白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

ユニークな出雲大社、神々の住まう地域

実はこの数日、島根県に行ってきた。

まあ仕事関係といえばそうなんだけども

フジドリームエアラインズFDA)が仙台ー出雲便の就航を

開始したので、非常に行き来しやすくなった。

最も楽しみにしていたスポットの一つが、出雲大社である。

神社の関係者では「神宮」といえば伊勢神宮を指し

「大社」といえば出雲大社を指すのである。

出雲大社は、神話ではもちろん、わが国の歴史においても

極めて重要な場所である。

f:id:kick:20200925134257j:plain

出雲空港ではさっそく縁結びが押し出されている

古事記』によると、もともと出雲地方は大国主神の治める土地であって

天照大神はなかなか平定しきれないでいた。

そこで、武御雷神(タケミカヅチ)を遣わしたところ、武御雷神は

十掬剣(とつかのつるぎ)を抜いてその剣の切っ先に胡坐をかいて

国譲りを迫った。

大国主神は、息子たちに判断を求めたが、そのうちの一柱・建御名方神

大岩を手に現れ、武御雷神に「力比べ」を提案した。

御雷神は、自身の右手を氷柱に変え、しかも剣としたので

建御名方神は恐れおののき、信濃国の諏訪まで逃げてしまう。

御雷神は彼を追い詰めるが、命乞いを受け入れて社を建てた。

それが「諏訪大社」である。

大国主神も国譲りを了承し、その条件として

「私の住まいを天津国の御子が政治を行われる宮殿のごとく宮柱を高く建て

高天原に届くほど千木を高くそびえて立派に造ってくださるならば

私は片隅の国に身を隠しましょう」と述べて中国平定は成ったのである。

 

八岐大蛇退治で結ばれる二柱の神

 

その後、素戔嗚尊出雲国に降り立ったのだが、老夫婦が泣いているのを見かける。

どうしたのかを聞くと、彼らの娘の櫛稲田姫が八岐大蛇の生贄にされるのだという。

そこで素戔嗚尊が「それならば、八岐大蛇を退治するので、娘をくれないか」といい

老夫婦は喜んで承諾した。

八岐大蛇は巨大な大蛇で、八つの頭と尾を持ち、その大きさは背中に松や柏が

生えているほどである。そこで素戔嗚尊は一計を案じ

何度も醸した酒樽8つと、桟敷8席を設けた。

果たして八岐大蛇は姿を現し、酒樽を見つけるやそれぞれ頭を入れて飲み始めた。

酔っぱらって眠ったところに、素戔嗚尊が斬りつけた。だがさすがに刃が欠けてしまい

尾を斬ったところ、そこから剣が姿を現した。それが「天叢雲剣草薙剣)」である。

八岐大蛇を倒した素戔嗚尊は、約定通り櫛稲田姫と結婚することになり

その場所が出雲だったということである。

f:id:kick:20200925142906j:plain

有名な大きい注連縄がある。ただしここは社殿ではなく神楽殿である

こういう経緯があったことから、出雲大社は縁結びの神様として知られるようになり

出雲空港も「出雲縁結び空港」という通称で呼ばれている。

社殿の造りは非常に珍しく、高床式で、入母屋造りの社殿となっている。

参拝の作法も、二礼、二拍手、一礼ではなく、二礼、四拍手、一礼と独特だ。

また、柱穴の大きさや残された木柱の大きさを考えると

その本殿は、24~48メートルにまで届く高さだったと伝わっており大変巨大である。

現在の本殿は江戸時代中期に建てられたものである。

f:id:kick:20200925153429j:plain

隣接する古代歴史博物館には、創建時のものを再現した模型が飾られている

 

