白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

友達によくマニアックだといわれる。まぁ俺の人生は歴史書と共にあったと申して
過言ではないから、マニアックというか人生そのものの感があるな。
ではなぜ俺が歴史に生きる人間になったか。
それは小学校3年に遡る。その時俺は、普通のどこにでもいる小学生だった。
或る日、テレビを見ているとTBSの金曜メガテレビだか何だかで、沖縄戦の特集を
やっていた。それで初めて人が死ぬということを見た。
そして実感した。どうしてこういうことが起こるんだろう?もし過去に戻れたら
止めることができたのに・・・と。
それ以来、俺は戦争のことを調べつくした。近くに歴史民俗資料館があって
第4連隊の兵舎だから、そこでも色々と学ぶことができたのである。
俺はあまり戦史が実は1番得意だとはいえず、中途半端な知識と興味をもって
考古学の門を叩いたのだった。