白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

スマート農業が日本の食を支える?

最近、「天穂のサクナヒメ」をやりこんでいて

何年も稲作をしていると、本当に米農家への

感謝の気持ちが沸いてくる。

f:id:kick:20201129042939j:plain

ゲームでは稲架(はさ)掛けまで行う必要がある

それと同時に、数年前に米農家の方にお話を伺った時のことを

思い出した。その時は、転作についての話だったのだが

「なぜ転作を?」と聞いたところ

「転作をすると、補助金を貰えるんです。米だけでは

 食べていけないので」

と話されていた。なぜなら、米をいくら作っても

価格が低いため、それで生活をするのは不可能なのである。

f:id:kick:20201129043119j:plain

現実はいくら刈り取っても価格が低い…

例えば、「令和2年度産米の相対取引価格・数量」によると

宮城県の「ひとめぼれ」の価格は、玄米1トンあたり1万4902円だ。

つまり1キログラムあたりわずか14.9円になってしまう。

これは以前、農家の方に聞いた取引価格と合致する。

しかし、店頭に並ぶのは5キログラムで2000円ほどである。

このあたりは各工程でコストが掛かるためだ。

玄米を精米して、それをパッケージングして

農協に収められ、それを各個店に出荷する。

農家は農協から出荷の支払いがあるが

補助金も支給される。

 

補助金頼りの農家

 

同時に、国や県、市町村の補助金でもってどうにかなっている。

例えば、米を作った後に「転作」する場合、麦では

10アールで3万5000円になる。10アールはおよそ田んぼ一枚をいう。

全国平均では一戸あたり2.32ヘクタール=232アール。

40万円以上の補助金が支給されている。典型的な農家は

補助金がなくては生活できないのが現状だ。

そこで、農協に卸さずに自分で加工、商品化し販売する

農業の六次化や、何軒かの農家が集まって大規模化する農業生産法人

立ち上げによって、利益を増加させる試みが増えている。

最近ではITやAIを活用した「スマート農業」で収量と品質を上げる

事例も増えているようだ。

「天穂のサクナヒメ」プレイヤーであれば、スマート農業が

いかに便利かがわかるであろう。

「あの稲作がいいんだよ!」というこだわりもお持ちかも。

新規就農促進はわが国の国策であるが

本当に新規就農者を増やしたいのであれば

収入の面である程度のビジネスモデルがなければ厳しいだろう。

 

 

 

歴史は繰り返す…中世から現代へ

ツイッターだったか何かのまとめサイトだったか

忘れたが、非常に鋭い分析があった。

 

新しく天皇陛下が即位され、上皇陛下がおわし

疫病が蔓延し(新型コロナウイルス

鬼退治が行われている(鬼滅の刃

稲作が流行する(天穂のサクナヒメ)

蘇がブームになる(クックパッドで蘇が人気)

これが令和の出来事

 

歴史は繰り返す、ということだろうか。

復古主義的な見方、つまり歴史の再評価が行われている。

例えば、これまで逆賊と見られていた明智光秀の再評価が

行われており、大河ドラマ麒麟がくる」が放送中である。

伝統文化が最先端技術で発信されるというのは

現代ならではだが、それにしても歴史の再評価というのは

非常に良いことだ。次は何が来るのだろうか。楽しみだったりする。

JR東日本の冊子トランヴェールが「更級日記」を取り上げていて

次は平安文学かな?とか思ったりする。

 

 

何はともあれ、稲作に精を出す僕であった。

もう何回目かの収穫を迎えると、収量もかなり増える。

今度は質の向上を目指そう。

f:id:kick:20201126015050j:plain

黄金色の稲穂が綺麗。癒される…。

 

宮城県議会でクラスター、リモート会議導入は可能か?

