白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は晴れ、とても暖かい。
いつのまにか、花粉症情報がなくなってしまっていて
代わりに、紫外線情報が出るようになった。
確かにお肌を気にする女性は大勢おられるであろうことは
予想に難くないが、男にとっちゃ紫外線なんてのは
お、肌が焼けるぜ!的な指標に過ぎないんだよなぁ。
皮膚がんになりやすくなるとかいうているけれども
少しは焼いたっていいんじゃないのか?


今日は、ずっとシュレッダーをかけていた…。
ぜんぜん終わらないんだけど、どういうことなの…
で、急にシュレッダーがウンともスンとも言わなくなった。
あれー?
で、結構機体が熱くなっていた。もしかしてお前、疲れているのか…?
うっせー、さっさとガガガってやれよ!
しかし一回動かなくなったら、もはや死んだフリである。
フリ…だよな?


さて、前述のように皮膚を焼けというてるくせに
俺がやっているのはモンハンというわけで
まったく何をやっているんだかと思いたくもなる。
実は、モンハンでは俺が村クエでナナ・テスカトリクシャルダオラ
討伐することができるようになった!
いやぁ、今まで何度も負けていたんで、諦めかけていたとこだったんだよなー。
ナナを倒せたら、クシャルはザコみたいなもんだよ。
まぁ、クシャルはダメージがぱねえし、ナナと違って攻撃の隙が
本当にブレスの間と、着地の間とかしかないってのが
マジで鬼な感じだが。そこで焦って突撃せずに、一撃離脱戦法でチクチクやれば
すげー楽に倒せる。
そうすると、慣れというか、モーションを読めるから
若干踏み込んでも大丈夫。
ただ奴さん、すぐ逃げるよなぁ。一回逃げるのはいいんだけど
また行くと、また逃げる。これの繰り返しでレアアイテムが入手できん。
25分経つと逃げるから、つまりある程度ダメージが蓄積されている段階で
半分時間が経つまでに倒すべし、こういうわけだな。


またゲームの話で恐縮だが、AOE3をやっていて誠に思うのは
やはり敵が町の中心まで攻めてきたらマズいってことだ。
つまり、ホームで戦うってのは色々な意味で不利だと実感する。
まず、補給が途絶える。ホームで戦うってことはこっちの産業は破壊されているわけで
もちろん生産力が著しく低下する。
アメリカがWW1だのWW2だのに勝った要因は出掛けていって戦ったからってことに
あるのは、一見単純なようでいて、実は要諦を占めているのかもしれないな。
日本はじゃあ何で負けたんだってことになってくると
戦線を広げすぎたという指摘は極めて多いよね。
孫子の兵法にも「確保できない地は占領すべきではない」とあるし
確保する材料は何でもいい。駐留米軍日米安保条約という材料で基地を確保しているし
台湾もそうだったろ?
ところが、台湾の場合、プラスあらゆる整備によって行政の面からも
台湾をあらゆる拠点として確保しようとした。それがうまく行ったから
50年も統治できた。
同様に、後ウマイヤ朝は外来政権にもかかわらずイベリア半島をあんなに長く
統治できたのは、やはりイスラムの文化的な拠点として築き上げることが
できたからだろう。
だから、ナチの占領地なんかは確保できなかった。
ただ降伏させて、親ナチ政権を立てて、ユダヤ人を弾圧するだけだから
確保しようなんてこと自体がバカげたことだ。
同じように、汪兆銘政府もそうだ。日本軍の内政指導でうまくうけばよかったが
優秀なテクノクラートもいないし、都市計画もない。
加えて汪兆銘の軍隊は貧弱すぎて、まったく使い物にならんどころか
脱走まで相次ぐ始末。奪還されるわな、そりゃ。
このように、どうすれば占領地は確保できるかというと
何かに基づいた根拠地とすべきことだ。あと、占領地の開発プラン。