白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

何じゃこりゃ?変な社名だけど上場している企業10社

WEB上では、さまざまな企業が広告宣伝を行っていることもあり
昔よりは企業の事業や経営状況についての透明化が進んでいるところも多いですね
特に上場している企業なら、なおさらです。
その中で、「この会社は何やってるの!?」と疑いたくなるほど
ユニークな社名の企業も存在しています。
今回は、上場企業の中でもユニークな社名をご紹介したいと思います。


1、みんなのウェディング
一昔前「みんなの党」なんてのがありましたが
それに似たような名前なのが、株式会社みんなのウェディング(東京都、石渡進介社長)。
結婚式選びのウェブサービスを展開している企業で
2010年設立と若い会社ながらも、14年3月に東証マザーズに上場。
レシピアプリで人気のクックパッドの子会社という一面も。


2、いい生活
何とも直球な社名。
「ええ会社名ないかなあ、せや!」というノリが垣間見えます。
この株式会社いい生活(東京都、中村清高社長)は
不動産業者向けのクラウドサービスを提供しています。
いい生活を送るために必須である衣食住のうち
住の部分をカバーしているわけです。
設立は2000年と、16年を超える企業。
06年に東証マザーズに上場し、NTTなどと社会実験を行うなど
常に先を見据えた技術開発に取り組んでいます。


3、駅探
略し過ぎじゃないですかねえ・・・というツッコミが入りそう。
そんな株式会社駅探(東京都、中村太郎社長)はその名の通り
駅経路情報サービスを提供している企業。
もともとは東芝の一部門「駅前探索倶楽部」として発足したのが始まり。
03年に東芝から独立後、サービス利用者を拡大させ
11年3月に東証マザーズに上場しました。
JTBと提携してのインバウンド向けサービスなど、幅広いチャレンジも行っているようです。


4、夢展望
企業名に夢とかつくと、一気に胡散臭くなるのですが
この夢展望株式会社(大阪府池田市、岡隆宏社長)は衣料品などをネット販売している
きちんとした小売業です。設立は1998年と意外にも古く
東証マザーズへの上場は2013年と、15年かけて成長してきた企業。
ただ、15年3月には健康コーポレーションの子会社となってしまいました。


5、じげん
次元?時限?慈眼?・・・何とも検討がつかない社名。
株式会社じげん(東京都、平尾丈社長)です。
なぜじげん?というと、同社が掲げる企業理念「次元を超えろ!」に由来しているようです。
さまざまなインターネットサービスを展開しており
自由な社内制度で、社員の活躍をアシストしていることから
「働きがいのある会社ランキング」でトップなのだとか。
子会社にも株式会社にじげん、株式会社よじげん証券などがあり
常識にとらわれない発想で成長が期待されます。


6、ダブルスタンダード
矛盾していることを指すので、何かとネガティブな面で見られがちな言葉。
それを社名にしちゃったのが、株式会社ダブルスタンダード(東京都、清水康裕代表取締役)。
清水代表取締役のメッセージには「皆さまにとって、当社ダブルスタンダードが誇り高き
価値創造企業であることを目指してまいります。」とありますが
どことなく不安な感じ。
なぜダブルスタンダードなのか?という点は公式サイトには載っていないものの
同社がビッグデータを活用した企業支援カンパニーであることにヒントがあるようです。


7、はてな
「?」のことですね、ロゴも?を表しています。
弊社ブログも、株式会社はてな京都府京都市、栗栖義臣社長)のはてなダイアリー
使用していますが、同社は04年2月に設立。人力検索サイト「はてな」だけではなく
はてなダイアリー」、「はてなフォトライフ」、「はてなキーワード」など
分野に応じたブログサービスを展開しています。
同社では、毎日社員の席替えを行い、常に新鮮な気分で仕事をするように
しているのだとか。柔軟な発想を持つ同社が次にどんな仕掛けをしてくれるのか
はてなプラチナ市民としては楽しみです。


8、いちごグループホールディングス
はいはい、ストロベリーコーンズね。
と思った?残念!不動産会社ですよ!
ちなみに、ストロベリーコーンズを運営するのは「いちごホールディングス」。
2000年設立のいちごグループホールディングス株式会社(東京都、長谷川拓磨社長)は
不動産業の中でも、REIT不動産投資信託)など流動化事業を行っており
「流動化事業の先駆者」として有名。03年には東証一部に上場を果たしています。
それじゃー何でいちごなの?という疑問は当然出てくるはず。
実は、果物のイチゴとは関係なく、「一期一会」から取っているのだとか。
人との出会いを大切に、という同社の理念が社名に込められているわけですね。


9、ココカラファイン
いつもここから」という芸人コンビがいましたが
もしかして・・・?と思ってしまう社名です。
そんな株式会社ココカラファイン横浜市、塚本厚志社長)はドラッグストアチェーン。
関東の「セイジョー」と関西の「セガミ」などが経営統合して08年に誕生した企業です。
社名については、社長メッセージにあるように「ココロとカラダを元気にする」ところからの文字りのよう。
いつもここから」とは関係がないようです。


10、夢の街創造委員会
NPO団体とか、TMOにこういうのがありそうですが、れっきとした上場企業です。
夢の街創造委員会株式会社(大阪府大阪市、中村利江社長)は、宅配・デリバリーの
専門サイト「出前館」を運営しています。
直接まちづくりなどを行っているわけではないようです。
最近ではLINEとの提携を行っているなど
さまざまなアプローチを展開しています。


変わった社名の会社は、どうやら社風もユニークのようです。
「名は体を表す」とは言いますが、そのとおりですね!