白雉日報社公式ブログ

日本第一党東北地方の何でも屋さん。

震災10年、復興予算の継続を

さて、6日のオンライン講演会で使用するレジメができた。

11日はちょうど東日本大震災から10年の節目を迎える。

それに合わせて、当時を振り返り、風化防止と防災意識向上を

目的としたオンライン講演会を、東国保守の会で予定している。

リアルタイム視聴は会員しかできないが

11日にyoutubeで配信するので、ぜひご覧いただきたい。

tougoku.wp.xdomain.jp

 

この10年というのは、ただの10年の節目というわけではない。

宮城県における復興基本計画の最終年度に当たるのである。

それで予算を組んでいるため、国の復興予算も大幅に変わるのである。

幸いにも、復興庁は10年延期され、2031年まで設置継続されるが

2020年度の当初予算額は約1兆4000億円だったのに比べて

21年度概算決定額は約6200億円と、およそ半分となった。

特に減額されているのは住宅関係で、約5470億円だったのが

約540億円と10分の1に減額されるほか、原子力災害関係予算も

約7500億円から約4700億円に減額される。

 

相次ぐ災害で遅れる復興

 

f:id:kick:20171224064857j:plain

平成28年に完成した荒浜海岸の防波堤

ただし、これらは国交省による予算は入っていない。

これは、復興係数が導入されており、それによって予算が決まるからだ。

宮城県についていえば、沿岸部の工事はまだ完了しているとはいえない。

都市部はまだ良いが、いわゆる「へき地」の場合の工事は進んでいないのだ。

例えば、気仙沼市の唐桑半島ではあまりに入札不調が相次いだために

地元の業者だけではなく、県外の業者の参入も可能にして、何とか工事に

漕ぎつけた経緯があるし、工事費の高騰から完成が遅れた現場も多い。

さらに、台風19号地震災害などが断続的に発生したため

その復旧工事でさらに遅れた現場もある。

柔軟な復興を進めるのであれば、これら震災後に発生した災害や社会情勢も

勘案して然るべきではないだろうか。

決して、県内の事業者はサボったり、意図的に工事を遅らせているわけではない。

人員が足りない、予算が足りないなかでやりくりをしながら頑張っている。

国は、復興庁の事務所を存続させるかわりに、事務所を沿岸部に移すとしている。

より現場に近い場所で復興に取り組む現場を見ようという意識に現れで

とても良いと思う。ぜひ現場の大変さをつぶさに見ていただき

復興予算の継続をお願いしたい。

ウマ娘 プリティダービー配信開始。セルラントップに!

アプリゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」が2月24日より

配信が開始され、大きな人気となっている。

同作品は、競走馬を擬人化したもので、「トゥインクル・シリーズ」

という競争シーズンでレースに勝つことで人気馬になるのが目標である。

本作は、「プリンセス・コネクト」や「グランブルー・ファンタジー」など

名作を生み出し続けているサイゲームスが製作ということもあって

大きな注目を集めていた。

 

「事前登録3周年」というパワーワード

 

