白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明-が始まった!

劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明-を観てきた。

f:id:kick:20200118031136j:plain

メイドインアビス公式サイトより


メイドインアビスとは、つくしあきひと氏によるコミックが原作。

地下深くに空いた大穴「アビス」。その周囲には探掘家が集まり

まちができていた。

その孤児院で育った元気な女の子「リコ」(CV:富田美優)は

ある時、アビスの淵でロボットの「レグ」(CV:伊瀬茉莉也)と出会う。

そんな時、行方不明となっていたリコの母親「ライザ」(CV:坂本真綾)から

とみられる手紙がリコに届けられる。そこには「アビスの底で待つ」とあった。

リコはレグとアビスの底を目指して冒険を開始。

レグの人並外れた能力と、いろいろな人の助けを得て、深界を行く二人。

途中でリコは猛毒により死にかけるも、フワフワの動物の姿をした

ナナチ(CV:井澤詩織)に救ってもらう。

ナナチは深界からの負荷で人体が変化してしまう「成れ果て」だった。

しかし、ナナチと住んでいるミーティは自我を失い、形すら保てずに不死となっていた。

ナナチはレグの必殺技である「火葬砲」こそがミーティを苦しみから解放する手段と

して、レグの火葬砲をミーティに使い、ナナチを加えた3人の旅が始まった。

 

冒険への憧れを引き出してくれる作品

 

劇場版では、3人の旅が進む描写とともに

ナナチとミーティを成れ果てにした「黎明卿ボンドルド」に出会う。

メイドインアビス」では散々言われることだが

「なぜ命を危険にさらしてまで冒険を続けるのか」という問いについて

「母との約束」「自分が何者か探す」などそれぞれの理由があるわけだが

やはり「未知への憧れ」ではないだろうか。

特に劇場版では、「冒険への憧れ」が顕著に表現されている。

まぶしいほど美しい背景、憧憬を抱かせるBGM、深界に住む

さまざまな生態の恐ろしい生物。全てが調和して、ワクワクさせる作品となっている。

内容が内容だけに、グロいシーンも多いため、残念ながら18禁作品となった。

本当に素晴らしいの一言。冒険への憧れをここまで引き上げてくれる作品はそうそうない。

もちろん、良いことだけではない。トラブルやケガ、仲間割れや他の探掘家との対立など

生々しかったり、怒りを覚えるシーンもある。しかし、それらを克服する方法もまた

なるほど!と思わせるものだ。素直に製作陣に喝采を送りたい。

少しでも未知への興味がある方々には胸を張ってオススメできる、そんな作品だ。


劇場版「メイドインアビス 深き魂の黎明」本予告

起請文とは…実は法律の改正願いだった?

先日、「起請文」について少々調べる必要があって、手元の書籍を当たってみた。

起請文とは、簡単にいうと神仏への約束事を明記した文章を指す。

f:id:kick:20121007145625j:plain

武術を究めることを誓った起請文(江戸後期か、個人蔵)


しかし、そもそもなぜ起請文というのか。天下のwikipediaも詳細は触れてくれない。

神社新報社神道辞典』によれば、起請文の「起請」とは

奈良時代の法律用語で、官庁が法律の改正を願い出ることをいう。

それが平安時代になると寺院の制規をいうようになり

平安時代末期に、「起請祭文」といって神仏へ誓約する形式が完成した。

起請文には二つの段から成っており

前段は「敬白起請文之事」と端書して、確約する内容を書き

後段には神仏名を挙げて違約した場合は罰が下ることを書く。

とはいえ、時代の変化とともにその様式も多様化した。

神道辞典には

 中世以降の社会不安は起請文の要求を盛んならしめ

 その形式も多様となり、神文の神名は確約強化のため増加する傾向と

 なったけれども、信頼性は却って希薄となった。

 とある。

f:id:kick:20121007150530j:plain

神名の数が凄い数になっている起請文の一部(江戸後期、個人蔵)

神々に「盟う」のは古代支那

 

