白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

光秀がツイ廃に!?「光秀のスマホ」が面白い

「光秀のスマホ」というドラマをご存知だろうか。

NHKで放送中なのだが、その内容がぶっ飛んでいて面白いのだ。

内容は簡単。時代設定は戦国時代、皆スマホ片手に

SNS上でやりとりをするのが普通の世の中というもので

光秀視点からいろいろな武将とやり取りをしている様子を

見る、というもの。


[光秀のスマホ その1] 今川、討たれたってよ | 麒麟がくる じゃないよ | NHK

この光秀、とんでもないツイ廃で、とりあえずエゴサはするし

ツイッター足利義昭織田信長をくっつけようとするなど

とんでもないネット弁慶ぶり。

ツイッターのフォロワー数を秀吉と比べて悦に浸るような

人物設定なのである。

大河ドラマ麒麟がくる」が放送中ということもあり

明智光秀が現代人だったらどうなるだろう、という妄想が実現した形となった。

 

SNSで増える「なりきり」

 

最近、ツイッターでも「なりきり」が増えてきた。

例えば、石田三成がや大谷刑部などの武将が

日々の出来事を戦国時代風につぶやいたりする。

そして関ヶ原の合戦の時には、毎年東軍と戦うのであるが

それがツイッター上で実況されるからまたおもしろい。

www.bcnretail.com

 

果たして西軍が勝つ時は来るのだろうか…。

新資料が見つかって、実は東軍が敗北寸前だった…とかいうなら

新しい展開も期待できそうであるが。

もちろん、これには「中の人」もいるわけで

かなり史料を読み込んだ人でないと、なかなか難しいなりきりである。

この動き、有名な大名に限らず、マイナーな武将もいて

着眼点に驚く。ガチの研究者がやっているのかもしれない。

広いツイッターの海。このなりきりは、もしかしたら

時代や国を超えることがあるのかもしれない。