白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

ドル換算で考える、課金戦車

やっぱ戦車に乗るのは夜に限る。東南アジアサーバーでは午前0時あたりに
ピークを迎えるが、それでも1万人を超えることはあまりない。
一方、北米サーバーは2万人を超えることもあるらしいので
明らかにサーバー選び失敗したわぁと後悔。
フィリピンとかベトナムプレイヤーなんかとシナプレイヤーをボコボコにできるかと思ったんだが。
戦車に国旗をプリントしているのは、大体フィリピン、タイ、インドネシアが多くて
たまーに日章旗も見かけるな。

上の図は7号戦車Lowe(レーヴェ「ライオン」の意)。1942年に試作されたもので、VK7001Kのコードネームで知られた。
正面装甲120ミリ、105ミリL/70の主砲で、重さが最大で90トンにも上った。
Wotにおいては、課金戦車となっており、12500ゴールド。1ドル=250ゴールドなので
50ドル(1ドル=90円で4500円)で購入することができる。
ちなみに僕は5号戦車M10を1ドル79円の時に購入したから、約1800円(23ドル)で購入できたわけだ。
今考えると、なかなかいい買い物だった。そこそこ強いし、クレジットも多くもらえるしね。

上は、稜線射撃を行うセンチュリオンだかブラックプリンス。
稜線射撃は、狙いやすいという側面、下から狙われまくるというデメリットがある。
なので、上の図は砲塔だけを稜線から出して狙撃しているね。
戦車で一番装甲が厚いのはもちろん前部装甲だが、砲塔も狙われやすいから砲塔もある程度厚い。
それでも当たり所が悪いと、砲塔が破損して照準が合わなくなったり、ダメージを受けることもしばしば。
位置を特定されてしまったら、速やかに移動することも大事だ。
戦車は常に移動することで、弾に当たりにくくなる。遮蔽物を利用するのも効果的だが。