大社を代々守り続けているのは、出雲国造家の千家であり、国造制自体は

律令制の開始とともに衰退したのだが、出雲に限っては

国造家の特別な地位が約束された。

現在の国造家の千家国麿氏は、2014年高円宮典子女王と結婚されている。

わが国で最多の銅剣が出土した荒神谷遺跡(斐川町)や、同じく最多となる39個の

銅鐸が出土した加茂岩倉遺跡(雲南市)の存在も非常に特殊で

出雲地方がいかに独自性のある、力を持った豪族が治めていたかが

わかる資料であり、国宝に指定されている。

ちなみに前述の「国譲り」「八岐大蛇退治」などは神社検定の公式テキストでも

わかりやすく書かれており、軽く勉強したい方にオススメである。

崩壊する地方百貨店、読めないイオンの動き

昨今の中心部商店街離れ、そしてこの新型コロナ禍により

全国の百貨店が苦戦を余儀なくされている。

日本百貨店協会によると2020年1月の全国の百貨店売上額は

4703億円となった。これは前年同期比の3.1%のマイナスである。

2月に入ると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛ムードで

ただでさえ厳しい業況は悪化。

同協会によると、同年8月時点での売り上げは3231億円と大幅に下落した。

奈落へ真っ逆さまといっても過言ではないくらいである。

 

崖っぷちの地方百貨店

 

この要因は、既に百貨店というビジネスモデルが崩壊していることに尽きる。

「地域一番店」は昔でこそ通用したものの、今となっては気にする人はいる

だろうか。日本百貨店協会は、概況の中で「EC通販は高伸しており、

ネットでの取り扱い商品も徐々に拡がりが見られる」としているが

今更何をかいわんや、と指摘せざるを得ない。

既にECサイトでの競争はアマゾン、楽天などの台頭により隙間などありはしない。

三越のように、高所得若年層向けのビジネス用品、生活用品を展開するのは

良い方法だと思ったが、いかんせんシェアが低いのが難点であろう。

今後、百貨店そのものの在り方が問われ続け、ダイナミックな変化に取り掛からなければ

地方の百貨店は一たまりもあるまい。

 

次々と力尽きる東北の百貨店

 

東北地方においては、既に山形市唯一の百貨店・大沼が自己破産を申請し

現在、閉店感謝セールを行っている。

f:id:kick:20200925014923j:plain

閉店セールには参加できないテナントもいたのだが。

50~80%程度の値引きということもあり、なかなか商品は少なくなっていたが

新型コロナ禍により、債権者説明会が未だ行われておらず

跡地活用についても、水面下で関係者の鍔迫り合いが行われているもようだ。

通常、百貨店というのは商圏人口が60万人は必要といわれている。

遺憾ながら山形はそれほどの吸引人口を有さなかったし

交通の便が悪かった。

仙台市では、地元百貨店の藤崎と、三越伊勢丹グループの仙台三越

何とか踏みとどまっている状況。

 

不可思議なイオングループの動き

 

しかしそこで、不気味な存在感を見せているのがイオンである。

既にイオンは藤崎のすぐそばにある旧ダイエーを取得して、イオン仙台店

として営業してるほか、東北大学農学部跡地をイオンモール

取得してから、実に数年が経つ。店舗展開については決定しているようだが

工事は全く進んでいない。周囲のマンション建設だけが目立つ。

さらに、仙台市南部の新都心・あすと長町でもイオン出店の計画があるが

これまた動いている様子はない。

唯一動きとしてあるのは、仙台市に隣接する利府町イオンモール利府の2号棟だ。

イオンモール利府の道路を挟んで向かい側に現在建設中で

完成すれば東北最大級の大きさを誇る店舗となる。

他にも複数の建設計画があり、「今時GMS(総合スーパー)かよ」と

商業関係者からは半ば呆れた声が聞かれる。

百貨店の話からイオンの話に飛んだように見えるであろうが

東北の百貨店はイオンの資本が入り込んでいる。

例えば、福島県の百貨店「中合」はイオングループなのである。

もっとも、この中合もついに今年8月31日に福島本店を閉店。

www.minyu-net.com

これに先立って、中合が運営していた

山形市の十字屋山形店も18年1月で閉店し、跡地は解体された上で

ダイワロイネットホテルが建設中。

そもそも山形市中心部商店街は、天童市イオンモール天童に

かなり客足を取られていることもあって、ある意味イオングループ同士の

潰しあいとさえ言える状況。

東北の長い歴史を誇る百貨店が「総崩れ」の状況で

イオングループの不可思議な動きは今後どうなっていくのか注目される。

 

