白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

恐慌の 時代に戻す 株と円 座して為さざる 菅と仙谷

本日、日経平均がついに9000円を割り
終値は121.55円安の8995.14円で取引を終えた。
これは年初来最安値というだけでなく
約1年4カ月ぶりの安値だ。これで、リーマンショック
に逆戻りってわけだ。しかも今回は15年ぶり1ドル83円台
となり、当然政府・日銀が何らかの対処をしないといけない
ところだが、仙谷官房長官曰く「注意して見守りたい」とのこと。
何回その言葉を聴けばいいんだろうか。
いよいよ日本経済のお先真っ暗だ。
モーニングスター社によると、政府の介入がないとわかったため
下値探りが始まる。そしてその下限は8500円だろうとのよし。
まさに同感だ。すでにNYダウも10000ドルを割る勢い。
つまり買い材料はもはやなにもないといわざるを得ない。
当然、そうなってくると、株式市場から外国為替へと資金が流れ
信用力の高い円が買われるわけで、円高に歯止めがかかりそうもない。
一番簡単なのは、政府が介入することを明言することだ。
少なくとも時間稼ぎにはなる。だが、それをしない。
これ以上の無能な内閣はなかなかないんじゃないか?


実は、景気が回復基調にあり、輸出産業が良い風向きに
変わりつつあった。それも中小企業でだ。
こういう企業では、国内よりも海外のほうがマーケットは
多分に広がっていることもあって、なかなか業績も伸ばしつつあった。
ところが、この円高で一番被害を食らうのはこういう中小企業なのだ。
例えば、100円の商品をアメリカに1ドルで輸出するとする。
少し前なら1ドル=120円だったから20円の儲けになる。
しかし、今は84円だから16円の赤字。しかも輸出すればするほど
赤字になるというわけで、輸出産業を中心に倒産も相次いでいるようだ。
なぜ、見ているだけなのか。
この無為無策ぶりに経済界も、民主党に失望していることは間違いない。