少々ズレるが、同盟など国家や人の間の約束事を「盟う」というが

古代支那春秋時代)の風習で、祭壇で生贄を殺し、その血を互いに飲むことで

盟約が交わされたことを天地神明に宣言したのである。

中原の諸侯が集まって会議が行われる時、その呼びかけ人となった君主が

生贄となる「牛の耳」を取ることから、「牛耳を取る」→「牛耳る」に転化した。

諸侯会議を主催した君主は、最も力があるということで

後世「春秋の五覇」に数えられたりもした。

現在、盟約とは無縁といって良いほど傍若無人中共であるが

古代支那の文化はわが国にも息づいている。

私も、この一年の目標を起請文にしたためて、寺社仏閣に奉納すれば

ちょっとは覚悟も出てくるものだろうか、と考えている今日この頃である。

今年こそ悲願の勝利へ

あっという間に令和2年を迎えた。

つい先日まで平成31年だと言っていたような気がするほど

時が過ぎるのは誠に無常の響きがする。

令和2年は、さまざまな意味で勝負の年といえるだろう。

まずは我が日本第一党では、現在複数の地方選挙への候補者擁立を予定している。

政治団体というものは、そもそも議会において政策を戦わせることが

本筋である。そういう意味では、まずは選挙において有権者から支持を得

議席をいただくことから始めなければならない。

鉄壁とさえ言える既存政党の隙間を縫って、議席を獲得するのは

イデオロギー政党を目指すわが党にとっては極めて高い壁だ。

だが、困難は重々承知。既存政党と戦って勝つことこそ

わが党らしいやり方である。反日左翼に毎日のように叩かれている我々は

困難を恐れない。困難に挑むことは慣れっこである。

消費税増税やIR汚職疑惑によって、現政権はもはや国民の信頼を失った。

我々は国民の怒りに応えなければいけない。

不退転の覚悟で、選挙に、政治に取り組むことをお約束する。

 

米国VSイラン、開戦回避に尽力せよ

 

今一つ、きな臭い話が世界中を賑わせている。

4日、イラク駐留米軍がイランの精鋭部隊のスレイマニ司令官を殺害した。

スレイマニ司令官は最近のイラク駐留米軍への攻撃に関与していたとされ

さらなる攻撃を画策していたという。

イランの最高権威であるハメネイ師は「厳しい報復が待ち受けている」と述べ

武力攻撃の可能性にも言及した。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200103/k10012234571000.html

ネット上では、すわ第三次世界大戦か、という論説が飛び交っている。

冗談ではない、と言いたい。もし米国とイランが戦いとなった場合

原油価格は高騰し、タンカーの護衛のため派遣される自衛隊が戦闘に巻き込まれる

可能性も否定できない。

もちろん、この戦争が長引けば東京オリンピック開催も危うくなる。

さらに、イランと親密な関係である北朝鮮がどう動くかも気になる。

つまり、米イラン両国で戦端が開かれても、わが国は得るものがない。

わが国はタンカーの護衛以外で戦闘すべきではないし、何より

米国の利益のために自衛隊を危険にさらすなんてのは御免蒙りたい。

むしろ安倍晋三首相は和平の仲介を申し出てはどうだろうか。

わが国のイニシアチブのもと、両国の和解を取り持てば

イランにおけるわが国の地位も向上するであろう。

もちろんこれは僕の意見であって、所属する党を代表するものではない。

いずれにせよ、戦争は一回始まると取り返しがつかない。

関係各国は和平への道を模索すべきであろう。

 

人生「図らずも」が多い

僕の周りで最近よく「図らずも」という出来事が起こる。

例えば、以前から少額ではあるが投資をちょこちょこやっていて

前々から目を付けていたのが大塚家具であった。

そう、内紛が起こった上に大赤字を出して、しかもスポンサーが見つからず

崖っぷちの企業である。

僕が見た時、大塚家具の株価は170円程度だったから

単元で買うと2万円もしないで買える。

これは倒産したら悔しいがさほどではなく、化ける時は最高じゃないかと考えていた。

それが何と、つい昨日ヤマダ電機が買収に乗り出したからびっくらこいた。

今や280円。実に100円もの上昇となって、二度びっくりした。

https://diamond.jp/articles/-/223294

 

