白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は、晴れ。やや暖かい。
きっく号は先日の大雪のため埋まってしまいました。
私は毎年山形の冬を甘く見て、その度に後悔するわけですから
あまり学習能力がないのかも・・・。
で、昨日のようになってしまうのはとてもいけない。
もう時期も時期です。何回か自殺を図っても生き続ける図太い神経を
もたなくてはならない。それがダメなことだとわかっていても
そうせざるを得ない状況なのです。半分はまぁまぁでいいかもしれないけど
もう半分は必死にならなくてはならぬ。そんな思いで今卒論をやっております。


その前に病院に行ってきましたが
道路のボコボコ具合は最悪の一言でした。山形市は仕事をしているのでしょうか。
除雪車と何回かすれ違ったけど、除雪をしないで、逆に踏み固めていく有様。
バスもそうなのですが、ボコボコ道の原因は大型車のチェーンなのです。
ちょっと頭にきました。
それにしても、ボチボチ山形から撤収準備の一つとして
紹介状を書いてもらうことにしました。病院というのは何というか
特別なコネクションが働いているようで、紹介状を書いてくれというと
「○○病院がいいよ」と言ってくれます。多分病院によって違うんだと
思います。大体この病院も学校から紹介されたわけですし。
私としてはどこもまぁ大差はあるまいと思うわけで、家に近いところの
病院を紹介してもらうことに。


それで仕方なく雪道と格闘すること2時間。
学校へ。やることといったら決まっています。卒論です。
編年の当てはめかたってどうするんだっけーとか、もう終わらないとか
断末魔の叫びがいろいろな人からこぼれます。
私としては、もはや何をやっていいのかわからぬという無限ループ地獄に
突入し、とりあえず文字を増やせば何とかなるかも・・・という
到底研究とはいえぬことをしております。
形式編年の当てはめ方って考古学の基礎中の基礎だったはずなのに
どうやっていいかわかりません。今更先生に聞くわけにもいかないし。
結構ヤバいです。