白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

みんなの党を遠くから温かく見守る会、和田氏支持へ

みんなの党を支持する勝手連的な組織の一つ
みんなの党を遠くから温かく見守る会」は20日
宮城選挙区で和田政宗候補への支持を明らかにした。
和田候補は、民主党岡崎トミ子候補への有力な対抗馬と
目されているが、知名度や選挙経験の面で劣っているのがネック。
一方、岡崎陣営は郡部では安定的な強さを発揮しているものの
仙台市内では、苦戦を強いられているのが現状だ。


見守る会は、その名の通り「党員でもないし、選挙運動でも特に
表立って協力はしないが、選挙区と比例代表みんなの党に」
を原則に掲げている組織で、代表も特に定められていないという。
メンバーの一人であるという男性は
自民党がダメだから民主党を支持したが、それも打ち砕かれた。
 今やみんなの党がそれなりの議席を持つ事で、それなりの影響力を
 発揮することが最終目標」と語る。
自民・民主対決が話題にのぼり、維新の会は橋下大阪市長
石原共同代表の発言が取り沙汰されるなか、みんなの党
着実に議席数を伸ばしてきており、政局の鍵を握る
政党に成長しつつある。
「大政党になることを望んでいるわけではありません。
 弱小政党だったみんなの党が、成長する姿を見たいのです」
メンバーの男性は、笑顔で語る。みんなの党アジェンダ
政権にどれほど影響力を与えることができるのか。
今回の参院選で真価が問われる。