「生き残って再起を図る」という流儀

いささか遅くなってしまったが

9月21日は1600年、関ヶ原の合戦で敗走した

石田三成が捕縛された日である。

 関ヶ原から敗走した後、三成は居城の佐和山城に向かい

最後の籠城戦を挑むつもりであったとみられるが

さすがに追撃の手から逃れることはできなかった。

最後は交友のあった田中吉政隊に発見され、捕縛されたが

その扱いは酷いものではなかったという。

かように総大将が戦に負けた時、死んで詫びるべしというのが

一般常識とみられている。

だが、関ヶ原の合戦においては実はそんなことはない。

主だった西軍の諸大名で、自害したのは大谷吉継くらいで

宇喜多秀家小西行長も、戦場で自害してはいない。

その場では敗北しても、生き延びて再起を図るという考えは当時

主流とは言わないが、受け入れられていたと考えられる。

 

あえて生き残り再起を図る、という流儀

 

時代は下り、大東亜戦争においては

帝国軍人たるもの、潔く死ぬことが美徳とされた。

これは陸軍に限らず、海軍にも共通していた。

つまり天皇陛下からお預かりした軍艦を沈めてしまう時は

その責任を負って、艦と運命を共にするという考えが主流であった。

例えばミッドウェー海戦で沈没した空母四隻の艦長は赤城の青木泰二郎艦長以外

全員が艦と運命を共にしている。

その他、枚挙にいとまがないほど、海軍もまた

潔く死すことが当たり前とされた。

(なお、これは他国でも見られる慣習である)

一方、そんな考えに真っ向から抵抗した提督もいる。

駆逐艦「夕立」といえば、人気ブラウザゲーム「艦これ」でも主役級の

扱いを受けているため、ご存知の方も多いだろう。

f:id:kick:20200923014437j:plain

第三次ソロモン海戦では巡洋艦一隻撃沈、複数を損傷させる活躍を残した

1942年11月、第三次ソロモン海戦において夕立は、帝国海軍の第10戦隊から離れ

単艦で米艦隊に突撃。驚いた米艦隊は滅茶苦茶に砲撃し、米艦隊と第10戦隊に

挟まれた形の夕立は敵味方から砲撃を受け、さらに夜間ということもあって

互いに混乱の中で戦闘を行った。同士討ちは当たり前という状況で

夕立もまた、味方艦からとみられる砲撃で大破、航行不能となった。

艦長の吉川潔中佐は、あくまで夕立を救おうと、ハンモックを帆に使うなど

したが、結局は艦は放棄された。

その際、艦長として艦を運命を共にしないのかと聞かれた吉川中佐は

「いちいち艦と運命を共にしていたら、戦争をする者がいなくなるぞ」と

述べて脱出した。これは別に命を惜しんだのではない。

部下を置いて戦場から真っ先に逃げ出したり、自分は安全なところにいて

将兵を戦場に追いやったりしたわけでもない。

あくまで、人が助かっていれば次があるという流儀の現れである。

吉川中佐はその後、駆逐艦大波の艦長となったが、1943年のセント・ジョージ岬沖海戦で撃沈され、戦死した。

戦に臨む将兵の意志はさまざまな考えがあろう。

だが、生き残って再起を図るという考え方も一つの流儀である。

これが石田三成と吉川潔中佐の共通点といえよう。

死を覚悟しながら生きる。この心構えこそ、現代に生きる我々には必要なのではないだろうか。

ムカムカ!!そんな感情をコントロールしよう

最近、休みだというのに朝っぱらから仕事が入っていたり

個人的にクライアントに付き合いをしたりで

なかなかタイトなスケジュールをこなしている。

そんなわけで、帰宅するころには疲労困憊で

すぐ寝落ちしてしまう。ストレスもマッハな状況である。

 

党の上司は見抜いていた…。

 

