白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

「ハートフル・ラビット・ファンミーティング」イベントレポート!!

「ハートフル・ラビット・ファンミーティング」が
3日、大洗町の大洗文化センターで開催された。

同イベントは、アニメ「ガールズ&パンツァー」に登場する
大洗女子学園の1年生5人で構成された、「ウサギさんチーム」を
フィーチャリングしたもの。今回はウサギさんチームのキャラ6人
のうち、戦車長・澤梓役の竹内仁美さん、主砲砲手・山郷あゆみ役
の中里望さん、操縦手・阪口佳里奈役の多田このみさん
通信手・宇津木優季役の山岡ゆりさん、副砲砲手・大野あや役の秋奈さん
が登場した。
司会を務めたのは、バンダイビジュアルの廣岡氏・・・ではなく
カバさんチームの左衛門佐役、井上優佳さんが登場し
会場は大きな歓声に包まれた。


イベントがスタートして早々
竹内さんが水をこぼすというアクシデントも発生したが
それすらも笑いに包まれ、おいしい(?)スタート。
また、秋奈さんが先日誕生日を迎えたということもあり
サプライズでバースデーケーキが登場。
会場全体で誕生日を祝い、実に4個目のケーキだという秋奈さんは
「超嬉しいんですけどー!」と、大野あやの声で応じた。


さらなるサプライズとして、丸山紗希役の小松未可子さんが
ビデオメッセージで登場。
キャストとして声をかけられたのが収録の直前だったこと
紗希が昆布茶が好きという設定に共感したこと
「眠そうな声で」とリクエストされたことなどの「舞台裏」を披露。
「劇場版に丸山ちゃんの台詞があってもなくてもおいしいキャラ。
大勘荘*1と大洗をよろしくお願いします!」と語った。
何でも、紗希の声を収録する時には、なぜか拍手が起こっていたとか。


最初は、ウサギさんチームの他のメンバーがその人のことを
どう思っているかを表した「他己紹介」。その人の第一印象、
その人を一言で表すと、その人を動物で表すと、という3つの
質問が用意され、竹内さんへの第一印象は、「頼れるリーダー」
とリアル澤ちゃんのような答え。
竹内さんを一言で表すと、の問いには「元気なボケ」(中里さん)
「しっかり者」(多田さん)など、高評価。
中里さんの第一印象では、「迷子」(山岡さん)という謎の言葉が。
「最初にあった時、現場の前で迷子になってた」(山岡さん)のだという。
一言で表すと「精神年齢5歳」(秋奈さん)との答えがあり
「さっき円陣を組んでた時、突然中里さんが『ごめん水飲んでくる』って(笑)」
「癒し系だよね」(竹内さん)という天然ボケっぷりが暴露された。
動物で表すと?という問いには「松たか子」という意味不明な答えも。
多田さんの第一印象は、「笑顔がかわいい」(竹内さん)、「ノリツッコミがうまい」
と、これまた高評価。
一言でいうと「元気いっぱい」「女社長」「アネゴ」「リアル佳里奈ちゃん」
と評価が分かれた。
また、動物で表すと、の問いには「小人」という答えが。
「小ちゃいっていう意味かな?」(竹内さん)と思ったら
「こびとずかんのキャラクターが好きっていうだけ」(山岡さん)だった模様。
山岡さんの第一印象は竹内さんが「小っちゃい、細い、匂い嗅がせて」と答え
メンバーが総ツッコミ。竹内さんは「感情が先走ってしまって(笑)」いたそうだ。
収録当時、髪を脱色していたために金髪に
なっており、「ヤンキー」「ギャルっぽい」とのことだが
「話してみるとおもしろい」とのこと。
一言で表すと、「よく食べる」「女子力」のほかに「スタジオの隅っこで座っている」(秋奈さん)
と答え、「ただ単に人見知りだからそこにいるだけなんです」(山岡さん)とのこと。
動物に例えると、の問いには「ネッシー」(多田さん)を挙げ
「謎が多くて、いるかいないかわからない」(多田さん)と言うと
「いるよー!!」とツッコミ。どうやら、今度多田さんは山岡さんの家に
遊びに行くことにしたようである。
秋奈さんは、アフレコに制服で来たというエピソードを踏まえ
第一印象は「JKキター!制服ペロペロ!」(竹内さん)
と、特に竹内さんが興奮した様子で、他のメンバーから
ドン引き驚かれていた。
また、中里さんと仲良しであることも披露され
「どっちかが笑い出すとどっちかが笑い出して止まらなくなる」(井上さん)
ということがあるようだ。
最後に井上さんへのアンケートも取っていたことを発表。
井上さんの第一印象は「低姿勢」(多田さん)、「腰が低い」(山岡さん)という声も聞かれ
「あいさつしてる時土下座してると思うくらい」なのだそうだ。
また一言で言うと「まとめ役」ということで
「わちゃわちゃしている5人をまとめてくれる」(竹内さん)
動物に例えると、の問いには「チーター」(秋奈さん)の答え。
「常に獲物を求めている」(秋奈さん)という。





