主義者だから、というのがその理由だが

植民地を持つ列強は全て行っていたのであり

殆ど全ての政治家が人種差別主義者になるだろう。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200613/k10012469201000.html

 

一方、米国ミネソタ州では先住民族活動家が、探検家として有名な

クリストファー・コロンブス銅像を引き倒した。

米大陸先住民の虐殺を行ったためという。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93651.php

 

さらに、ガーナではインドの政治家・マハトマ・ガンジー銅像が撤去された。

人種差別的な発言を行ったためと複数のメディアは報じている。

偉大な調停者、独立運動家も活動家の手に掛かれば

大罪人なのである。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/post-11454.php

 

先人なくして今の我々はいない

 

実にバカげたことだ、と鼻で笑うのは簡単だが

由々しき事態であるし、許されるべき行為ではない。

そもそも現在の価値観で、当時の所業を断罪することほど

愚かなことはない。ましてや何世紀も前の話である。

全て完璧な聖人君子というものは歴史上存在しないのだ。

現在の基準で物事を測るならば、預言者イエス・キリスト

ユダヤ人に差別的であったし、ムハンマドも戦争主義者といわれても

致し方ない。

もちろんわが国でも、織田信長豊臣秀吉徳川家康

戦争屋であって、民衆を苦しめた独裁者という誹りを逃れられぬであろう。

 

わが国で中世・近世は、下剋上の時代であり、天下取りのためには多くの人が

戦地に赴いた。兵士の中には金で雇われたり、戦利品が目的であったり

中には徴兵されて嫌々行ったものもいたであろう。

しかし、当時はそれが常識だったのである。例え雑兵であっても

大きな手柄を立てれば武将に取り立てられ、うまくすれば領主に

なれるかもしれない。当時の下級武士は「知行取り」つまり領地を持つことが

夢であった。

 

現在では、当然手柄のために戦に出ようなんて考えは起こり得ない。

つまり、現在の価値観を中近世に当てはめることは、現代人のエゴに過ぎないのだ。

それを理解している我々は、決して郷土の偉人の銅像を壊すことはしない。

仙台藩祖・伊達政宗公も多くの人を殺した。彼の生きた時代では当たり前だからである。

しかし、今の仙台の礎を築いたのは政宗公であり、それを顕彰することに

反対など起ころうはずがない。

エドワード・コルストンも奴隷商人であったが、同時にブリストルのまちを

繁栄に導いた偉人ではなかったのか。

愚かな活動家の言いがかりに負けず、郷土の人々は偉人を守るべきだ。

先人がいなければ、私たちの今もなかった。もし、自分の郷土を

誇りに思っているなら、偉人の名誉を汚されることを恥と思うべきである。

 

女川湾戦没者への慰霊を実現

 昨年、護國神社の模型で大東亜戦争末期に

女川防備隊の存在と戦いを知った記事を書いた。

kick.hatenadiary.jp

 

先日、やっとこさ女川町に行き

慰霊を行うことができた。

女川町は、宮城県東部沿岸、石巻市に三方を囲まれるように存在しており

有名な東北電力女川原子力発電所がある。

女川港は大規模な港というわけではないものの

太平洋に抜ける利便性の高さと、リアス式海岸ならではの

入り組んだ地形から、国内輸送の拠点の一つとして活用され

大戦末期には、敵艦載機の空襲や潜水艦の襲撃が相次いでいたから

昭和18年横須賀鎮守府隷下に、標的艦「大浜」や海防艦「天草」を基幹とする

複数の駆潜艇や掃海艇などからなる「女川防備隊」が設置された。

大浜は巡洋艦と書いているところもあるが

大浜の名前の由来が「大浜崎」からとられていること

(通常、巡洋艦命名は川の名前から)

基準排水量が2670トンであること(通常、軽巡洋艦でも5000トンは下らない)