だが、それ以上に注目を集めていたのは…事前登録期間である。

2018年冬に配信予定だったのが、延長に延長を重ね、いつしか

配信を諦めてしまったファンが続出した。

その間にもアニメやコミック、キャラクターソングなどの

メディアミックスは進んでいたが、肝心のアプリだけは配信されず

「事前登録3周年」などと皮肉めいたワードがツイッターのトレンドに

入るなど、長期間の「準備期間」といえばウマ娘が真っ先に挙がるほどだった。

だが、ついに2月24日に配信が開始。セールスランキングで圧倒的大差で

1位に躍り出るなど、好調な滑り出し。

実際何が人気なのかといえば、個性的なウマ娘たちはもちろん

ゲームのレースが実際の競馬とそっくりだからであろう。

f:id:kick:20210305005543p:plain

スキルが発動するとカットイン画面に

「手に汗握る」レース画面が展開されており

実力のあるウマ娘であっても馬群に沈むこともあれば

驚異的な末脚でゴール直前にまくることもでき、見ていて飽きることがない。

f:id:kick:20210305005634p:plain

見事一着。競馬人生はまだまだ始まったばかりだ

育成は本当に奥が深く、スピードやスタミナなど効率的かつ

効果的に上げていく必要がある。

短距離、長距離が得意か、それとも逃げウマか差しウマかでも

育成のやり方は違うので、各プレイヤーは工夫を凝らしたり

試行錯誤を繰り返している様子。

ツイッターYoutubeでも、自らの育成方法を披露したり

「このレースが勝てん!」と悔しさを吐露する人が続出している。

現在のところ、決まった攻略法が見出されておらず

それがシミュレーション好きに拍車を掛けているといえよう。

あまり課金をしなくてもいいし、育成途中でもセーブして辞められるから

ちょっとした合間にもプレイできるのが魅力の一つ。

さて、僕の大好きなマチカネタインホイザはいる実装されるのかな?

 


【ウマ娘 プリティーダービー】CM「はじめまして、トレーナーさん!」篇

東北地方の世話人(副党首)に任命された所感

2月26日、日本第一党の第2期目となる人事が発表された。

これはわが党が全国における政治団体として飛翔していくため

それぞれ地方在住の役職者が地元の地方の全権を党首から移譲されたもの。

つまり、中央集権型から地方分散型にシフトしたものと見て良い。

国を10の地方に分け、それぞれ副党首が取りまとめる。

東京地区に関しては幹事局が担当するという形であり

全国組織として将来に備えた布陣になったといえよう。

 

あまり目に見えない運営だが…。

 

さて、その中で僕は東北地区を任されることになった。

当初は副党首打診に「御免蒙りたい」と固辞していたが

「それなら代わりになる人を推薦せよ」と言われ、今しばらくは

受けてみようとなった。

 

だが副党首なんてほどのものじゃないし、自分でも率先して動くべき段階だから

偉そうにあまり使いたくはない。公式以外では使いたくない肩書だ。

世話人」といったところがぴったりだろう。

それにわが党もいろんな意見がある。場合によっては一波乱ある。

意見はいくらあっても良い。僕も個人的にいろいろと意見を言われるし

要望や苦情も寄せられる。全て幹事局に「こういう意見がきている」と

報告の上、僕も良いと思ったものは取り入れてはどうかと

意見も添えている。皆そうしてきて、必要なら会議で取り扱いを議論される。

 

あまり、表には出ていないが…党員の皆様の声で党運営は議論されつつ

進んでいるのだ。SNSや動画サイトの愚かな文句に惑わされないようお願いしたい。

 

組織運営を盤石にし、然る後議会へ

 

さしあたり、東北では新たな本部づくりの準備が進んでいる。

瀬戸顧問のご協力を賜り、早めの設立ができそうだ。

もちろん、組織だけ作って終わりではなく、連絡体制を密にして

ある程度の計画を練り、どの段階で地方議会に出すかというのを

戦略的に策定する必要がある。それで人材育成も進める必要があるが…。

その暁には速やかにこの職を辞する考えだ。

自分よりも優れた人がいればすぐにでも譲る。これは晏子の考え方であり

子皮の経営哲学である。

 

 

民族差別には加担せぬ

 

それから、民族差別的な表現をせず、あくまで政策論争で勝負すること。

例えばまた韓国人作家による軍艦島の捏造工作が明るみになったが

これは当然本人が批判されてしかるべきだ。だが、その怒りが

わが国内に居住する在日全体に向けられるべきではない。

韓国国内の社会に問題なら政治や教育制度などを批判すべきだ。

日本第一主義とは「日本人が豊かで、国家に誇りが持てるように」するもので

当然外国人排斥とはイコールではない。

この行動理論は、僕が昔から明確にしているものだ。今後も踏襲する。

 

