白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

本は素晴らしいよね

おっと、すっかり忘れていたよ。
今日は晴れ、暖かかったねぇ。
最近、過ごしやすい日が続くから
あくびが止まらんとです。


最近、髪伸びたなーと思って
散髪に出かけた。実は、馴染みのところが移転して
若干遠くなったんだけど、まぁ新しい店舗はどないやねん
てことだったのだが
まぁ、素敵。元々床屋なんてのは喫茶店みたいな内装だと
思ってたけど、ラウンジまであるから、お茶できるじゃない?
ってことを言ったら店主が
「実は…酒があるよ」
そちもワルよのう。


サッパリした後は、いざ戦地へ。
某古本屋で、半額セールをやっていたので
行かない手などあろうはずがないのだ。
てわけで、いろいろ買ってきた。
八本松は大体品揃えわかったから、次行こう次。


☆本日の衝動買い☆

証券化のしくみ―見る・読む・わかる (入門の金融)

証券化のしくみ―見る・読む・わかる (入門の金融)

俺も証券化の仕組みはよくわかっているつもりだけども
利回りの計算はとても苦手です。
まぁそれはさておき、用語であるとか、システムやね。
そういう細かいのを図解入りでわかりやすく説明しているのが本書。


基礎から学ぶ不動産投資ビジネス

基礎から学ぶ不動産投資ビジネス

これまた不動産証券化のついての基礎本。
これ何がいいって、デューデリジェンスのやり方まで載ってんの。
日経BPだから、時事も絡ませてあることを気にしなければ
多少古くても、十分読めるよ。


新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

俺もいろいろな孫子本を持っているが、それはほとんどが
ビジネスに生かすとか、孫子の人物像とかっていう
あくまでかいつまんだだけ。これで、まぁ何とか全貌を知ることができればと思うね。


実は、フランスにおける死刑執行人というのは世襲
しかも、社会的な地位が高いってのが特徴だ。
その中でも有名なサンソンにスポットを当てて
当時の処刑方法だとか、執行人の人生について述べたのが本書。



iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)

iPhone 衝撃のビジネスモデル (光文社新書)

最近、ipadの発表会があったけど、アップルはこの不況下で
いろいろと新商品を出してくるね。
それに、スティーブ・ジョブスの発想の力!
アップル、昔はいろいろあったけど、今の経営者に感謝すべきだと思うよ。


ドイツのことばと文化事典 (講談社学術文庫)

ドイツのことばと文化事典 (講談社学術文庫)

ドイツ人の生活から国民性、動植物に至るまで
文化やしきたりについて詳しく載っているのが本書。
ドイツ人を知りたい!ドイツに旅行に行く!
って人は一見の価値アリ。


地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)

地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)

この方は、ニューギニア戦線で大変な苦労をされて、戦後BC級戦犯として
巣鴨プリズンに収容された、大変気の毒な体験をされた方である。
で、それを日記に書きとめたり、回想したりで著したのが本書。
軍人出身の方の本は最近でも「アーロン収容所」「日本海軍のこころ」など
多く出ているが、旧軍人の方々はぜひ自分の体験を書いて出してほしい。
我々若い世代は、あの時代、あの戦争は何だったんだろうって
知りたい人が大勢いるし、俺もその一人だ。
恐くてタコツボに隠れてたってのでもいい。上官を闇討ちしたってのでもいい。
それ自体が立派な記録なのだから、どうか若い人たちにあなたの当時の気持ちを
伝えてほしい。
うちの父方の祖父は、2回入営して支那事変で戦傷を負い、軍曹で兵役を終えた。
写真や勲章、賞状は残っているが、手記の類がない。
孫として、祖父はどんな思いで支那事変に赴いたのだろう。
連隊生活はどんなだったんだろう。そういうことを知りたいと思うのは当然のことだ。
だから今、生きている人に伝えてほしい。