白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

山のてっぺんがようやく見えてきたぞ

今日はくもり、やや冷える。
昨日ほど寒くは感じなかったが
それでも少しずつ寒くなっているのを感じる。


さて、今日はまたしても徹夜だった。
これほどの修羅場は久々。しかもこんなに長いのはね。
大事なのは、時間をうまいこと使うことだ。
ずっと作業をしていると、視野が狭くなったり
疲れて無意識のうちに手を抜いたりしちゃう場合があって
例えば記事を書き上げた時に、すぐ出稿するんではなくて
ワンクッション置かないといかん。
俺の場合、ラーメン食いに行くとかでとりあえず外出していた。
そんで帰ってきてから推敲をしてみる。まぁ、大抵こういう時に
ミスとか見つけたりするわけだけど。
何事もそうだけど、一つのことをやりとげるためには
一つのことだけやっていてはいかんということだね。
とりあえず、一段落ってとこか。来週まで忙しい日々が続きつつ
12月からまた忙しくなるって寸法だな。やれやれ…。
あ、そうそう。空氏に貰ったエスタロンモカ
全部使い果たした。意外と効いた。素敵な援助節物資に感謝する。


また、竹馬の友にして我が師である親王殿下の御子が
ご誕生遊ばした。母子共に健康なりとの由。
これはまさに祝着至極である。我が事のように嬉しい。
それこそ○←これくらいの時から知ってたんだぜ!
なんて言葉を数年もすればいえるんだもんな。
きっと母君のように明るく、父君のように利発に違いない。
大きくなるころには、わが国が世界の中で名誉ある大国の
一つであるように、がんばらないといけない。
名誉ある大国というのは、シナなんかのことじゃないぞ。
国力は大きくなくていい。国民が安心して暮らせる国で
あればいいんだ。