白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

犠牲者が35人。そのような中でまさかの動き

わが国の犯罪史上において、ワーストとなった

京都アニメーション放火事件。28日、医師による

懸命の治療も空しく、35人目の犠牲者が出てしまった。

ネット上では、有名な監督が亡くなったことを惜しむ声や

逆に無事が確認されたことに胸をなでおろす声が聴かれる。

だが、いかに優秀な監督であろうと、それを支えているのは

スタッフであることを忘れてはいけない。

35人の皆さんは誰一人として欠けてはいけない人材だったのだ。

 

制作現場にスタッフ復帰。ファンからは悲喜交々

 

ところで、その京都アニメーション。実は既に制作を再開していることが

話題となっている*1

海外からは「彼等を尊敬する」「働き者だ」と驚愕する声が見られる一方

「日本はやはりハードだ」「回復にはもっと時間が必要だ」と疑問を呈する声も。

一方「仕事を再開するのは治療にも役立つ」と言う指摘もあった。

実際、何かの作業に没頭することは他のことを考えずに済み

少しずつ仕事に復帰することは、社会の接点を持つ意味で

非常に役立つ。コミュニティーの接点がなくなることが

一番本人にとって良くないことなのである。

 

まさかの予定通り公開作品。そこに込められた意味は…。

 

僕も「さすがに早すぎるんじゃないか」と思わないでもなかった。

2019年9月6日に公開予定の「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝」

についても流石に公開はムリなはずだと思っていた。

だが、まさかの「予定通り公開」が公式からアナウンスされたのである。

これを聞いた時の僕の衝撃といったら、表現方法がわからない。

彼等は命を懸けて作っているんじゃないか。作品に魂を込めているんじゃないか。

そこまでして完成する作品…それが「京アニ」のメッセージのはずだ。

そもそもヴァイオレット・エヴァーガーデンは、人の心や人生といった

メッセージが随所に盛り込まれている。今回の事件へのメッセージを

どこかで感じることができるのかもしれない。

いずれにせよ、事件後初の作品。皆さんに語り掛けるものがきっとあるはずだ。

ぜひ、多くの方に「京アニからのメッセージ」を読み取ってほしいと思う。


『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』特報

2020年1月公開の「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の特報