白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

人の感情の機微を見事に描いた名作!「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という作品が放送中。

世界大戦が終わったとある町に、退役軍人のヴァイオレット・エヴァーガーデン(CV:石川由依

という少女がいた。

戦時中、戦場で兵器として戦ったヴァイオレットは

ほとんどの感情を持たない。

だが、彼女は上官・ギルベルト少佐が最後に残した言葉の意味を

理解できないでいた。

戦後ヴァイオレットは、少佐の伝手で配送業の会社で働き始める。

その会社で代筆業(自動手記人形)と出会い、少佐の残した言葉の意味を

調べるため、自動手記人形となるのだが、感情を持たないヴァイオレットは

次々と困難にぶつかりながらも、少しずつ自分の気持ちに近づいていく…。

 

製作は言わずとしれた京都アニメーション

第一次大戦後の欧州のような世界観で

そこに生きる人々のたくましさや戦争の残したもの

ヴァイオレットを取り巻く人々をとても丁寧に描いている。

ストーリーも、よく練られたものであり、人の気持ちの機微

そのもどかしさをヴァイオレットを通して伝えてくれる。

京都アニメーションには珍しい作風ではあるが、まさに新境地

ぜひ大勢の人に薦めたい作品の一つだ。

 

本編PVはこちら

www.youtube.com