君忠を貫くことで親孝行もできたサトウハチロー

 

このように、図らずも…ということが世の中にはある。

僕が、「これは凄い」と思ったのが、作詞家のサトウハチロー氏のエピソードである。

サトウ氏は、子どもの時に父親の佐藤紅玉氏に

「君に忠、親に孝」と言われたが

「俺は学校も落第するくらいだからとても二つはできない。どっちかにしてくれ」

と言い返した。そこで紅玉氏は

「一つだけなら君忠だ」ということになったそうである。

つまり、臣民として忠誠を誓うというわけだ。

戦後、サトウ氏は「リンゴの唄」で大ヒット。一躍時の人となる。

昭和24年、仏文学者の辰野隆氏と漫談家徳川夢声氏と3人で

昭和天皇に拝謁し、その時に頂いた恩賜のタバコを紅玉氏に

プレゼントしたのだそうだ。

この時の文章が『文芸春秋で読む戦後70年』に収録されている。

今度煙草を戴いて、それを親父にやったら、すぐに有難がって

神棚に上げましてね、早速一本すって嬉しそうな顔をしてるんですよ。

願下げにしたほうの親に孝も出来た気がしてね

たいへんいい気もちでしたよ。 

 まさかサトウ氏も、陛下に拝謁する機会があるとは思わなかったであろう。

人生このように「図らずも」という事態が多い。

巡り合わせといったり、縁といったり、人それぞれであるが

軸足を置いて、それにまい進すれば、きっと良い巡り合わせが

やってくるであろう。

熱心な人ほど要注意!?「保守疲れ」の怖さ


この菊地も、保守活動を始めて10年となる。

重鎮の方々には「何が10年ごときで」とお叱りをいただくかもしれない。

しかし、この10年本当に暗中模索。頭を捻って様々なことを考え

多くの仲間とともに歩んでこられたと思う。皆さまに改めて御礼を申し上げたい。

 

保守活動の原点「my日本宮城コミュ」

 

ところで、僕も最初から在特会にいたわけではなくて

my日本というSNSでの活動が原点であった。

全国的なSNSであったmy日本は、しかし宮城コミュにおいては

管理人が変わってから、しっかりした体制となり、勉強会や講演会を

広くやって、ご厚意で会場を提供していただいたお寺のご住職には

今でも頭が上がらない(といいつつ選挙の時にもつい甘えてしまうのだが)。

いずれにせよ、my日本宮城は緩いながらも多くの人が情報交換や交流のために

集まるサロンのような場所であった。

 

なぜ熱心な人ほど「フェードアウト」するのか

 

しかし、一生懸命愛国を叫んでいた人が、僕たちの街頭活動に参加していたかと思えば

次第に反応が鈍くなり、1、2カ月もすると全く参加することがなくなることがあった。

これは他の団体でもそうであるらしく、今でも人材には四苦八苦している団体は

少なくない。

それにしても、なぜ先月まで熱心に活動していた人がフェードアウトするのか。

僕たちはその原因を考えていたのだが。

ある時、管理人を務めていたTさんが言い出した。

「保守疲れしているんじゃないか」

それだ、と思った。熱心な人ほどその場は燃える。だから大言壮語もよくある。

その熱心さは、時間が経つにつれてだんだんと冷めていくのである。

有体に言えば「飽きて」しまうんじゃないかという結論に達した。

保守活動は、表に出る部分は少なくて、むしろ準備だの広報だの

手続きだのに時間と労力を使うことが多い。動画で見るエンタメ性と

裏方とのギャップに疲れる、ということもあるのかもしれない。

だからこそ、何年も続いている人はしばらくは大丈夫なのである。

 

長く活動を続けるための「秘訣」(?)