続いて、ウサギさんチームQ&A。
これは、ある質問に対して最も当てはまると思った
メンバーを挙げるもの。
最初の質問は「モノマネが上手なメンバー」ということで
秋奈さん意外全員秋奈さんを挙げ
何かモノマネを、というリクエストに
「宇津木優季かなあー」と山岡さんのモノマネで応えた。
そのモノマネが山岡さんの声とほぼ同じで
「いつもやってるんですよー」(山岡さん)とのこと。
また、竹内さんはOVAでの台詞「あんこうを追おう」が
女優の仲間由紀恵さんになってしまうというエピソードを披露し
実際にマネして見せ、大喝采。
また、OVAに登場したアンツィオ高校カルパッチョのモノマネも実演した。
あんこう踊りが上手な人は?との問いには、ほぼ全員が
秋奈さんを挙げ、次点についた中里さんと山岡さんと一緒にあんこう踊りの冒頭部分のみを踊ってみせた。


また、ウサギさんチームの成長の軌跡を振り返る
ヒストリートークでは、各話数ごとにウサギさんチームの登場
シーンを抜粋。
「大洗の重戦車キラー」と話題になった11話では
戦闘シーンが放映され、コメントも忘れて見入ってしまうほど。
特典OVA「サバイバル・ウォー」で「スパム!!」のシーンも
印象に残ったそうで、このシーンはモンティ・パイソン
オマージュということもあり、実際にモンティ・パイソン
作品を見てマネをしたというエピソードも。
最初は戦車を捨てて逃げてしまうウサギさんチームの成長に
全員感慨深げだった。



ウサギさんチームミッションでは、3つのミッションをクリアして
500点以上獲得すれば素敵なご褒美がプレゼントされるとあって
5人は俄然やる気に。
最初のジェスチャーリレーでは、120点を獲得し好調な滑り出し。
絵しりとりでは、「するめ」か「するめいか」で迷うシーンもあり
思うように通じなかったため、50点と失速。
バルーンリレーでは、大きな風船を客席の間で往復させるという趣向で
来場者が力を合わせて点が加算されるということもあり
来場者は一致団結。見事2分を切り100点・・・というところが
エロい人・・・もとい偉い人の英断により、200点と相成った。
最後のミッションでは、アニメED曲「EnterEnterMission」のウサギさんチーム
バージョンを盛り上げるというもので、秋奈さんが振り付けを考えたという
かわいらしい踊りと歌で、観客が大盛り上がり。
何と250点が加算された。
そのため、500点をはるかに超える点数となりご褒美が与えられた。
そのご褒美とは・・・なんとラジオパーソナリティ権!!
「本当に、大丈夫ですか?」(竹内さん)
「5人でやるんですか?あっ、聞いてください」(中里さん)
「ラジオ番組・・・大丈夫だよね?・・・大丈夫です」(多田さん)
「個人個人勝手に喋るので大変なお耳になってしまいますが、がんばりますので
よろしくお願いします」(山岡さん)
「大好きなウサギさんチームのメンバーとやれるのはうれしいのでがんばります!」(秋奈さん)
と抱負を語った。ラジオ番組の詳細は公式ホームページで
決まり次第告知されるという。


フィナーレではそれぞれ感想を聞かれ
「ウサギさんチームじゃないんですけれども
 司会として務めさせていただいて楽しかったです」(井上さん)
「皆さん盛り上がってくれて大好きな皆とステージに立てて嬉しかったです。
 家に帰るまでがファンミーティングです、ちゃんと家に帰るんですよー!」(秋奈さん)
「水島監督が泣きそうな顔をしていたので、暖かいメッセージを送ってあげてください。
 大洗もガルパンもよろしくお願いします!」(山岡さん)
「朝から緊張していて…終わってみると、早いね。もう、寂しい!
 不安だったんだけど皆さんが暖かくて、いっぱい元気をもらいました!」(多田さん)
「人生二度目のトークショー*2でこんなに汗をかくとは思いませんでした。
 人前が苦手な私でもガルパンファンのおかげで楽しく過ごせました」(中里さん)
「皆さん暖かいなと思いました。これからもがんばりますので、よろしくお願いします!」(竹内さん)
と語った。特に竹内さんは途中、涙で声がつまってしまいながらも
最後まであいさつを終えた。
締めくくりに、会場全員で「パンツァー・フォー!」の掛け声を行い
およそ800人の来場者からは、いつまでも名残りを惜しむ大きな拍手が送られていた。



正直…メモしすぎて疲れました。
注:竹内仁美さんの「竹」が「武」になっておりました。訂正してお詫び申し上げます。

*1:紗希のパネルが置いてある民宿。「丸山荘」といわれている

*2:1回目は8月30日の茨城空港でのトークショー