白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は1919年、支那人どもが反日を呼びかけてデモ行進をした五四運動の日だ。
この反日デモは北京の学生が起こしたもので、その時山東半島は日本領だったが
ドイツからぶんどったもので、支那野郎のものじゃないぞ!
その時中華民国政府は何をしていたか?アヘンを吸っていい気分になっていた!
もちろんイギリス産だ!国内にはアカ野郎がはびこっていたし、しかも
蒋介石反共主義者で後に孫文のやり方に嫌気がさすのだ。
だから、中国大陸は侵略し放題で、イヤッホー!俺達も列強に倣って侵略しまくろう!
ドイツ軍がいる?蹴散らしちまえ!!おっと、イギリス軍と間違えるなよ。あの国を
攻撃したら例外なくお返しがくるからな。アヘン戦争の二の舞はごめんだぜ。
日本政府はそう思っていたのかもしれない。ところが、国民政府の蒋介石共産党
周恩来も日本に留学経験がある、いわゆる「知日派」だった。しかも蒋介石は日本軍に
留学して帰国した後に中央軍官学校の校長に収まるのだ。
ところが気づいてみると、あれ?イギリス軍はどこだ??誰もいなくなっちまった!
いや、いなくなったわけじゃない。イギリスは香港やら上海の良い土地に租界を作って
クーリーを格安で雇ってエンジョイライフしていた!
そんなときに日本は上海事変で危うくボコボコにされかかったり
親日派である張作霖を殺したりした。その首謀者である河本大作大佐を厳罰に処すべ
きだと主張したのは、後の南京攻略総司令官である松井石根大将だった!
後に日本軍は本格的に中国に侵略し始めた。国民政府が目障りになってきたから
始末しちまおうと、こういうわけだ。せっかく満州国を作ってやったのに
恩知らずな連中だよな!国民政府は反共クーデターで共産党員を皆殺しにしようと
画策していたし、とにかく危険な連中であることは間違いない。
こいつらを追い出すために日本軍は首都である南京を攻略した。
国民政府はいちはやく逃亡して、数万の兵士が取り残された。
1937年に南京は陥落したが、陥落時の南京の総人口は20万〜25万であると
マギー師および国際委員会、そして日本軍による報告で明らかとなっている。
あれ?ちょっと待て。中国政府は「30万人が虐殺された」と表明しているぞ?
おかしいな。日本軍は邪魔な支那人を30万人八つ裂きにしたはずだ。
でも当時の人口は20万人〜25万人?人口以上を殺したっていうの?
さらに南京には安全区が設置され、25万人がそこに逃げ込んだ。
そこに攻撃は?なかった!
南京国際委員会のジョン=ラーベは委員会を代表して、このような手紙を
日本軍に出している。

1937年12月14日
南京日本軍司令官殿

 拝啓
 貴軍の砲兵部隊が安全区に攻撃を加えなかったことにたいして感謝申し上げる
とともに、安全区内に居住する中国人一般 市民の保護につき今後の計画を
たてるために貴下と接触をもちたいのであります。
 国際委員会は責任をもって地区内の建物に住民を収容し、
当面 、住民に食を与えるために米と小麦を貯蔵し、
地域内の民警の管理に当たっております。

おいおい、ちょっと待ってくれよ!25万人の支那人が生き残ったってーの?
それじゃまずいんだよ!確かに殺したんだ。そうじゃなきゃ困るんだよ!
しかし残念ながら、ジョン=ラーベの日記に次の記述がある。

黄上校との話し合いは忘れることが出来ない。黄は安全区には大反対だ。
そんな物を作ったら、軍紀が乱れるというのだ。
 「日本に征服された土地は、その土のひとかけらまでわれら中国人
の血を吸う定めなのだ。最後の一人が倒れるまで、防衛せねばならん。
良いですか、あなた方が安全区を設けさえしなかったら、今そこに
逃げ込もうとしている連中を我が兵士たちの役に立てることが
出来たのですぞ!」  
これほどまでに言語道断な台詞があるだろうか。二の句が告げない!
しかもこいつは蒋介石委員長側近の高官と来ている!
ここに残った人は、家族を連れて逃げたくても金がなかったのだ。
おまえら軍人が犯した過ちを、こういう一番気の毒な人民の命で償わ
せようと言うのか!なぜ、金持ちを、約八十万人という恵まれた市民
を逃がしたんだ?

え?ウソ!我が兵士達の役に立てる??どういう意味?
これが蒋介石の側近の言葉?冗談だろ?
因みに陸軍刑法では

第86条
戦地又ハ帝国軍ノ占領地二於テ住民ノ財物ヲ掠奪シタル者ハ1年以
上ノ有期懲役二処ス

前項ノ罪ヲ犯スニ当リ婦女ヲ強姦シタルトキハ無期又ハ7年以上ノ
懲役二処ス

第87条
戦場二於テ戦死者又ハ戦傷病者ノ衣服其ノ他ノ財物ヲ褫奪シタル者
ハ1年以上ノ有期懲役二処ス

第88条
前2条ノ罪ヲ犯ス者人ヲ傷シタルトキハ無期又ハ
7年以上ノ懲役二処シ死二致シタルトキハ死刑又ハ無期懲役二処ス

第88条ノ2
戦地又ハ帝国軍ノ占領地二於テ婦女ヲ強姦シタル者ハ無期又1年以
上ノ懲役二処ス

前項ノ罪ヲ犯ス者人ヲ傷シタルトキハ
無期又3年以上ノ懲役二処シ死二致シタルトキハ
死刑又ハ無期若ハ7年以上ノ懲役二処ス

第89条 
本章ノ未遂罪ハ之ヲ罰ス

となっており、30万人虐殺しようもんなら何人が軍法会議ものだか
しれたものじゃない!
戦争被害を調査したスマイス博士の
『WAR DAMAGE IN THE NANKING AREA December, 1937 to March, 1938』
によると
この資料では南京陥落後の市民死亡者は2400人と記録されており、
日本軍によるものとも中国軍によるものとも記載はない。
さらに『南京事件証拠写真を検証する』によると、証拠写真の大部分が偽証
もしくは誤解であると結論付けた。
犯罪者で、乱暴狼藉を働いたはずの当の日本兵でさえも大部分が
「中隊長命令で天皇陛下の命令だから殺せというのがあった」
しかしその事実はない。当然中隊長命令は存在しない。
しかも、東京裁判南京大虐殺を証言したマギー師は国民政府顧問で
ベイツ師は国民政府情報部顧問だった!
国民政府が南京事件を国際社会に訴えたのは1938年の6月で、南京陥落から
たったの6ヶ月だ。発掘調査報告書だって半年以上はかかるぞ!
では、国民政府軍の損害はどうか?

  • 何応欽上将による戦闘報告書によると国民政府軍の損害は

将校:1638人
下士官以下:31362人
で、日本軍の損害23104人より少し上回る程度だ。これも虐殺とはいえない。

さらに、住民らに対しても、便衣兵と住民とを分ける「良民証」を交付し
物資を供出するなど、非人道的な扱いはなかった。
その証拠の一つに、慈善団体「紅卍会」から感謝状が出されている。

領収書
貯蔵肉 十箱、 砂糖 十箱、 魚 十箱、
大豆油 十箱、 食塩 十箱、 ビスケット 二十箱、
艦長様から右の如く多くの難民救済の食料品を頂戴致しまして
ご恩に誠に感謝致します
平和街世界赤十字会難民収容所
主任 陳 漢森

ふーむ…要するに日本軍は国民政府みたいに住民虐殺もできなかったのか。
情けない!何のために大騒ぎしたのかまったくわからなくなってきた!