白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

文在寅政権誕生、親北政策なら強硬姿勢を

昨日、朴槿恵前大統領の失職に伴って実施された
大韓民国大統領選挙で「共に民主党」が擁立する文在寅(ムン・ジェイン)氏が
当選、第19代大統領に選出された。
文氏は1953年巨済島生まれ、慶熙大学法学部卒業。
大学在学中には民主化運動に関与し、少なくとも2度の逮捕を経て
卒業後は弁護士となった。
弁護士時代から後に大統領となる廬武鉉氏と盟友関係にあり
民主化運動に取り組んだ。
廬武鉉氏が政界入りしてからは、側近として重用され
大統領秘書室長などを歴任。
09年の同氏死去の際は、葬儀委員長を務めた。
12年の総選挙では民主統合党から出馬、初当選を果たした。
同年12月には大統領選挙に出馬したが、朴槿恵氏に敗れた。
今回、朴槿恵氏が弾劾されたことで大きく支持を獲得し、圧倒的大差で勝利した。

青瓦台に向かう文氏(5月10日付け中央日報


文氏は経歴からもわかるとおりリベラル的なポジションに位置する人物で
親北朝鮮であるということも有名である。
一方対日政策では、竹島への上陸を行ったほか従軍慰安婦問題に関する日韓合意の見直し
朝鮮統治時代の清算について言及するなど、反日的思想を持つ政治家としても知られる。


これに対して、保守派が多く利用するという韓国のネット掲示板「日刊ベスト(略称、イルベ)」では
「日本のビザが出た、お先に行くね」と韓国脱出を仄めかすスレッドが立ち
「おめでとう」「俺も連れていってくれ(泣)」などと羨ましがる声が上がった。
一方、日本では文氏の大統領就任を大きく報じる一方
「どうせ誰がなっても同じ」と冷ややかな反応が大多数だ。
わが国政府も「日韓合意の再交渉はせぬ」と事実上突っぱねた。
確かに、韓国にわが国に対する挑発行為は相変わらずであろう。
しかし、唯一の懸念材料は、対北政策である。
わが国は米国や東南アジア諸国らと連携し、対北朝鮮に対して
圧力を強めることで一致している。ところが、ここで韓国が廬武鉉政権のような
太陽政策」を掲げれば、北朝鮮への国際的な圧力に綻びが生じかねない。
反北的であった朴槿恵政権と違い、文政権が誕生すれば
わが国は米国などを巻き込んで、南に対してもプレッシャーをかける必要性が出てくるだろう。
我々は十分我慢し、譲歩を重ねてきた。それでも足らぬというのならば
逆に強硬姿勢で臨むしかないのではないだろうか。