 

僕も人間だ。いつ「保守疲れ」するかわかったもんじゃない。

そこで、自分なりに気を付けていることは

・決して熱くなりすぎない

・街頭活動などには嫌々参加する

・ここぞ!という時は絶対に集中して最後までやる

・自分の時間を大切にする

である。自分の中で燃え上がる場合、できるだけ抑えるようにして

行動する保守運動をいつも辞めたいと漏らしている。

いずれにしても街宣なり講演会が始まればそれに集中するから

問題はないのであるが。

とはいえ、いつもダラダラしていると周りにも影響するし

結局実績もないまま終わってしまう。

f:id:kick:20170923143429j:plain

宮城県本部の女川原発視察の様子。活動に変化をつけるのも有効だ

私たちは公開質問状、抗議文、審査請求、住民監査請求…いろいろなアクションを

起こしてきた。その中には実際に成果に結びついたものもあり

我ながら自慢に思っている。こういう「必ずやるべきこと」には

集中し、自分が納得するまでとことんやるのである。

このように、メリハリをはっきり区別することで

スイッチのオンオフを切り替えることができ、「保守に疲れる」こともなく

これまで歩むことができた。

ただ、政治団体となると違う。選挙もあるし、それに付随する業務もある。

その中でも何とか自分の時間を確保することは気を付けている。

皆さんもよろしければご参考にしていただきたい。

 

討ち入りにも金がかかる!「決算!忠臣蔵」

 

f:id:kick:20191125015136j:plain

忠臣義士本望の図(神奈川県立博物館公式サイトより)


先日、「決算!忠臣蔵」を鑑賞してきた。当日は本当に忙しく

ようやくレイトショーに間に合った。

さて本作は、「忠臣蔵」で知られる浅野内匠頭吉良上野介

江戸城松之廊下で切りつけたことから始まる。

内匠頭は、即日切腹。領国である播磨国赤穂藩5万石は取り潰しとなった。

筆頭家老の大石内蔵助をはじめ、赤穂藩はこの知らせに驚愕するとともに

双方を罰する「喧嘩両成敗」にも関わらず上野介には何のお咎めもないことや

即日切腹は過酷すぎるとして

1、大人しく幕府に城を明け渡す

2、あくまで籠城して幕府に要求を呑ませる

の両論に分かれて激論が繰り広げられた。

大石内蔵助は、城を明け渡し、内匠頭の弟である浅野大学を立て

お家再興を嘆願することとした。

結果は周知のとおり、お家再興がならず、赤穂浪士は吉良邸に討ち入り

「見事な仇討」と江戸の世論を沸かせたのである。

 

笑える忠臣蔵は初めてだ!

 

本作においては、財政面で仇討に至るまでのやりくりを描いている。

赤穂藩は取り潰しになるとはいえ、藩が持つ財産や負債を清算しなければ

いけない。そのため、財産の処理は手許に置くことが許されていた。

藩士は解雇しなければいけないから、一人一人への退職金。

赤穂藩では藩札を発行していたから、その兌換(札を金や銀、銭に替えること)

武具や兵糧、什器に至るまで処分するわけで、そのため勘定方は

赤穂藩がなくなってもそろばんを弾き続けたのである。

本作では、決して悲劇やアクション劇といった時代劇によくある切り口でなく

コメディーとして描いている。

例えば、一人あたりの旅費に36万円かかるということで

赤穂から江戸に向かうシーンで、一人一人に値札がついていたり

大石内蔵助の悪口を言う時にピー音が入ったり

ズっこけたくなるシーンがあったり

随所随所に、中村義洋監督らしい描かれ方がされていた。

殿、利息でござる!」「忍びの国」などであるように

中村監督は、笑いの中で次々に困難を乗り越えていく作品が特徴的だ。

似たような作品では「武士の家計簿」(森田芳光監督)や

のぼうの城」(犬童一心監督)などと比較できるのではないだろうか。

本作では、本当によく笑うことができた。オススメである。

 

お家再興は不可能であったのか?