そんななか党の会議で、僕の上司に当たる御方が

「菊地さんねえ、あなたは怒りを直接ぶつけすぎですよ。

 私みたいにね、もっと寛大な心でね(以下略」

などと説教じみたことを言われた。何か腑に落ちないながらも

「ハイ、ワカリマシタ」と答えたのだが

しかし、内心驚きを隠せなかった。これは僕の欠点で

いつも直さなければと思っているのだが

結構僕の怒りの沸点は低い。というよりスイッチが入る感じだ。

普段、僕を知っている人は僕が余り怒りを出さないと思っている節がある。

だから「菊地さんは落ち着いていますね」「貫禄がありますね」と

言われるのだが、あまり負の感情を表に出さないからであって

基本、のほほんとしているのでそう思われるのかもしれない。

しかし、許せないことがあると、何倍もの報復を加えないと気が済まないのだ。

僕と普段から付き合いがある人はご存知の方もいらっしゃるかも?

これは僕の感情が先行するもので、「何の生産性もない」と

分かったうえでやっているから性質が悪いと自分でも思う。

だから、「怒りが直接的すぎる」といわれて、正直ドキっとした。

同時に、やはり長年の付き合いともなれば、人の短所も見抜くように

なるのであろうと感心してしまった。

 

怒りの感情をマネジメントする

 

この欠点、前述のように僕自身直したいと思っていて

自分でも感情をコントロールする呼吸法を試したり

気持ちを鎮めるアロマを試したりしてみたが

なかなかどうして難しいものである。

そう簡単にコントロールできれば苦労はしないのだが

怒りの感情をコントロールできなければ、組織を預かるものとしては失格だ。

組織を動かすのは人であり、人を動かすのは感情だからである。

そこで必要なのが、怒りの感情を管理する「アンガーマネジメント」である。

これはメンタルヘルスマネジメントの一つであり

日本アンガーマネジメント協会という団体もあるほどだ。

www.angermanagement.co.jp

ちょっとこの辺り勉強して、必要なら講座を受けるなりしてみたい。

人間、誰にでも欠点はある。だから僕は自分でも欠点だと思うところは

直す努力は惜しまない。これがある程度年齢が進むと固まってしまうのだが。

少なくとも管理する側の人間として、期待以上の成果を残すためには必要だろう。

皆さんもご自身の性格と向き合っていただき

欠点だと思われるところは、少しでも改善してみてはどうだろうか。

 

「あいちトリカエナハーレ」弾圧に負けず開催決定!

先日弊社でも取り上げた「あいちトリカエナハーレ2020」の会場問題。

愛知県が管理・運営する「愛知芸術文化センター」の使用許可取り消しを受けて

代替施設として、名古屋市が管理・運営する名古屋市民ギャラリー(中区)での

開催が決まった。開催日は9月26日(土)、27日(日)の二日間。

ameblo.jp

 

愛知県と地元マスコミは自身の行いを棚上げ

 

無理筋といっていい愛知県の対応に対して、名古屋市は特に条件を付記

することなどせず、単に口頭で「ヘイトをしない」と約した程度。

これについて、ヘイトスピーチを表面では批判している中日新聞

日本第一党を「党首がヘイトスピーチを続けてきた」と、自社を棚上げした上で

日本第一党の展示物だけを問題視。もともとのきっかけとなった

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」には触れない荒業を展開した。

一方、毎日新聞はなぜか主催者が河村たかし名古屋市長に「講演依頼をした」と

謎記事を配信してしまい、「答えてみろ!変態!毎日」と失笑されるオチまでついた。

 

 

そもそもなぜ我々が怒るのか?

