白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

さて、昨日のことも少しまじえて書いてみましょう。
昨日から今日まで、ちょっくら福島まで行ってきました。
しかも飯坂温泉。温泉街とはいえ、あの寂れ具合はなかなかのもの。
仄かなノスタルジーをお届けしてくださることでしょう。
私は、そんなことお構いなく
愛用のダービーハット(初代)を被って地図を頼りに
西原廃寺を探しました。西原廃寺・・・福島県指定文化財になっている割には
全然わからない場所にあります。
礎石の復元は少しだけされていたのですが、私としては
看板をわかりやすくしてほしかった。
お陰で隣町まで行っちゃいましたよ`,、('∀`) '`,、
西原廃寺は天平年間に建立されたお寺です。
案内板によると、「菩提寺」なのではないか、とのこと。
私はその説をまさに疑っているのですがね・・・。
案内板を見ても、軒瓦の出土はあったと明示されている。それが論拠です。
天平年間で瓦葺の建物があったとしたら、それはほぼ官衙遺跡です。
律令政治が崩れ始めて、豪族が力を持つのが9世紀からなので
天平年間で「菩提寺」というのは有り得ない。報告書・・・残ってないのです。
あったとしても、プレミアがついているかも。
報告書ってのは読んでてもまったく面白くも何ともないのに
入手困難となるとプレミアが付くのです。
例えば仙台の『大蓮子窯跡』は3000円ついてます。
まぁ宮城県最古の窯跡ですし、時代は古墳まで遡りますから
研究者が欲しがるのも無理はない。私も未だ入手しておりません。
いやでも、とにかく面白かったですね。集落で集まってお祭りなんかやってたし。
や、飯坂温泉付近でダービーハットを被った妙な男を見かけた人が
いたら、それは私です。


今日は今日で、片岡鶴太郎の美術館に行ってみました。
でも彼の芸術家としての腕をよく知らないので、作品を見ても
あまりその良さが伝わってきませんでした。
何ていうのかな。あまりにも大衆向けされすぎているというか
発想が安易というか。とにかく訴えてくるものがそんなになかったです。
次にガラスの美術館なる場所に行ってみました。
でも中身は書きたくありませんね・・・。
展示品に蛍光t(自主規制
その他いろいろと都合の悪いことがあったので、ここでの出来事は
悪い夢とすることにしました。
いやー、疲れました。やはり我が家が一番ですね。