からも、標的艦または特務艦と表現するべきであろう。

女川防備隊は、小規模ながらも対空・対潜兵装を整えた部隊で

対潜哨戒任務では、敵潜水艦数隻を撃沈し、横須賀鎮守府司令長官から

感状を受けたこともあったという。

しかし昭和20年8月10日、英国艦載機による大規模な空襲を受け

各船とも対空戦により数機を撃墜したものの、女川防備隊はほぼ壊滅した。

死者は飯田寛吉海軍主計少佐をはじめ157人。

f:id:kick:20200504075306j:plain

女川防備隊の慰霊碑。敷地は広くはない

女川湾を望む高台にある女川湾戦没者慰霊塔。

僕がこのタイミングで行ったのは、実はこの慰霊塔

リアスブルーラインという海沿いの大きい道路に面しており

駐車場などはなく、少々歩いたところの公園に車を置いて歩いてくるしか

ないからである。今のタイミングなら、旅行などで通る人も少なかろうと

見込んだのであったが、実際行ってみると復興事業のトラックがひっきりなしに

通行していて、とても危ない。慰霊塔の前に止めるスペースもないから

非常に難儀した。

とはいえ、慰霊塔周辺はちょっとした広場になっていて、いつも慰霊祭が

行われるが、うってつけの場所である。交通アクセスは悪いが。

さて、この「女川湾戦没者慰霊塔」は揮毫が保科善四郎中将で

彼は宮城県出身だったし、戦後は政治家としても成功していたから

揮毫が残っているのであろう。

f:id:kick:20200504074107j:plain

入り組んだ女川湾の地形

慰霊塔から女川湾を望むと、非常に恵まれた地形であることがわかる。

右奥が女川町の市街地で、左側は太平洋に抜ける水道となっている。

幅は広く、ある程度の大きさの艦船でも停泊は可能である。

周囲は険しい山に囲まれており、ここに複数の高射砲陣地を置けば

天然の要害と化したであろう。

この慰霊塔には線香を置く台もあって、ちょうど線香を持ってきていたので

煙に乗せて、ご冥福をお祈りした。

f:id:kick:20200504080932j:plain

鷲神公園にも慰霊塔がある

ここは鷲神公園といって、先ほどの慰霊塔の向かい側に当たる。

とても広く整備されていて、20~30台は止められる駐車場もある。

写真のように、ここにも慰霊塔があるが、こちらは女川町出身の将兵およそ500人

の御霊を供養せんがため。

日清、日露、支那事変、大東亜戦争全ての御霊をお祀りしているため

それほど多くの人数になったのであろう。

f:id:kick:20200504083256j:plain

戦争が終われば敵味方関係なく供養の心は一緒である

こちらは8月10日空襲に参加したグレー大尉の供養碑である。

もともとは高台の公園にあったが、東日本大震災により公園が使用不能になったため

女川町地域医療センターの敷地内にある。

グレー大尉は、カナダ人ではあるがカナダは英連邦であるので

英国軍として出撃した。そこで我が軍の対空機銃を受け

あえなく乗機が撃墜され、戦死した。

グレー大尉は今次大戦における最後のカナダ人戦死者であり、本国から

死後叙勲もされている。

女川町だけでも、3か所の慰霊の場があった。これは事前に調べていったのだが

いろいろな抗議活動や街宣活動も良いが、まずは地元の戦史を知り

慰霊の心を持って方々の戦跡を見て回ってはどうだろうか。

そうしていけば、英霊の御霊への尊崇の念は強まり

郷土の歴史を知ることができる。

愛郷心愛国心につながる。その上で、戦跡を回るのはとても有意義なはずだ。

グーグルストリートビューなどでも見ることはできる。

しかし、実際に現地に行くことで感じる雰囲気、風、寒暖など

リアルな体験こそが大事である。

ぜひ今後も、戦跡を巡ってはそこで亡くなった方々へ手を合わせたい。

戦没者のお墓は決まりがあった!?

