白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

天皇陛下御即位記念硬貨、絶賛引換中!

22日、畏くも天皇陛下におかせられては

宮城にて「御即位礼、正殿の儀」を厳かに執り行われ

国の内外に広く、ご即位を闡明遊ばした。

正殿の儀には、約2500人が出席。183カ国から国家元首、首相、閣僚らが

参列した。あいにくの雨模様だったものの、途中から雨も止み

晴れ間がさすと、虹がかかるといった光景を見ることができ

「吉祥だ」とネットで話題となった。

虹は、君主にとって吉祥とされていて、キリスト教などでも神のシンボルとして

貴重な自然現象といわれている。

同じように、虹が雲に映し出される自然現象もまた「彩雲」といい

航空機の名前にもつけられている。

まさに皇祖皇宗も祝福をなされているかのような

実に幸先の良い出来事である。

 

完全に乗り遅れた記念硬貨、銀行にないとすれば…?

 

さて、ご即位の大礼に先立つ18日から、全国の金融機関で

天皇陛下御即位記念貨幣の交換を行っている。

500円硬貨で、一人2枚まで。

実はこれを知ったのは、まさに22日で、まったく出遅れたのであるが

本日、出張で山形にいたものだから

「ネットで広まっているわけでもなし、大丈夫だろう」と甘く考えていた。

すると、山形銀行きらやか銀行荘内銀行など地元の地銀は全滅で

「初日になくなりました」という銀行がほとんどであった。

そこで、当たってみたのが普通銀行以外の金融機関である。

財務省が発表している取扱金融機関は普通銀行以外にも

信用金庫、労働金庫、農協、農林中金などがあるが

信金労金は顧客層を鑑みるにすでにないであろうことが予測されたので

農協、農林中金に当たってみた。

天皇陛下御即位の記念貨幣はまだございますか?」

「はい、ございますよ」

即答である。たまたま出張先が近くだったので

すぐさま農林中金に行き、交換してもらってきた。

農協であったり、農林中金というのは、一般の会社員は普段利用はしないであろう。

なぜならば、こういう機関は漁協などと同じく、特定の業種をメインターゲット

としているからである。従って、店舗を構えていても

銀行のように複数の窓口を持っているわけではない。

だからこそ、一般人は入りにくいわけだが、しかし利用してはいけないという法はない。

こういう機会を利用して、農林中金や農協などの金融商品も見てみると良いと思う。

ともかく、普通銀行ではとっくになくなっている。そんな時に

普段は行かないであろう、こういう特殊な金融機関を当たってみてはどうだろうか。

f:id:kick:20191023165744j:plain

農林中金で綺麗な封筒に入れてくれた

大きさは、天皇陛下御在位30周辺の硬貨と同じくらい。

イカラー・クラッド貨幣で、光沢が素晴らしい。

高御座のデザインも細部まで作り込んであるのがまた良い。

御在位30周年の時と比べると、菊の御紋がいささか小さいのだが

やはり上皇陛下を憚られたものと推察される。

しかし、これは本当に美しいもので、さっそくコインケースを

発注した。きちんと保存して長く綺麗なままで次世代に遺していきたい。

 

なお、取扱い金融機関は以下財務省公式サイト参照の上

電話などにて事前に確認すると確実だ。

https://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/emperors_enthronement/20190920.html