白雉日報社公式ブログ

日本第一党東北地方の何でも屋さん。

議会開設130周年、国民のための政策を実現せよ

本日は、議会開設130周年を迎え、記念式典が挙行された。

www.shugiin.go.jp


議会開設130年式典ご出席 両陛下と眞子さま

 

畏くも天子様におかれては

明治、大正、昭和、平成、そして令和と

これまで130年の歳月に渡り

議会がわが国における議会政治の確立に努め

国の発展と国民生活の安定向上に力を尽くしてきたことに

深い感慨を覚えます。

現在わが国を含む世界各国は新型コロナウイルス感染症

感染拡大による困難な状況に直面しています。

その中にあって、国内外の諸情勢に思いを致す時

国会が国権の最高機関として、国の繁栄と世界の平和のために

果たすべき責務はますます重要になってきていると思います。

ここに関係する皆さんが、先人の努力を偲ぶとともに

決意を新たにして、国民の信頼と期待に応えることを

切に希望します。

 

とお言葉を述べられた。

明治23年大日本帝国憲法に基づき設立された第一回帝国議会から

実に130周年、一度もその開会を中止したことがなく

貴族院参議院に移るのも極めてスムーズであった。

第一回参議院議員選挙は昭和22年(1947)4月で

同年5月3日に日本国憲法が施行されたわけであるから

スピードのある移行ができたのである。

ちなみに、最初の参議院議員選挙は初回ということもあって

250人全員を最初に選んだ。

地方区においては、定数以上を獲得すれば任期は6年

それ以外は3年となった。

全国区においては、得票数が1~50位までの候補を6年

51~100位の候補を3年としたのである。

(レファレンス協同データベース、東大法・樺島郁夫ゼミ編「参議院の研究」)

 

本当に国民生活のための政策論争

 

現在の議会はどうであろうか。

与党の答弁も真摯ではなく、野党の追及もお粗末極まりない。

国民不在の議論といっても過言ではあるまい。

桜を見る会日本学術会議…国民生活に何の関係があるのか。

今こそ天子様のお言葉を肝に銘じ

国民にとって本当に必要な政策とは何か、それこそ命を懸けて

実現するべきである。非常事態の今はなおさらだ。

困窮する国民を助け、国家経済を再生させ、医療・福祉の現場の声に

応える時ではないか。

議員各位は、本当に国民のための政策論争をしているのか

改めて自らの心に問い直してほしい。