白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

誕生日に迎えた試練

本日、僕は31回目の誕生日を迎えた。
いろいろな感慨深さがある。
早いなー、とも思うし、まだ31かよ
と思ったりする。
例えば、芥川龍之介はすでに羅生門を刊行し
文壇の寵児であった。当時の情勢を考えると20代は
すでにベテランの域であったのかもしれない。
一方、現代に目を移すと、安倍晋三総理大臣が国会議員となったのは
39歳、松本清張が小説家としてデビューしたのが42歳であった。
そんなわけで、歴史上の人物や政治家・作家などは
僕の年齢の時何をやっていたのだろうと
調べたりすることが楽しい今日この頃。


さて、そんな僕も社会人としてまだまだだな
と今日ほど痛感したことはない。
仕事で大きなミスをしてしまったのだ。
先方はカンカンになっており
しばらくメールでやり取りしていたものの
らちがあかない。そこで、上司と一緒に謝罪に出かけた。
先方に怒鳴られて一発殴られるくらいは覚悟していたが
そんなことはなく、むしろ「かえって直接来てもらって」
と穏やかな中で無事、双方の落としどころで合意できた。
それまで「後藤さんの代わりになればよかった」と
絶望の中にいたが、恐縮する僕に上司はこう言った。
「ほらな、直接顔合わせればわかるんだよ。
いきなり刺されるわけでもないし」まったくそのとおりであると思った。
誕生日に派手な洗礼を受けてしまったが
同時に一番の勉強をさせてもらった。
こんな誕生日も、悪くはないかな
なんて終わってからなら言える。