 

さて、前回の記事でも記述したように

そもそも「あいちトリカエナハーレ」はカウンターアートとして

開催されるものであり、「天皇陛下や特攻隊で戦死された方々を

侮辱するのがアートなら、我々が何言ってもアートだよな?」という

主張が原点となっている。従って、「あいちトリカエナハーレ」が

批判されるならば、当然「あいちトリエンナーレ」の内容についても

提示しなければいけない。

愛知県と名古屋市で対応が違うのは、その部分も当然ある。

愛知県と名古屋市は現在、絶賛対立中である。その「ねじれ」が

「トリカエナハーレ」にも影響を与えたといってよい。

もちろん、「あいちトリエンナーレ」で問題になった展示物が

「あれはアートじゃなくて普通にヘイトでした。申し訳ない」と

愛知県が認めれば、こんなことにはなっていないのである。

僕もまた、あの展示を見てこれ以上ない怒りが沸いた。

沸いたどころか愛知県にどしどし抗議をした。僕は天子様を

心から崇拝している。わが国は少なくとも1500年は君主国家であるわけで

君主が侮辱されたら、報復を行うのが臣下の役目である。

とはいえ、暴力や脅迫に訴えてはいけないのが現代であるから

カウンターアートという形を取っている。

しかし不思議である。大村知事も長年自民党にいながら皇室への

尊敬の念だけは持っていなかったのだろうか。

天皇陛下御真影を燃やすだなんて、僕には考えられない。

そのため、皇室のカレンダーなど、古いものをどうしようか

迷った挙句、神社にお預けし、お守りなどと一緒にお焚き上げして

もらっている。神職は皇室への畏敬の念は当然持っているし

定期的にお焚き上げをするから、こちらもお願いしやすいのである。

そういうわけで我々の中で皇室は不可侵で神聖な存在である。

どうやら大村知事はそうではないようであるが、河村たかし市長は

そのあたり、許せないのであろう。大村知事へのリコール運動に

積極的にコミットしている。

 

より高いクオリティー楽しみに

 

26日から実施される「あいちトリカエナハーレ」はいかなる弾圧や妨害にも

負けない。「展示物は少なくなるかもしれないが、その分クオリティー

大きく向上している。楽しみにしていてほしい」と芸術監督の長尾旭氏は語る。

日本全国から注目を集めているこの芸術祭。ぜひコロナ対策をしたうえで

多くの方に知っていただきたい。

また、我々のイベントに反対するオツムが残念な諸子におかれては

そもそも我々が何に対してカウンターを行っているのか

恥をかく前に今一度復習することをオススメする。

「死友」がいる人の人生は素晴らしい!

貴様と俺とは同期の桜——。

中学校の同窓会の作業をしていて、ふっと頭を過ぎった歌だ。

ご存知の方も多かろう、「同期の桜」である。

歌詞の内容は陸軍士官学校海軍兵学校、航空隊を歌っているが

何も軍隊に限った話ではない。現代の同窓会活動でもやはり

「同期の桜」なのである。僕は同窓会の役員としては最年少。

先輩方から昔の中学校の話を聞くと、まさに隔世の感がある。

だが、同期の連中は今でも付き合いのあるヤツがいるし

人生の半分以上を共に歩んできたヤツらばかりだ。

もちろん、高校、大学と離れてから疎遠になってしまった人もいれば

僕が同窓会の役員をやっていると知って協力してくれる人もいる。

同期の連中は本当にいろいろな道を歩んでいる。

官僚になっているヤツもいれば、自分で事業を起こしてコロナ禍の下

頑張っているヤツもいる。(持続化給付金貰えって!)

とにかく、今でも付き合いがあるヤツは多いが

本当に心から尊敬できる、スゴい奴らばかりだ。

社会に出てから友人になった人も多いけど、やはり人生の重みが違う。

そんな幼馴染の連中と、一つ約束…というか目標を立てたことがある。

読書好きが多いから、どこか山奥にセカンドハウスを建てて

書庫兼サロンのようなものを作ろうということだ。

山奥は土地は安いし、建物もシェアすれば負担も分散できるという寸法だ。

今は僕も普通に働いているし、休日はやれ同窓会だの、党務だのが立て込んでいるから

そういうのが落ち着いてスパッと引退できたら、本格的に取り掛かってみたい。

 

「死友」を得る

 

