白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

首都圏を中心に分譲マンションなどを手がける創建ホームズ
東証一部上場)が民事再生法適用を東京地裁に申請した。
負債額は366億円で、今日までゼファー、アーバンなど多くの
いわゆる大手がどんどん消えていった。
そして今日も、創建ホームズが市場から消えることが決まった。


創建ホームズは今日まで6連ストップ高
だから、今までホールドしていた株主は
急にどん底に落とされたわけだ。
準大手証券によると
「新興不動産で、潰れない銘柄は割安」とのこと。
その言葉通り、潰れないことが難しいということだ。
これからも、どしどし潰れていくことが予測される。