白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

第8回大洗町中心商店街歩行者通行量調査

大洗町中心商店街歩行者通行量調査実施日:平成26年11月3日(月・祝日)


気候:晴れ、最高気温20度


時間:13:00〜14:00


場所:割烹旅館肴屋本店前


イベント:商工感謝祭、ハートフル・ラビット・ファンミーティング、大洗女子スタンプラリー道[復刻版] (8月8日〜)、
世界一楽しい片道きっぷ(6月6日〜)、大貫商店街 こそこそ作戦(4月26日〜)
ハートフルラビットファンミーティング記念スタンプラリー(11月1日〜)、大貫地区歴史探訪スタンプラリー(10月3日〜)


歩行者:202人(自転車含む)

今回歩行者通行量調査を実施した肴屋本店は、大洗町役場から北におよそ300メートル
に位置し、中心部商店街を形成する店舗の一つである。
アニメ「ガールズ&パンツァー」では、戦車が激突したとして
一気に知名度が上がり、宿泊者数が大幅にアップしている。


肴屋本店前は、自動車通行量が非常に多いが、まちのにぎわいを指数として表すためには
歩行者通行量の調査が不可欠である。
そこで今回、当社では7回目となる通行量調査を行った。


◯結果
歩行者数は、202人であった。

前回調査(9月調査)と比べ124人の増加となった。
実に9割はガルパンファンの人々であり
前々回調査で見たような家族連れや子供連れはほぼ見かけなかった。
2〜3人程度で移動するグループが多く、5〜6人グループの姿をみられた。


当日は、マリンタワー周辺で商工感謝祭が行われており
数万人の人出でにぎわっていた。そのため、中心部商店街の店舗も
マリンタワーに出張しているところが多く、商店街に回遊する人数が
減少するものとみられていた。
だが、結果をみるとむしろ逆で、商工感謝祭に行った人はまちなかを回遊し
大洗町を満喫している風景が目に映った。
トークイベントが11時から開始と、比較的早めの時間だっただけに
午後は街中周遊に出かける人が多かったようである。


大洗町内の商店街ではガルパンののぼりを立てていたが
最近デザインを一新し、さらにかわいらしい図柄となった。

このように、定期的にまちなかの景観を変えることで
ファンにはもう一度回遊してみようという動機づけにもつながる。
もちろんこれらは無理をしてやっているわけではなく
「金儲けでやろうというのではなく、楽しんでやっています。
中小の個店が多いので、お金もそれほど出せませんからね」(商工会関係者)という。
大洗でしか見られない光景があり、それを楽しんで取り組むこと。
これが大洗のサステナブル地域活性化の秘訣であろう。