白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日はデイトレーダーだお


カビ除去後のチューケンズタウン2号坑。アリマ建設担当者が視察している。

チューケンズタウンの卵が孵化していたことが報道官により明らかとなった。
孵化した卵は2つで、衛生局の職員が人口の増加に気づいた。
報道官によると孵化したアリは粉をかぶったように灰色をしており
大きさは成人アリとほぼ同じであったため最初は気づかなかったという。
当初は動きが鈍かったものの、今では元気に活動している。
これによりチューケンズタウンの人口は9匹になったものの
カビの除去の際に行方不明になったアリが1匹おり、k察では
行方を捜索している。