閑話休題

友というのは、まったくいろいろな種類がいる。

親友、旧友、悪友…。

その中でも、「死友」を得るというのは何物にも代えがたい。

「刎頸の交わり」などでも有名だが、支那の歴史書では、かように

友との関わりを大事にする故事成語が多い。

荀子に曰く「自ら師を得るを為す者は王たり、友を得るを為す者は覇たり」という。

僕が座右の銘にしている言葉でもある。

もちろん、ケンカすることあれば、何気ない一言にムッとすることもあろう。

それがなければ友とはいえない。「和して同ぜず」が大事なのである。

そうして互いを高めあい、いざというときには真っ先に駆け付ける。

そのような友人が一人でもいれば、自分の人生は素晴らしいものになる。

ぜひ、皆さんも「友」をたくさん作ってほしい。

それは周囲を取り巻く人々の人生にも良い影響をもたらしてくれる。

それにしても、僕の友人たちは本当に優しくて真面目で

時には叱ってくれて、本当に困ったら相談してくれるし

自慢の友人たちだ!僕の誇りの「同期の桜」だよ!

菅内閣とフロックコート

本日、菅義偉内閣が成立した。

デジタル庁が新しく設立されるほか

河野太郎行政改革担当相は「目安箱」を自らの

サイトに設置するなど、幅広く意見を取り入れる方針。

www.kantei.go.jp

この内閣支持率は、毎日新聞によると「支持する」が64%

日本経済新聞によると「支持する」が74%で

高い水準からのスタートとなった。

一方、ハフポストなどは「女性閣僚が二人だけ」と批判的だ。

僕はこの閣僚名簿を見て、思わず唸った。

 

容易に崩せない「鉄壁のガースー」

 

正直、地味である。目新しさはない。攻める人事ではない。

だが、これほど付け入る隙のない内閣も珍しい。

強いて言えば、加藤勝信官房長官厚労相時代に

新型コロナウイルス関係で検査基準について失言があった程度。

前政権では斬るところは斬る、という国民の恨みを買うような政策も

多かった。特にコロナ対策などはそうであろう。

しかし、菅首相の冷静な対応力といざというときの判断力は

実は自民党内でもかなり評価されている(現職国会議員談)。

ここから、新型コロナ対策で、第二、第三のダイナミックな経済対策を

打ち出してきたら、はっきりいって野党勢力はなすすべがない。

持続化給付金、特別給付金雇用調整助成金などの大規模な

経済対策は終了を迎え、多少経営環境は持ち直してきた事業所が

多いものの、それでも昨年対比では全く届かない事業所がほとんどだ。

そこで思い切った経済対策を打ち出せば、菅内閣への支持は盤石なものとなる。

野党はスキャンダルや昔のモリカケ、桜を蒸し返すほかない。

保守勢力側は、アイヌ新法問題や増税に言及したことを責めることはできるが

大々的に責める材料にはなりにくい。

戦略の転換を改めて考える必要があるかもしれない。

奇しくもわが党は党内改革の真っ最中である。

菅内閣に立ち向かうことのできる改革が行われることだろう。

 

f:id:kick:20200916222000j:plain

菅内閣がスタートした(官邸HP)

昔はフロックコート派も多かった

 

ちなみに、認証式後の記念撮影で男性はほぼ全員モーニングコート

着用している。このモーニングコート、現在では礼装として扱われている。

しかし、もともとは名前の通り朝に散歩するように開発されたものである。

セットのスラックスは、ストライプが細ければ細いほど良いもので

ネクタイはアスコットタイというのが通常である。

わが国においては、礼装の規則がきちんと定められていたから

文官、武官両方の礼装、大礼装を着用しての写真が多く残っている。

文官でも武官でもない大臣は、モーニングコートまたは

f:id:kick:20200918013910j:plain

東条内閣でフロックコート姿の橋田文相(前列左端)

フロックコートである。例えば東条英機内閣では橋田邦彦文部大臣が

フロックコートを着用している。

実は僕は活動で街宣を行う時、フロックコートを着用したりしている。

聞いていただいている方々に礼を尽くすためだ。

服に拘りを持つと、気持ちがしゃきっとする。

内閣の集合写真一つ見ても、それぞれ個性が出て面白いではないか。