ゴールデンウイークも、本日で最終日を迎えた。

読者諸氏おかれては、この大型連休も自宅にこもりがちで

あまり行動的になった方は少ないのではないだろうか。

幸いにも散歩自体はよろしい、というわけで

僕は近くの史跡などを改めて見て回り、菩提寺も近いものだから

墓参りも兼ねて周辺のお墓の状況も見て回った。

この機会にゆっくりと境内を見ていても、新しい発見はたくさんあった。

例えば墓石の形状についてだが、戦没者の墓石は先が尖った形状をしている。

f:id:kick:20200507025821j:plain

戦没者の墓石には規則があったようだ

これはきちんと規則があり、1874(明治7)年に明治政府が

「陸軍埋葬地ニ葬ルノ法則」を制定し、それから戦没者の場合は

歴代の墓に含まず、個別に葬る形式となっている。

なぜ先が尖っているのかは定かではないが、神道の墓石と形状が一致するので

神道の要素を取り入れたものとみられる。

 

他所のお墓には敬意を

 

戦前・戦時中は戦没者は全て英霊とされ、靖国神社に合祀されたため

仏教式の埋葬方法である「〇〇家歴代」の墓とは区別されたのではないか。

恥ずかしながら、この決まりを全く知らなかったため

「戦死された方には特別に墓石を建てるのだろうか」くらいの認識でしか

なかった、大変勉強になった。

もちろん、人様のお墓の敷地に無断で入るのはご法度である。

遠くから眺める場合でも、崇敬の念を持ってほしい。

家にいながらタイムスリップ!古地図の魅力とは

先日、寛文4(1664)年の仙台城下絵図を買った。

僕は地図マニアなので、世界中の地図を眺めるのが好きだが

ある時、江戸城下絵図を見ていたところ

「そういや、仙台城下の絵図持ってなくね?」ってことに気づいたのだ。

 

仙台藩ならではの「地方知行制」とは

 

各藩では、地図を作成することが義務ですらあった。

これを幕府に提出して、城の場所や形状、城下のまちなみを解説することが求められていたためだ。

仙台城下には、仙台藩62万石を構成する家臣団の屋敷が密集していたが

特に仙台城に近い大町、譜代町、春日町あたりは上級藩士の屋敷があった。

通常、近世に入ってから大体の藩では藩から藩士に対して支払う棒給は

藩の蔵から支給されており、これを「蔵米知行」といった。

磯田道史氏が計算しているように、当然全ての米を持ち帰るわけではなく

支給される段階で多くを換金し、家で使用する分だけを持ち帰っていたそうである。

そんななか、仙台藩では「地方知行制(じかたちぎょうせい)」といって

知行の分の地域の統治を一任する方式をとった。

例えば、片倉家は白石1万7000石を領したが

政治はもちろん、司法、行政全てを片倉家が決めていたのである。

そのため、各地の領主はそれぞれの治水開発に努めた。

62万石だった仙台藩は、明治維新までには実高100万石を越えていたと見られている。

一方、知行地から定期的に仙台に参勤する必要があり、言ってみれば江戸幕府のミニバージョンが

あったと考えれば良い。

 

どう見ても「城」なのに許された「要害」の存在

 

一国一城令」が布告された中で白石の場合

城が特例として認められていたというのは知られているが

厳密には、多くの「城」が仙台藩にはあった。

しかし、仙台藩はこれを幕府には「要害」として届け出た。

下写真の涌谷城跡は、「涌谷要害」として届け出ている。

(もちろん天守は模擬天守であり、史実ではない)

大規模な防御施設は城というべきところ「要害」と言い張っているのだから

さすがとしか言いようがない。

f:id:kick:20200423025617j:plain

涌谷要害として届けられた涌谷城跡(涌谷町HPより)。

これら特例措置を認められていたことから、仙台藩はやはり特別な存在であった。

だが「地方知行制」は、権力の分散を許すというデメリットも生み出した。

その弊害が最高潮になったのが「寛文事件」である。

小説「樅の木は残った」などで知られるこのお家騒動は

登米(2万石)の伊達式部涌谷(2万石)の伊達安芸とで対立が広がり

伊達家家中を二分する騒動に発展したものである。

家臣団が権力を持ちすぎるがゆえに発生した事件といえよう。

戊辰戦争後、仙台藩は62万石から28万石に減らされ、大身の家臣は

帰農するか北海道への開拓を余儀なくされた。

そのため、仙台市が人口、商業、行政の中心地となり一極集中が進んだ。

このように、地図は時代ごとに都市計画を見ることができるだけではなく

その時代背景も見ることができる。時代の変遷をたどっていくと

なおさらおもしろい発見があるのも、地図の醍醐味である。

やはり地元の歴史を考える上で地図はおもしろい。

アプリで配信しているものもあるため、手軽さも増した。

新型コロナで自宅にいることが多いこのご時世

地図を片手に古い仙台に思いを馳せてみてはどうだろうか。

 

 

令和に蘇った「アマビエ様」とは?

