白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

稲作してる?「天穂のサクナヒメ」が人気に

「天穂のサクナヒメ」という作品をご存知だろうか。

これは、シミュレーションであり、RPGでもあるゲームなのだが

大きい人気を博している。

あらすじはというと。

武神と豊穣神の子であるサクナヒメ(CV大空直美)は、神界で食っちゃ寝の

自堕落な生活を送っていた。

そこへ、人間たちが迷い込み、サクナヒメが成敗しようとしたところ

誤って奉納品の倉を爆破してしまう。

罰として、サクナヒメはその人間たちとともに鬼が支配する

ヒノエ島に追放となる。

f:id:kick:20201122005934p:plain

サクナヒメはあえなく神界を追放されてしまう

そこで鬼と戦いながら米を育成し、狩りをして生活をしていく。

もちろん今までなまけた生活を送ってきたサクナヒメ。

わがままで怠け癖を全開にするのだが、非力な人間が鬼たちと戦えるわけもなく

しかも米の育成もできないときている。

そこで仕方なく、サクナヒメ自ら生き残るために鬼と戦い

自分への奉納のための米も自分で作る。

 

農水省の公式サイトが攻略サイト

 

同作のスローガンである「米は力だ」の通り

米を収穫すると、その出来具合でサクナヒメも成長していく。

だから、品質の良い米を多く収穫する必要があるのだ。

f:id:kick:20201122010204p:plain

雑草や害虫、天候で左右される生育。グラフィックも綺麗だ。

他のキャラは戦うことこそできないが、米作りのアドバイス

鍛冶、保存食づくりなどでサクナヒメのサポートを行う。

米作りは、実際の生育を元に近いものと評判で

攻略サイト農林水産省の公式サイト」と話題になっているのだ。

わが国での米の自給率は100%。まさに米は国家の礎である。

その米づくりにスポットを当てたゲーム。とても良い発想だし

DASH村を彷彿とさせる設定で、毎回の成長が楽しみである。

 

戦闘もスタイリッシュ!「デビル米クライ」の声も

 

もう一つは、バトル要素だ。鍬や鎌などを装備し、羽衣を伸ばして

飛んだり跳ねたりして戦うのだが、これがまたスタイリッシュで

「デビル米クライ」と言われるほどだ。

ファミ通」によると、Switch版の売り上げは3万2906本

PS4版は2万2955本(9日~15日集計)と上々の滑り出し。

さらに、steamでも販売しているから、実際はもっと多い。

僕もPCでやりたいからsteamで買ったクチだ。

友人たちの中でもプレイし始めた連中もいて

「稲作始めた?」があいさつとなっていてシュール。

とにかく面白いし、米作りの勉強になる。

(専門用語の意味を調べたりもしている)

農水省は今のところ、同作品へのアクションはしていないが

同省は「放課後ていぼう日誌」とコラボしたことがあり

今後の動きにも期待したい。


Nintendo Switch&PS4『天穂のサクナヒメ』ローンチトレーラー