白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

Rec2は細かいところを見なけりゃ面白い

「Rec2」を見た。
前編の「Rec」と同じようにホームビデオ風で主観的に
撮影しているため、現場にいるかのような臨場感があるのがウリだ。
2では、前作のまさに続きからスタートする。
今回、またしても捜査部隊が数名程度で中に入るのだが
その目的は、感染症の調査ではなく…。


こういうのは、暗さがミソだよな。
例えば廊下の向こうに誰かいるぞ…。
おい、誰だ!・・・わあああああ!
みたいな。あと暗視撮影とかね。やはり暗闇は恐さを引き立たせるね。
なかなか面白かったです。
ただ、いつも思うんだけど何で数人でいくのよ。
数十名くらいで行けよ。どう考えても生存者いねーだろ。
あと、クソガキどもいらなくないか?そんなシーンより
何であんな事件が発生したかってのを詳しく解説してほしかった。
だってさ、真相があれだとしたら、ぶっちゃけ噛まれただけで感染はしないだろ。