やはり日本人であるなぁ――。

そう思う現象が全国各地で発生した。

即ち、「アマビエ様」祭り(アマビエチャレンジ)である。

f:id:kick:20200323035601j:plain

弘化3(1846)年、肥後で出現したという「アマビエ様」を伝える瓦版

アマビエ様とは、江戸時代に肥後(熊本県)で目撃された妖怪である。

脚が三本あり、髪の毛が異様に長く、体は鱗状、口は尖っているのが特徴。

ある日、海上が光っているのを役人が見つけ、検分したところ

海中からアマビエ様が姿を現した。驚く役人に対し

アマビエ様は「これより6年は豊作を与えよう。疫病も起こるであろうから

その際は我の姿の絵を多くの者に見せよ」と言ったという。

それが、令和の現代にあって、急に流行し出した。

即ち、新型コロナウイルスが蔓延している中で、アマビエ様の力を借り

近年まれに見るこの疫病を鎮めようというものだ。

中には絵を描くだけでは飽き足らず、ぬいぐるみなどのグッズ展開にも

乗り出した個人・企業があるほどだ。

 

権力者から庶民まで、神や妖怪を祀った

 

わが国においては、古代より疫病というのは妖怪や悪霊の仕業と考えた。

「悪風」「悪疾」などといい、医者の手当のほかに祈祷も行われた。

例えば「栄華物語」によると、御堂関白・藤原道長が寛仁3年

重病になった。54歳という歳ということもあり

「私は最後のようだ」と諦め、周囲は酷く同様した。

さまざまな祈祷を試した上、道長が剃髪して仏門に入ると

彼の体調は快方に向かい、妖怪たちは酷く残念がったという。

また、源平合戦の際、平家の有力な家臣であった斎藤別当実盛は

木曾義仲との戦いの際、馬が稲に足を取られて落馬し、そのために討たれた。

実盛は「口惜しや、これもまた運か」と不運を嘆き

死後には害虫「ウンカ」となって自分の邪魔をした稲を食べて農民を

困らせる「悪霊」になったという。そこで、近隣の村々特に西日本では

「サネモリさま」というかかしを立て、村々を練り歩き、悪さをする

妖怪たちを引き連れ、それらを村境まで連れていくのだという。

f:id:kick:20200323040152j:plain

稲で作ったサネモリ様を稲で作った馬に乗せる(道の駅北浦街道HPより)

これを「サネモリ送り」という。柳田国男は「サネ」には「実る」という

字が含まれており、それを「守る(盛)」神に転じさせたという説を唱えた。

このように地域ごとに「妖怪(神霊)」を祀り、天災や疫病から

守ってもらおうという方法はいくらでもある。

 

宮城県にも伝わる「蛇除け」信仰

 

我が宮城県内でも、例えば県北の栗原市においては

山に入る時には「山吹善平さんのお通りだ」と三度唱えれば

蛇除けになると伝わっている。これは昔、山吹善平という人が毒蛇を

飼っていたが、その毒蛇が誤って善平にかみついてしまい、謝罪して

治療したのだという。同じような話が七ヶ浜町花淵浜にも伝わっている。

この地域に住んでいた花淵善平がある日

人骨に引っかかって取れなくなっていた大蛇を助けた際

お礼に蝮除けのお札をもらったのだという。

昔から、われわれは自然現象や動物などを妖怪や神の使いとして

手厚くお祀りし、ご利益を得てきた。

新型コロナウイルスがわが国のやり方で鎮まるかどうかはわからない。

しかし、人々の拠り所としてこれらのお祀りが掘り起こされ

わが国の文化に再び脚光が当てられる。

日本人らしいやり方だとつくづく思う。

アマビエ様も、突然の「出番」にびっくりしているのかもしれない。