よもや、よもやだ…そんな驚きの言葉が出てしまう出来事が発生した。

新型コロナが宮城県で増加傾向にある中

意外なところでクラスターが発生した。

そう、宮城県議会である。

f:id:kick:20201124021554j:plain

宮城県議会は広くて天井も高い。本会議ではリモートは厳しいか(宮城県議会HPより)

23日、10人の自民党・県民会議の県議のほか

会派スタッフと議会事務職員の2人が感染した。

同会派では、21日に県議一人が新型コロナウイルスに感染し

立て続けに感染者が続出。実に所属議員の4分の1が感染したことになる。

いずれも重篤な状況ではなく、他の会派から感染者は出ていない。

 

実は結構リスキーな会派控室

 

自民党だけなぜこれほど広がっているのだろうか。

自民党の県議は大所帯であることは大きい要因の一つだが

議会の中には会派の控室というのがあって

控室とついてはいるが、普通の会社のオフィスと変わらない。

議会関係で使用するのはもちろん、事務所が遠い議員の場合は

人と会うのに控室を使うことが多いのである。

従って、応接スペースは広く取ってあるのだが

議員個別のスペースは広いわけではない。

そこでバタバタと出たり入ったりを繰り返しているから

いくらマスクをしていても、触ったモノの消毒や

マイクロ飛沫対策などをできているとはちょっと思えない。

会派のスタッフというのは議会の職員で

それぞれの控室に詰めている人のことだ。

事務作業はもちろんのこと、来客接遇も行ってくれる。

従って、感染リスクが高いのである。

(なお、地元紙が会派スタッフについて「お茶汲みだ」と批判したところ

大層反感を買ったことは記憶に新しい)

奇しくも25日からは、11月議会定例会が行われる。

24日の議会運営委員会でどうするか決定するという。

延期になるか、それともリモートになるかであろう。

(発症している議員は欠席になるだろうが)

実際、これは前例がないことではない。

仙台市議会では、コロナ禍の議会期間中

分散しての出席していたのである。

これは非常に手間が掛かる。質問や討論だけならまだいい。

実際、出席できなかった議員は中継を見て事足りたそうである。

ただ採決する場合も時差にすると、例えば半分は前半、もう半分は後半という

形になる。

f:id:kick:20200727173855j:plain

7月に行われた知事会のリモート会議(全国知事会HPより)

しかし、国が進めるICTやペーパーレスなどの流れは

宮城県でも推進する方針を打ち出していることから

この際、リモート会議を導入する良い機会ではないか。

本会議はともかくとして、委員会であれば

全国知事会の会議の要領で可能ではないかと思うのだが。

 

稲作してる?「天穂のサクナヒメ」が人気に

「天穂のサクナヒメ」という作品をご存知だろうか。

これは、シミュレーションであり、RPGでもあるゲームなのだが

大きい人気を博している。

あらすじはというと。

武神と豊穣神の子であるサクナヒメ(CV大空直美)は、神界で食っちゃ寝の

自堕落な生活を送っていた。

そこへ、人間たちが迷い込み、サクナヒメが成敗しようとしたところ

誤って奉納品の倉を爆破してしまう。

罰として、サクナヒメはその人間たちとともに鬼が支配する

ヒノエ島に追放となる。

f:id:kick:20201122005934p:plain

サクナヒメはあえなく神界を追放されてしまう

そこで鬼と戦いながら米を育成し、狩りをして生活をしていく。

もちろん今までなまけた生活を送ってきたサクナヒメ。

わがままで怠け癖を全開にするのだが、非力な人間が鬼たちと戦えるわけもなく

しかも米の育成もできないときている。

そこで仕方なく、サクナヒメ自ら生き残るために鬼と戦い

自分への奉納のための米も自分で作る。

 

農水省の公式サイトが攻略サイト

 

同作のスローガンである「米は力だ」の通り

米を収穫すると、その出来具合でサクナヒメも成長していく。

だから、品質の良い米を多く収穫する必要があるのだ。

f:id:kick:20201122010204p:plain

雑草や害虫、天候で左右される生育。グラフィックも綺麗だ。

他のキャラは戦うことこそできないが、米作りのアドバイス

鍛冶、保存食づくりなどでサクナヒメのサポートを行う。

米作りは、実際の生育を元に近いものと評判で

攻略サイト農林水産省の公式サイト」と話題になっているのだ。

わが国での米の自給率は100%。まさに米は国家の礎である。

その米づくりにスポットを当てたゲーム。とても良い発想だし

DASH村を彷彿とさせる設定で、毎回の成長が楽しみである。

 

戦闘もスタイリッシュ!「デビル米クライ」の声も

 

もう一つは、バトル要素だ。鍬や鎌などを装備し、羽衣を伸ばして

飛んだり跳ねたりして戦うのだが、これがまたスタイリッシュで

「デビル米クライ」と言われるほどだ。

ファミ通」によると、Switch版の売り上げは3万2906本

PS4版は2万2955本(9日~15日集計)と上々の滑り出し。

さらに、steamでも販売しているから、実際はもっと多い。

僕もPCでやりたいからsteamで買ったクチだ。

友人たちの中でもプレイし始めた連中もいて

「稲作始めた?」があいさつとなっていてシュール。

とにかく面白いし、米作りの勉強になる。

(専門用語の意味を調べたりもしている)

