白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

あまり時間もないもんで好きな映画とか本がちょっと今かじりながら。
「クライモリ」を見た。
まぁこれはよくある山奥で遭難→家見つける→実はその家は…
という、悪魔のいけにえ的な展開だったわけだが。
しかし問題は、その吹き替えが松岡由貴さんだったことだ。
もろ鶴屋さんだった。それだけで俺は満足さ。
え、ストーリー?細かいことは気にすんなよ。


まぁ、こういうホラーの中でもスプラッター映画は
悪魔のいけにえあたりが最初なのかね。
それとも例によってヒッチコック?キングではないよな。
キングは、確かにホラーではあるが、カメラ技術が優れていたり
(例えばワンカットが異常に長いとか)
或いは文学的で非常にハートフルな作品もある
グリーンマイルアトランティスのこころなど)
なかなか多才な人だと思うんだよ。