 

ただ、やはり減封であってもお家再興の道を探る道があったのかもしれない。

赤穂藩広島藩が本家ではあるが、徳川家康の天下取りに大功ある浅野長政の子孫だ。

祖先の功で罪を許された例は福山藩水野家や中津藩小笠原家などがある。

また、仮に取り潰しとなっても「堪忍領」といって当面の領土を

与えられることがある。例えば、山形藩最上家は家中争いで改易となったが

近江に堪忍領を与えられている。

赤穂藩も、バックには本家の広島藩42万石がいたわけで

粘り強く働きかければ、お家再興はなったのではないだろうか。

だがあくまで5万石にこだわるなら、それはムリであろう。

本作では、金勘定のほかにもお家再興に奔走する家臣団の姿も描かれる。

自分が赤穂藩士ならどう動いたか、考えてみるのも一つの楽しみ方であろう。

 


映画『決算!忠臣蔵』特報 11月22日(金)全国ロードショー

天皇陛下御即位記念硬貨、絶賛引換中!

22日、畏くも天皇陛下におかせられては

宮城にて「御即位礼、正殿の儀」を厳かに執り行われ

国の内外に広く、ご即位を闡明遊ばした。

正殿の儀には、約2500人が出席。183カ国から国家元首、首相、閣僚らが

参列した。あいにくの雨模様だったものの、途中から雨も止み

晴れ間がさすと、虹がかかるといった光景を見ることができ

「吉祥だ」とネットで話題となった。

虹は、君主にとって吉祥とされていて、キリスト教などでも神のシンボルとして

貴重な自然現象といわれている。

同じように、虹が雲に映し出される自然現象もまた「彩雲」といい

航空機の名前にもつけられている。

まさに皇祖皇宗も祝福をなされているかのような

実に幸先の良い出来事である。

 

完全に乗り遅れた記念硬貨、銀行にないとすれば…?

 

さて、ご即位の大礼に先立つ18日から、全国の金融機関で

天皇陛下御即位記念貨幣の交換を行っている。

500円硬貨で、一人2枚まで。

実はこれを知ったのは、まさに22日で、まったく出遅れたのであるが

本日、出張で山形にいたものだから

「ネットで広まっているわけでもなし、大丈夫だろう」と甘く考えていた。

すると、山形銀行きらやか銀行荘内銀行など地元の地銀は全滅で

「初日になくなりました」という銀行がほとんどであった。

そこで、当たってみたのが普通銀行以外の金融機関である。

財務省が発表している取扱金融機関は普通銀行以外にも

信用金庫、労働金庫、農協、農林中金などがあるが

信金労金は顧客層を鑑みるにすでにないであろうことが予測されたので

農協、農林中金に当たってみた。

天皇陛下御即位の記念貨幣はまだございますか?」

「はい、ございますよ」

即答である。たまたま出張先が近くだったので

すぐさま農林中金に行き、交換してもらってきた。

農協であったり、農林中金というのは、一般の会社員は普段利用はしないであろう。

なぜならば、こういう機関は漁協などと同じく、特定の業種をメインターゲット

としているからである。従って、店舗を構えていても

銀行のように複数の窓口を持っているわけではない。

だからこそ、一般人は入りにくいわけだが、しかし利用してはいけないという法はない。

こういう機会を利用して、農林中金や農協などの金融商品も見てみると良いと思う。

ともかく、普通銀行ではとっくになくなっている。そんな時に

普段は行かないであろう、こういう特殊な金融機関を当たってみてはどうだろうか。

f:id:kick:20191023165744j:plain

農林中金で綺麗な封筒に入れてくれた

大きさは、天皇陛下御在位30周辺の硬貨と同じくらい。

イカラー・クラッド貨幣で、光沢が素晴らしい。

高御座のデザインも細部まで作り込んであるのがまた良い。

御在位30周年の時と比べると、菊の御紋がいささか小さいのだが

やはり上皇陛下を憚られたものと推察される。

しかし、これは本当に美しいもので、さっそくコインケースを

発注した。きちんと保存して長く綺麗なままで次世代に遺していきたい。

 

なお、取扱い金融機関は以下財務省公式サイト参照の上

電話などにて事前に確認すると確実だ。

https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/emperors_enthronement/20190920.html