白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

【悲報】俺氏、リアル雪の進軍をする

それは11月11日、世間様はやれポッキーの日だの
台風でフィリピンが大変だのと、大騒ぎしていた時であった。
僕は出張で酒田市に赴いていたのだったが
この日で、度重なる出張は終わるはずだった。
酒田市は周知のように、庄内地方にあるため
仙台からだと月山を越える必要があり3時間はかかる。
朝早くに仙台を出た僕だったが、仙台は特に天気が悪いわけでなく
とても快適に酒田に向かっていた。
月山を越える時、ちょっと天気が悪くなってきていたのが
気になった程度である。
だが、鶴岡市あたりから雨が降り始め、酒田市内に着くころには
雪に変わった。「おー、今シーズン初めての雪だー」と
単純にびっくりする僕。さっそくツイッターで報告したのだが
後で大変なことになるとは予想もしていなかったのである。
昼ごはんを食べながら、風がもの凄く強い状態になったため
「これは早く終わらして帰ったほうがいいな・・・」と決断。
15時くらいには酒田市を後にできた。
これなら、路面が凍結する前に月山は越えられそうだと安心していたが
鶴岡市内から月山に向かう間に雪は激しくなり
気温は0度を記録していた。
道路情報では「夏タイヤ通行不可」と表示されていたが
大抵そういうのはオーバーなもんだと思っていたので
あまり気にしなかったんだが、さらに進むと検問をやっているではないか。
やはり止められて
夏タイヤのようですが、この先行けませんよ」という。

いや、こちとら今日帰らないと困る。
ただ実際、この時点で道が真っ白に。この先はすでに豪雪地帯と
化しているという。
「他に仙台に行く道はありませんか」と聞いたらば
47号であれば、ここほど山ではないけど・・・と言われたので
是非もなし。やむを得ず47号を大回りする道を選んだ。
47号から新庄市に抜け、そこから山形市まで南下したのだが
とにかく雪の降りが尋常じゃない。ほぼ凍結しかかっているといってよかった。
それでも積もってはいなかったので、のろのろではあったが、山形市を抜け
山形道で仙台まで。とはいえ、笹谷もまた雪であってとてもヤバい経験をした。
一瞬ハンドルを取られて、「あ、オワタ」と思いきや突風に煽られただけだったり
路面がてかっているので、アイスバーンかよ・・・と思ったら融けた水だったり
いろいろ生きた心地がしなかった。
命があって良かったよ。何しろ、ノーマルタイヤで雪道を走るなんて初めてだから。