農水省は今のところ、同作品へのアクションはしていないが

同省は「放課後ていぼう日誌」とコラボしたことがあり

今後の動きにも期待したい。


Nintendo Switch&PS4『天穂のサクナヒメ』ローンチトレーラー

 

生活再建と同時に「心の再建」も並行せよ

知り合いと電話で長話をしていて、帰社時間をオーバーしてしまうほどだった。

その知り合いは外資系の保険会社に勤めているのだが

新型コロナの影響もあって、5月頃からテレワークを余儀なくされている。

オフィスに出社はできないし、顧客のもとへ行くにも会社の許可がいる。

6月くらいに、一度会って知り合いの保険をお付き合いさせて

いただいたのだが、タブレット端末を持っていて、そこで保険商品の

説明やら掛け金の試算やらができて、感心していたし

「テレワークなんて、進んでますね。うらやましいな」

と未だ出社している僕は素直にそう言ったのだが

意外なことに、ちょっと余裕がなさそうに

「最初はいいんですけど、大変ですよ。曜日感覚はなくなるし

 一日中家にいますから、給料貰っていいのかと思うくらい」

と話していた。

その時はそんなもんかな、と思っていたんだが

僕もその後、何回かテレワークないし自宅療養を余儀なくされた時

最初は「静かだから集中できて良いな」と快適だったんだが

だんだんと「これ仕事してるって言えるのか」と思うようになった。

だからテレワークやるにしても、週に一回は出社するとか

ある程度社員同士で顔を合わせる機会を設けるのが必要だ。

僕の場合、2~3日だからまだいいが、その知り合いは何カ月も

そうしているわけで、本当に大変そうだ。

「元気にしてるかな」と思って電話したところ

「話し始めたら何時間にもなっちゃうw」と喜んでいた。

自宅にいると誰とも話す機会がないから

メンタルがやられるというのはあり得る話だ。

いわゆる「コロナ鬱」だが、8月に厚生労働省が1万人規模の実態調査を行った。

まだ結果は出ていないようだが、非常に意義のある調査である。

this.kiji.is

 

生活を支えるうえで、経済を回し

できるだけ日常に戻そうという取り組みは非常に大事だ。

セーフティーネット貸付なんて給付型にしても良いと思うくらいだ。

とはいえ、メンタル面をやられては仕事も何もできたもんじゃない。

東日本大震災の発生から10年を迎えつつあるが「心の復興はまだ」と聞かれる。

かくいう僕も、津波の映像を見ると心がザワザワする。

どこかにトラウマがあるんだろう。

思えば、震災の時は心の面はどこか置き去りにされた部分があった。

このコロナ禍は先行きが見えず、不確かな情報が行き交って

人々を不安にさせることばかり氾濫している。

生活再建と同時並行して、「心の再建」にも取り組むことが重要だ。

宮城県南の要衝を守る村田城跡とは

先日、県南から帰る時に、村田町にある村田城跡に行ってきた。

何度もこの近くを通ってはいるが、実は直接行くのは

初めてだったりする。

この村田町は、仙台と県南を結ぶ交通の要衝にて

商業の盛んな地域である。現在でも古くからの

まちなみが残っており、「蔵の町」として知られている。

もともとこの村田町周辺は、村田氏の所領であった。

藤原秀郷の7世孫、藤原頼行の三男である小山宗行を祖としている。

従って、戦国大名の結城氏一族であるが、小山政朝が戦死すると

長男の業朝は奥州に下向し、その子孫である近重の時に伊達氏に服属した。

その後を継いだ村田宗殖は伊達稙宗の九男であり、一時は3万石を領する勢力を誇ったが

天正19年(1591)桃生郡38貫文に大幅減禄となった。

村田はその後、藩直轄領や奥山氏らの支配を受け

同じく重臣である芝多氏が2000石で入部し、幕末まで続いた。

 

遺構は状態が良い

 

