白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

ついにやってきた!花粉症シーズン

花粉症の季節がやってきた。戦々恐々としている方もいらっしゃるであろう。
そもそも、花粉症とは杉などの花粉が鼻や目の粘膜に付着し
それを排出しようと、鼻水や涙などを分泌させることで発症するアレルギー症状である。
くしゃみで体外に排出しようとしたり、鼻づまりで花粉の侵入を阻止しようとするわけだが
それが生活をする上で苦痛を伴うのである。
症状に関しては付着する花粉の量が関係しているため、花粉の飛散が少なければ
発症する人は必然的に下がる。
国内での発症者数は実に3300万人*1に上る。
既に関東地方はシーズン入りしており、東北地方も3月初旬にシーズン入りする。
ピークは4月までであり、この一カ月が花粉症との戦いで正念場といえそうだ。


そのため、大流行の前に予防をしておくことが重要となる。
・服装(静電気をとる、帽子やメガネ、マスクなどをする)
・体質改善(発症する前から花粉症の薬を飲んでおくこと)
・食生活の工夫(ヨーグルトやトマト、チョコレートには花粉症を予防するポリフェノールリコピンなどが
        含まれている)
・予防注射(ただし、すぐに効果が出るわけではないようである)
例え発症した後でも、空気をキレイに保つことで
症状が緩和される。対症療法だが、症状を抑える抗ヒスタミン剤などで
ある程度は効果が実感できるだろう。


不肖、菊地も花粉症には毎年悩まされているが
今年のシーズンは何とか軽微な症状で収めたいものである。

*1:第一三共株式会社による