白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

弾薬の違いについて

そんな中でも戦車に乗る。
それが僕です。
戦車といえば、昨日きっく号を洗車してピッカピカになったんだけど
今日見てみたら、黄砂であっという間にカサカサになっていた。
おのれ支那人…。

経験値1000台が4人も…。すげえ。
ティーガー2凄く使いやすいんだけど
装填が遅すぎる。一発一発狙いを定めて撃たないと
大きな隙が発生する。装填する時は、当然砲弾を主砲に込めるわけだが
4号戦車の徹甲弾(対戦車砲弾)は5キロほどといわれている。
戦車は陣地制圧用でもあるのだから、陣地を攻撃する際は榴弾を使う。
榴弾は着弾すると広範囲に破片が散らばるため、殺傷能力が高くなる。
だが、徹甲弾は装甲を貫通させるものだから、被害は局所的に留まる。
弾薬を指定するのは車長の仕事でもあり、適切な判断が求められる。