この村田城跡は、現在城山公園といって整備されており

「道の駅村田」に隣接している。

典型的な平山城で、堀切や堅掘、土塁などの保存状態は極めて良好である。

それぞれの郭は広く、特に本丸跡はイベントステージがあるくらいだ。

f:id:kick:20201118035558j:plain

本丸は東西約130m、南北80mの広さ

ここの発掘調査報告書を見ていないのだが

説明文によると、ここからは掘立式建物跡が検出されたとのこと。

例えば遺物として調度品や生活用品が発掘されれば

普段からここを生活の場として使用していた証左となる。

逆に何も出土しない時、普段は麓などで政務を行い

いざというときに使用した可能性が高まる。

さて、城跡に必ずと言っていいほどあるのが神社である。

今回もお参りをさせていただいた。

f:id:kick:20201118035815j:plain

八幡神社。城跡には必ずといっていいほど八幡神社が建立されている

ボロボロであるが、乾八幡神社

城跡はそもそもが武家によるものであるから

戦いの神である八幡神社が建立される。

建物自体はものすごく古い。誰が管理しているんだろうか。

 

その後、この地域を領した藩士を知りたいと思い

村田町図書館に行ったが、いかんせん何冊もあったため

必要な部分だけ複写させてほしいと申し込んだところ

「うちでは複写をやっていません」という。

その場でノートにでも書けっていうんだろうか。

仙台市の図書館では、申込書さえ記入すれば可能なのだが…。

どうもこれは、生涯学習の理念に反しているように思った。

地方における教育行政の課題といえるだろう。

 

 

衰退する白石市、駅前整備はどうなっているのか?

昨日から、宮城県南部の白石市に行ってきた。

白石市は人口3万3185人(10月末)で

JR白石駅のほか、新幹線の白石蔵王駅もあり

東北自動車道白石ICが設置されていることもあって

交通の便が非常に良いのが強みの一つ。

f:id:kick:20010725090538j:plain

片倉氏の居城、奥羽越列藩同盟の拠点の白石城白石市HPより)

歴史的に見ても、仙台藩の中で片倉氏が1万7000石を領し

一国一城令の中で、特例として白石城だけが存続を許された。

戊辰戦争にあっては、奥羽越列藩同盟公議所が置かれた

宮城県南における拠点の一つである。

しかしながら、同市では深刻な衰退傾向にある。

例えば人口は2010年10月末で3万7861人で、この10年で4500人もの

人口が減少している。高齢化率も35%を超えており、持続可能な都市運営に

黄色信号が灯っている。

 

駅前にビジホ一軒?

 

僕が実際、ここに一日滞在して駅前を見てみたのだが

まず白石駅前の衰退ぶりは危機的である。

白石市都市計画マスタープラン」によると

白石駅前整備について

 ・身近な通勤通学、買物等の生活や広域交流を促進する公共交通の機関となる拠点として位置づけます。
・鉄道とバス、タクシー等の交通結節機能の強化を図るため、必要に応じて駅前広場や関連する各種交通施設の整備・改善を図ります。
・利便性の向上、東西ネットワークの確保、ユニバーサルデザインの配慮のため、白石駅東西自由通路の整備を推進します。
・公共交通の利用促進を図るため、必要に応じてパーク&ライド駐車場、サイクル&ライド駐輪場の利用を推進し、環境負荷低減に努めます。

と方針を示している。

確かに、東西自由通路やタクシーの交通結節については便利といえる。

しかし、この計画の場合、駅前の商店街や店舗への回遊性は

高まるわけではない。つまり駅前周辺は衰退し、国道4号周辺の郊外店に

集客することになる。

f:id:kick:20201116021040j:plain

駅前で駐車場だらけ。もはや停め放題である

だが少子高齢化が進み、自動車ができない人が増えてくると

郊外ではなく、駅前から市役所に至るまでの商店街の活性化が必要なのだ。

しかも、非常に厄介なことに、白石駅前にビジネスホテルは

たった1軒しかない。その割に駐車場はやたら多い。

本来、そのまちの顔である駅前にビジネスホテルが1軒というのは

どういうことなのだろうか。

10月25日に行われた白石市長選で当選した山田裕一市長は

東北自動車道白石スマートICや工業団地の造成などを公約に掲げているが

駅前整備は触れていない。

つまり白石市としては白石駅周辺活性化について明確なビジョンを持っていないのだ。

観光に力を入れているはずのまちが、それで良いのだろうか。

まず当局におかれては、駅前の整備、再開発について調査を行っていただきたい。