白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

すごーい!「けもフレ」人気はどこまで行くか

テレビアニメ「けものフレンズ」が最終回を迎え
大きなニュースとなっている。
短文投稿サイト「ツイッター」では企業の公式アカウントが
「すごーい!」「たーのしー!」とけものフレンズのノリで投稿を始め
中には11話がショックで臨時休業してしまう旅館も出現した*1
ニコニコ動画で無料配信されている第1話「さばんなちほー」は再生数が400万を超え
大きな話題となった。


実はこのけものフレンズ、最初から話題に上った作品ではなかった。
KADOKAWAが2016年12月に行った冬アニメの期待度調査では
1位「青の祓魔師 京都不浄王篇
2位「弱虫ペダル NEW GENERATION
3位「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-
4位「この素晴らしい世界に祝福を!2
5位「クズの本懐
6位「亜人ちゃんは語りたい
7位「鬼平
8位「Rewrite (2ndシーズン)」
9位「南鎌倉高校女子自転車部
10位「ACCA13区監察課
であった。
けものフレンズは、ずっと下がって17位である。


また、dアニメストアが1月4日まで実施した
「今期何見る?2017冬アニメ人気投票」でも
1位「この素晴らしい世界に祝福を!2
2位「青の祓魔師 京都不浄王篇
3位「銀魂 新シリーズ」
4位「弱虫ペダル NEW GENERATION
5位「Fate/Grand Order -First Order-
6位「クズの本懐
7位「昭和元禄落語心中助六再び篇〜」
8位「亜人ちゃんは語りたい
9位「SUPER LOVERS 2
10位「Rewrite (2ndシーズン)」
という結果。このアンケートでは、けものフレンズ
何と38位(得票数255)と話題性のかけらすら感じられなかった。


ところが、放送が始まると独特の世界観や声優の演技
そして表向きは子どもだましのような雰囲気
実は奥深い設定が盛り込まれていることなどが話題となり
「IQが溶ける」と一気に人気が加速した。
OPテーマ「ようこそジャパリパークへ」は俳優の星野源さんも好きな曲だと
発覚して話題性を後押し、あっさりCD売り上げ1万枚を突破した。
最終回が放送された28日(火)のツイッタートレンドは、ほぼけものフレンズ関係で
埋め尽くされるほど。今や「国民的アニメ」となったといっても過言ではないだろう。

トレンドが「けもフレ」だらけに


なぜけものフレンズがヒットしたのだろうか。
多くの人が考察をしている。
・「すごーい!」「たーのしー!」といったフレーズ
・思わず深読みしたくなる世界観
(小新井涼氏)


・動物への知的好奇心をあおる仕組み
・ほのぼのに見せかけて退廃した世界
(しらべぇ編集部)


・日本人は疲れているからケモノまで戻らないと癒されない
・「わーい!」「すごーい!」と言っているほうが痛快
山田玲司氏)


どれが正解なのか、断定できる人はまずいないであろう。
それほどまでにこの作品のヒットは「異例中の異例」なのである。
制作会社のヤオヨロズ株式会社(東京都中野区)は
てさぐれ!部活もの」シリーズなどを手掛け
3DCGに定評がある会社であるが、コアなユーザー向けの作品が多く
CDやグッズなどのロット数も実はそれほど用意していなかったようである。
そういうわけで、「ようこそジャパリパークへ」は初週の売り上げはおよそ900枚だったのだが
その背景にはもともとの生産が追いついていなかったという事実があった。
この事情から数週間に渡ってCDは右肩上がりで販売数が上昇することになる。
BDの販売も相当な売れ行き(amazonではエンタテイメント部門1位)だが
公式ガイドブックにBDが附属するというユニークな販売手法を取っているため
映像ソフトとしての扱いにはなっていない。
だが、書籍扱いであるがゆえ単価を抑えることができている。


この「けもフレブーム」放送終了後も勢いは留まるところを知らない。
今後どのような金字塔を打ち立てるのか、目が離せない作品だ。

*1:ニコニコ動画によると「けもフレ11話ショック」といわれている