さて、いろいろと所感を垂れ流してはきたが

僕自身、人のマネジメントはまだまだ勉強不足のところが多い。

幸いにも、党役員の皆様や普段からお世話になっている方々は

僕より人格者で立派な方がばかりで尊敬している。至らぬことが多々あるとは思うが

何卒、ご指導を賜れれば幸甚である。

 

天長節、天子様が東日本大震災についてご憂慮

f:id:kick:20210202181849j:plain

脱帽  (宮内庁HPより)

本日は畏くも天子様のお誕生日であらせられる。

天子様は親しく記者会見に臨まれ、新型コロナウイルス感染症への憂慮

それに関連して、医療従事者を労われたほか、国民生活のひっ迫にも

心をお痛み遊ばし

「感染防止対策を根気強く続けることで『明日は好い日になる』と信じそうなることを

願わずにはいられません」と仰せになった。

 

今年で10年になる東日本大震災に関しても

「確かにインフラ面では再建が日々進んでいますが

ご家族など親しい方が亡くなられた方々、避難を余儀なくされ

家族や友達が離散してしまったり

生活環境が一変してしまった方々のことを考えると

震災からの傷がまだ癒えていないというような気がいたします」

とご憂慮されているご様子であられた。

それにしても、震災10年が経っても震災からの傷、即ち心の傷について

深くご存知であらせられるとは!

臣下として、また被災地に住む者として、恐懼に耐えない。

力不足を痛感するばかり。まったくもって申し訳ない限りである。

行政は復興予算が切れることに気をもみ、東北地方整備局に行く。

いや!そればかりではない。メンタルのケアはどうなっているのか

目に見えない部分まで支援が行き届いていないのではないか。

陛下はそこまでご覧になっておいでなのだ。

政治家・行政は天子様のご憂慮を何と心得るか。

僕が政治家ならすぐに行政に対し、現状の調査と必要な支援策を求め

条例案をまとめて提出するところである。

天長節のこの日、宸襟を安んじ心から天子様が国民と共に

お喜びになれるよう、粉骨砕身し奉る次第である。

www.kunaicho.go.jp

専門資格を取りたい!働き方改革を考えよう

社会人になると、いろいろな勉強に取り組む方々がいて

素晴らしいなと思うんだが、僕も20代の時に金融関係の

資格は取ったものの、仕事で必要だったから取ったものがほとんどで

自分で主導して勉強して資格を取ったものは…。

だから、何かの資格を取ろうかなと考えているんだが

例えばDCプランナーだとか、産業カウンセラーの資格だとか

社会の役に立つ資格を取りたいと考えている。

以前、社労士の先生のセミナーに出たり

産業カウンセラー協会に話を聞きにいったりして

本当に必要な仕事だなと感じた。

 

働き方改革はどうなっているのか

 

現代日本人は、いつも何かに追われているし、何かに疲れ果てている。

本来仕事というのは、やりがいを感じてなんぼだし

クリエイティブなものであるはずだ。

にも拘わらず、使いつぶされている様子を見ると気の毒で仕方がない。

例えば100件飛び込みで回って契約取れるまで帰ってくるななんて会社は

存在してはいけない。高度経済成長の時はそれでも良かったが

生産性を上げるためには、そのような無駄な仕事をすべきではない。

jsite.mhlw.go.jp

働き方改革とは、労働者の負担を軽くして余暇の時間を増やす

というのはもちろん、効率良く働くためにどうすれば良いかという

部分も目的なのだ。例えばIoT、AIの導入などが考えられるだろう。

テレワークで通勤時間を短縮できるし、企業側も通勤費用を圧縮することが

できるというものである。

デロイト・トーマツグループによると、2019-20年に働き方改革を実施

している企業は89%に上り、前年比16%増加した。

www2.deloitte.com

しかし、部分的含む効果を感じることができたのは53%に留まった。

長時間労働の是正は100%であるが、これは当たり前である。

働き方改革関連法に長時間労働の禁止が盛り込まれているからである。

つまり長時間労働の是正をやっていない企業は違法状態にあるのだ。

この調査を見ると、働き方改革は進んでいるように見える。

 

