白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ。やや暖かい。
今日の天気は晴れたり、雨が降ったりの繰り返し。
しかも雨が降る時には土砂降りで
止んだと思ったらかんかん照りなのだ。
天気予報じゃ60%だが、こんな天気ではそのくらいが妥当というもの。


さて、今日は親王殿下が掘っている現場を見学。
まことに丁寧かつ、いいところを見せていただいた。
しかし、まことに残念なことに、表土付近は撹乱が激しいのは
まぁよくあることだとしても
河川による堆積層がひどいということが惜しかった。
つまり、河川による堆積がひどいというのは
昔川だったか、洪水が激しかったということだ。
後者の場合、貴重な遺構が残っていたかもしれないのに
すべて洗い流されてしまったということで
史料的価値はあまりない。
また、そこで出土した遺物も、流入してきた可能性も指摘されておわりだ。
では、どうすればいいかというと
もっと深く掘れば、洪水以前の地層から遺構が出てくれば
洪水は関係ないし、遺物が出てきても史料としちゃ十分だ。
てことで、ハッパをかけておいた。もっと掘ればいい、とね。
いや、でも本当に久々に現場を見た。ありがたいことだ。


その後、Hermit氏と連れ立って
いろいろといった後、きっくのわかりやすい
「北欧の歴史」そして「春秋戦国時代の歴史」を
解説した。これはもっと準備していれば、1講座できるくらい勉強していたので
みっちりとやらせてもらった。
自分でも思うことだが、春秋戦国時代ってどこからが戦国時代とするか
これはまだ曖昧だ。
三晋(趙、韓、魏)とするか、周の滅亡とするか。


帰宅して、ハルヒのパズルに手をつけた俺がバカだった。
1000ピースを甘く見ていた。
正直、まだ3分の1くらいしか出来てないのに
夜中っすよ。
まだ締め切り前とはいえ、原稿書けよ!