白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

会長の活動2日目

今日から、7月・・・。
なんだけどさ。何で僕は会長と一緒にいるんでしょう。
そうです。宮城支部の活動で、会長をアテンドしていたのです。
さて、最初は名取市閖上に行って被災地訪問してきた。
昨年は石巻だったので、沿岸部で言えば北と南に行ったわけだ。
まだ南三陸とか気仙沼のほうはまだだけど。
昨年会長とは、石巻で大川小学校前で献花したし
被災地をガレキ仮置き場を視察した。


今回は、閖上日和山周辺を回った。
今でも閖上は、何もない。
震災の警戒区域になっているため、居住ができないのだ。
だから、周りは更地のまま。さすがに会長もショックを隠しきれず
その場で放送を始めた。
「ぜひ皆さんにお伝えしなければ」と言っていました。
電波が悪い上に、防風林がないので海風がもろに入ってしまった。
でも、現地の様子は伝えられたのではないかな。
会長は、地元の売店でお土産を買い、閖上さいかい市場で
いい値段をする飯を食ったが
こうして、地元にお金を落としてくれるだけでとても嬉しい。
あと、話を聞き、いろんな人に拡散してもらえるのも
震災を風化させないために重要だ。


役所めぐりでは、宮城県仙台市をめぐったが
意外や意外、会長が仙台市の対応を絶賛していた。
生活保護をめぐって、保険事務所に警察のOBを配置したり
ハローワークと連携して自立のサポートを行うことは
仙台市だけということもあるらしく、画期的なことだと
褒めていた。会長が行政を褒めるのは初めてなのでは?