中小企業の働き方改革

 

しかし、この調査では回答社数の過半数が1000人以上の大企業に限っており

例えば100人以下の中小企業の調査では、違った数字が出てくるはずだ。

わが国の7割は中小企業であって、そちらの調査こそ実態に近いといえる。

中小企業の中には、働き方改革を「そんな余裕はない」と切り捨てる

経営者もいるだろう。経営者失格である。誰か社員が欠けたら成り立たない

社員とは、会社のためにあるのではない。社員が何のために働くかは

その人の価値観による。

新型コロナや働き方改革関連法で、確かに導入は進んだ。

だが、それが隅々まで行き届かないと意味がない。

僕は本当に世の中で必死に働いているのに報われない方々や

無理を強いられて体がボロボロになっている人々の味方でありたい。

それが行政の仕事であり、政治を目指す人の使命であるはずだ。

 

名脇役しか出ない「バイプレイヤーズ」の魅力!

f:id:kick:20210221051254j:plain

バイプレイヤーズティザー画像

ある日、会社の人に「バイプレイヤーズって知ってる?」と聞かれた。

何だろうそれ。聞いたことがない。

「脇役しか出ないドラマなんだけど、大杉漣が出てる」

ほうほう、それは面白そうだ…。どこで見られるの?

「テレ東」

「!?」

「テレ東」

テレビ東京宮城県には系列局がないじゃないか。

いや、今や地上波でもネットで配信している時代だ。

さっそく検索してみると…なんと、ちょうどニコニコで配信しているじゃないか。

しかも、なぜかテレ東チャンネルに登録しているから無料で見られる。

そんなわけで毎週の配信楽しみにしている。


【予告編#1】バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~ (2017) - 遠藤憲一,大杉漣,田口トモロヲ

この「バイプレイヤーズ」は、名前の通り、名脇役が主に出演しているドラマで

毎シリーズ、テーマを設けてヒューマンドラマを繰り広げている。

シリーズ最初は「もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」で

大杉漣さん、遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、光石研さん、松重豊さん、寺島進さんが

シェアハウスで暮らしながら巻き起こる騒動を描いたもの。

 

次シリーズは「もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」で

寺島進さんを除いた5人が無人島に住むという物語。

この時に大杉漣さんが急逝したものの、共演者の要望で脚本を書き直した上で

完結させることができた。

大杉さんが同作をどれだけ愛していたかという逸話もあり

感動を新たにした。


大杉漣さん一周忌 生前最後の密着取材で見せた“現場者”の顔

そして今配信しているのが「名脇役の森の100日間」で

撮影所「バイプレウッド」を舞台に、番組ごとの確執や

俳優、女優同士のぶつかり合いを描く。

このシリーズは、本人役でしかもキャラもほとんどが素の演技というのが面白い。

ちょいちょい現実のネタを挟んできており

「テレ東朝ドラ~」では、テレ東がNHKに対抗して朝ドラを作るという経緯で

大杉漣の「これテレ東かあー」「所詮テレ東だよ!」と自虐的なセリフがあったり

テレビ制作の裏側を垣間見ることができることも魅力だ。

 

素の演技が見られるのはバイプレだけ!

 

僕は、遠藤憲一さんや松重豊さんがとても好きで見始めたが

配信している前シリーズを見ている最中。ゲスト出演する役者も豪華で

「え!こんな人が出るの?」と驚きながら楽しんでいる。

「テレ東朝ドラ~」では毎回シークレットゲストなので、実際に出演した時の

皆さんのリアクションが、本当に笑ってしまうのだ。

僕は最近のドラマはあまり見ないが、往年のバイプレイヤーに焦点を当てるのは

本当の意味で「役者ってこうだ」と言われている気がして

素晴らしい発想だと思う。しかもなぜかNHKをライバル視しつつ

自虐に走るというネタは、全国ネットに成り切れないテレ東らしさが出ている。

そんな「バイプレイヤーズ」。

実は映画化も進んでいて、その名も「もしも100人の名脇役が映画を作ったら」

が決定している。そのキャストたるや…唸ってしまうほどのバイプレイヤーズだ。

最近ドラマは低調を続けているが

映画や舞台などは好きという方に僕はオススメしたい。

 

