白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

本日、陸奥国分寺薬師堂において
男性が首を吊って死亡しているのが近隣住民により
発見された。警察は自殺と見て調べているが
薬師堂では、仁王門の補修と共に発掘調査が行われる予定であり
調査に影響を与えることは必至。
菊地氏は、先週同現場周辺を瓦採集のためぶらぶらしており
ショックを隠しきれない。


きっく人生の十大事件の1つに加わってしまった今回の自殺。
と思われたのだが、薬師堂では、鬱蒼とした場所もあり
白山神社周辺は異様な雰囲気に包まれていたため
そういう事件は珍しいものではない模様なのです。
それにしても、どうしてまたこんな近いところで死を選ぶ人が
いるのでありましょうか。
私も似たような経験があるため、気持ちはわかる。
ただし、死を選ぶのは最もやってはいけないことです。
なぜならば、取り返しがつかないからです。
死について考えるのは無駄です。答えなんて出るわけがない。
とにかく本日のこの事件は、私の心に深い澱となって積み重なっているわけです。
(オカ板で騒がれたくないのですが、どうしてもそうなってしまうのは
仕方が無い)