白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は、インド洋大津波から1年。
22万人もの犠牲者を出した、あの大惨事です。
私が悲観論者なのか、それとも本当にそういう世の中なのか
何故か最近悲しい事件、事故が多い。
津波では22万人もの命が海に消えたのです。年を越えることができなかった。
この数、更に増える傾向にあります。というのも、あまりに多すぎて
まだ確定できていないからです。
インドネシア赤十字によると、未だ行方不明者が3万7066人。
まだそんなにいるのか、というよりあまりに多くて唖然としてしまうのですが
この場合、例えばどう捜索していいやらという感じで、捜査当局も
八方ふさがり。自然の力とは恐ろしいものです。
これほど大規模だと、注意のしようがないですし。
でも現地では避難経路を示す等の教訓を生かそうと努力をしている地域も。