byplayers.jp

靖国参拝問題、反対派(支那人)が見落としていること

さまざまな人気作品に出演している、人気声優の茅野愛衣さんが

理不尽な「災難」に遭っている。

2月11日に公開された茅野さん主演の「茅野愛衣のむすんでひらいて」内で

靖国神社に参拝したことを紹介したために

支那人を中心に批判が殺到、茅野さんは謝罪させられた上

動画を一部非公開とせざるを得なくなった。

www.nikkansports.com

これに対して、日本人ファンは憤慨。

「いつもの難癖」

「謝罪しないでください」

とのコメントが相次いだ。

もちろん、茅野さんが右翼思想を持っているということではない。

たまたまスタジオの近くに靖国神社があったというだけで

実際、靖国の杜は荘厳な雰囲気であり、散策するにはとても気持ちの良い場所だ。

で、神社があって参拝した。それに対して批判する人は日本人では圧倒的少数だろう。

もちろん参拝している芸能人も大勢いる(AKBメンバーが参拝したのも記憶に新しい)。

靖国神社が用いられるのはそれだけではない。

桜の開花を判断する「標本木」は、靖国神社の敷地内にあるのだ。

にもかかわらず

「『同期の桜』を彷彿とさせる!軍国主義だ!」という声を聞いたことがない。

いかに「靖国批判」が表層的で薄っぺらいものか分かろうというものである。

 

日本人戦死者でも合祀されていないのだが

 

「日本人だから犠牲者の気持ちはわからない!」という声もよく聞く。

だが僕にも、靖国神社には何も含むものがないわけではない。

支那人は知らないだろうが、靖国神社には戊辰戦争薩長側と戦って

戦死された方は合祀されていない。

例えば、戊辰戦争で戦死した奥羽越列藩同盟将兵は合祀されていないのだ。

これは薩長こそが「官軍」とされていたためで

天子様に弓引く気など全くなかった奥羽越諸藩は、朝敵とされた会津藩庄内藩

赦免を願ったが、それをあっさり却下されたために、やむを得ず

輪王寺宮(後の北白川宮)を擁立したのである。

東北戦争とも言われる薩長軍との戦いは熾烈を極め、戦死者は数千ともいわれる。

わが奥羽越諸藩は、薩長の独善と戦いはしたものの、明治政府自体と

敵対する気はなく、会津と庄内の赦免さえ叶えば戦いにはならなかった。

つまり、この戦争には正義というものがなかった。

歴史の再評価が進んでいるのに、未だに奥羽越諸藩の戦死者の合祀は叶っていない。

それでも僕たちが靖国神社を崇敬するのは、日清・日露戦争第一次大戦

第二次大戦など、わが国の経験した戦いは実に多いからだ。

国家として国民が総力が挙げて戦った戦争で犠牲になった方々に畏敬の念を持つのは

当たり前のことで、納得できないことがあるからといって他の戦死者の方々を

ないがしろにしたくはない。

そこに文句を付けるなんてどうかしているんじゃないかと思うわけだが

もちろん、正常な判断を持った人々もいる。

 

台湾メディアは支那を「嘲笑」

 

www.oricon.co.jp

台湾メディアは、この騒動について冷静に伝え

「一体何が問題なんだ?またガラスのハートが壊れたか?」

茅野愛衣の作品をボイコットしたら見るものがなくなるんじゃないか?」

と嘲笑する声を紹介した。

この民度の差。いやまさにその通りである。

さすがは文化大国・台湾といったところであろう。

アニメ業界第一線で活躍している声優に突如降りかかった災難だが

文句を言っているのは支那人の一部。多くのファンは味方であることと

かかる理不尽な難癖には決して負けないでほしいとお伝えしたい。