白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

狙われる郷土の偉人。断固死守を

米国を中心に、世界中で偉人の像に対する破壊行為が相次いでいる。

発端は、米国において黒人男性が長時間白人警官に喉を押さえつけられ

死亡したというもので、活動家らが「黒人の命は大切」を

スローガンに、世界各地で抗議デモを展開、中にはデモ隊が暴徒化し

店舗への略奪・破壊行為や、一部地域の占拠行為を行っている。

その光景たるや、まさに無法地帯の如しである。

 

現在の価値観で断罪する愚かさ

 

6月7日、英国ブリストルでは奴隷商人であり、政治家・慈善活動家でもあった

エドワード・コルストンの銅像が引き倒され、川に投げ落とされた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3287079

奴隷商人であったことが理由とされ、それによりアフリカ系活動家により

餌食にされたものと見られている。

さらに英国では、第二次世界大戦の英国首相ウインストン・チャーチル

銅像を撤去するべきという運動も展開している。

人種差別主義者だから、というのがその理由だが

植民地を持つ列強は全て行っていたのであり

殆ど全ての政治家が人種差別主義者になるだろう。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200613/k10012469201000.html

 

一方、米国ミネソタ州では先住民族活動家が、探検家として有名な

クリストファー・コロンブス銅像を引き倒した。

米大陸先住民の虐殺を行ったためという。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93651.php

 

さらに、ガーナではインドの政治家・マハトマ・ガンジー銅像が撤去された。

人種差別的な発言を行ったためと複数のメディアは報じている。

偉大な調停者、独立運動家も活動家の手に掛かれば

大罪人なのである。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/post-11454.php

 

先人なくして今の我々はいない

 

実にバカげたことだ、と鼻で笑うのは簡単だが

由々しき事態であるし、許されるべき行為ではない。

そもそも現在の価値観で、当時の所業を断罪することほど

愚かなことはない。ましてや何世紀も前の話である。

全て完璧な聖人君子というものは歴史上存在しないのだ。

現在の基準で物事を測るならば、預言者イエス・キリスト

ユダヤ人に差別的であったし、ムハンマドも戦争主義者といわれても

致し方ない。

もちろんわが国でも、織田信長豊臣秀吉徳川家康

戦争屋であって、民衆を苦しめた独裁者という誹りを逃れられぬであろう。

 

わが国で中世・近世は、下剋上の時代であり、天下取りのためには多くの人が

戦地に赴いた。兵士の中には金で雇われたり、戦利品が目的であったり

中には徴兵されて嫌々行ったものもいたであろう。

しかし、当時はそれが常識だったのである。例え雑兵であっても

大きな手柄を立てれば武将に取り立てられ、うまくすれば領主に

なれるかもしれない。当時の下級武士は「知行取り」つまり領地を持つことが

夢であった。

 

現在では、当然手柄のために戦に出ようなんて考えは起こり得ない。

つまり、現在の価値観を中近世に当てはめることは、現代人のエゴに過ぎないのだ。

それを理解している我々は、決して郷土の偉人の銅像を壊すことはしない。

仙台藩祖・伊達政宗公も多くの人を殺した。彼の生きた時代では当たり前だからである。

しかし、今の仙台の礎を築いたのは政宗公であり、それを顕彰することに

反対など起ころうはずがない。

エドワード・コルストンも奴隷商人であったが、同時にブリストルのまちを

繁栄に導いた偉人ではなかったのか。

愚かな活動家の言いがかりに負けず、郷土の人々は偉人を守るべきだ。

先人がいなければ、私たちの今もなかった。もし、自分の郷土を

誇りに思っているなら、偉人の名誉を汚されることを恥と思うべきである。