白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日のworld of tanks 2回目

5号戦車M10で初陣を飾る今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
僕は何とか廃人一歩手前で済んでいます。
「これでラストな!」と言い聞かせて、本当に終わることができればまだ戻れると思います。

さて、もし自分の戦車がやられちまったら、きっとリスポーンしてくれる!
なんて甘い考えはこの際捨てるべきだぜ。
上の画像のように、やられた戦車は放置される。
あ、ちなみに僕がやったんじゃありません。多分味方の強い人が一発で…。
強い人といえば、このゲームでは条件を満たすと、勲章が授与されます。
steamとかPS3でよく見る実績解除みたいなもんですね。
マスターバッジなんてのもあって、それを授与されるとハンドル名の脇に表示される。
まぁ…そういうやつに出会ったら、よし、逃げよう!と思うことも勇気の一つだぜ。
ただし、味方にいればこれほど心強いことはないけど。


さて、もちろん僕も何回もボコられてます。
敵を補足できないままやられることもある。
「どっから撃ってきてんの!?」と思って辺りを見回すと
真後ろにいたりするんだけどね。
そうでない時は、敵の自走砲からの砲撃でしたなんてオチ。

味方と仲よく戦死の巻。市街戦では、いかに建物に隠れながら戦うかがカギ。
または、相手の無防備なところに回りこむという手も。
上の図は、味方と後ろから回り込んだのはよかったけど
そこには敵の重戦車が待ち構えていまして…という結末。


いろいろな戦術を建てながら、味方と連携(言葉は通じないけど)
しながら敵を撃破する。これが魅力の一つでしょう。