白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

1943年の今日は大東亜会議が開催された日。
東南アジアなどの代表者を招き東京*1で開催しました。

大東亜宣言に調印した。
○各国代表者
日本:東条英機首相
満州国:張景恵総理
フィリピン:ホセ・ラウレル大統領
タイ:ワンワイタヤコーン総理代理
南京政府汪兆銘総理
インド仮政府:チャンドラ・ボース
ビルマ:バー・モウ総理


その中でも、チャンドラ・ボースは、この戦争について
「白人支配からの脱却である」と指摘、実はこの点が問題で
当時、インドシナはフランス、インドネシアはオランダ
フィリピンはアメリカ、インドは英国
という風に、東南アジアは欧米列国に支配されていたので
それらを次々と占領していった日本は、正に解放軍になれたのです。
でも実際、大東亜共栄圏というのは戦争が始まってからの構想で
日本軍が守勢に立たされると、治安維持とかに軍隊を使う余裕がないので
それらを現地人に任せる→独立させる
という考えに至ったのであります。
そういった戦略の誤りがあるとはいえ、戦後に独立運動が盛んになった
ことも考えると、この戦争というのは意味があると思います。

*1:大東亜会館