白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

人生「図らずも」が多い

僕の周りで最近よく「図らずも」という出来事が起こる。

例えば、以前から少額ではあるが投資をちょこちょこやっていて

前々から目を付けていたのが大塚家具であった。

そう、内紛が起こった上に大赤字を出して、しかもスポンサーが見つからず

崖っぷちの企業である。

僕が見た時、大塚家具の株価は170円程度だったから

単元で買うと2万円もしないで買える。

これは倒産したら悔しいがさほどではなく、化ける時は最高じゃないかと考えていた。

それが何と、つい昨日ヤマダ電機が買収に乗り出したからびっくらこいた。

今や280円。実に100円もの上昇となって、二度びっくりした。

https://diamond.jp/articles/-/223294

 

君忠を貫くことで親孝行もできたサトウハチロー

 

このように、図らずも…ということが世の中にはある。

僕が、「これは凄い」と思ったのが、作詞家のサトウハチロー氏のエピソードである。

サトウ氏は、子どもの時に父親の佐藤紅玉氏に

「君に忠、親に孝」と言われたが

「俺は学校も落第するくらいだからとても二つはできない。どっちかにしてくれ」

と言い返した。そこで紅玉氏は

「一つだけなら君忠だ」ということになったそうである。

つまり、臣民として忠誠を誓うというわけだ。

戦後、サトウ氏は「リンゴの唄」で大ヒット。一躍時の人となる。

昭和24年、仏文学者の辰野隆氏と漫談家徳川夢声氏と3人で

昭和天皇に拝謁し、その時に頂いた恩賜のタバコを紅玉氏に

プレゼントしたのだそうだ。

この時の文章が『文芸春秋で読む戦後70年』に収録されている。

今度煙草を戴いて、それを親父にやったら、すぐに有難がって

神棚に上げましてね、早速一本すって嬉しそうな顔をしてるんですよ。

願下げにしたほうの親に孝も出来た気がしてね

たいへんいい気もちでしたよ。 

 まさかサトウ氏も、陛下に拝謁する機会があるとは思わなかったであろう。

人生このように「図らずも」という事態が多い。

巡り合わせといったり、縁といったり、人それぞれであるが

軸足を置いて、それにまい進すれば、きっと良い巡り合わせが

やってくるであろう。