白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

【ガラ壊】「驚異的なビジュアル!」ガラスの花と壊す世界に対する海外の反応

ガラスの花と壊す世界」が公開中ですが
何と海外のアニメファンが早々とプロジェクトに気づいていたようです。
アニメファン掲示板animesukiからコメントを拾っていきたいと思います。
スレが立ったのは2015年1月30日、プロジェクトが始動した日から
スタートしています。
(現在はクランチロールで公式配信されています)


不明
・謎の新作アニメプロジェクトが立ち上がったらしい。
ウェブサイトではまだカウントダウンだけなんだけど
キャッチフレーズは「世界の復元が・・・ハジマル」というものだ。
登録者名を調べたら、ポニーキャニオンになっていた。
しかし、映画なのかOVAなのかはまだわからない。


不明
・とても興味深いな。多分、映画かOVAなんだろうけど、テレビ放映されることを期待しているよ。
それではまた来週。


不明
・↑テレビシリーズだと思う。夏アニメだとうれしいな
(春アニメではプラスチックメモリーズと電波教師があるから、視聴する時間がないんだ)
それに公式ツイッターアカウントもスタートしているようだね。


フランス
テレビ放映のアニメプロジェクトのように見えるね。
概要を読んだけど、おもしろい設定と信じられないほどのアートワークだ。
SFファンタジーとしてうまくいくと思うよ。
1:ツイッターアカウントを読んだが、残念なことに映画になりそうだ。まだ期待はしているけどね。
2:タイトルは「ガラスの花と壊す世界」というらしい。


不明
公式に映画だって言ってたのか?


不明
映画だって確定情報?
それなら、このスレは移動する必要があるな。


不明
2ちゃんねるによると、この作品はポニーキャニオンアニメ化大賞を受賞した
Physics Pointによる「D.backup」という作品の劇場版のようだ。


不明
・↑そのとおりだ。他には、キャラデザがカントクだということくらいだな。


不明
・↑情報サンクス。カントクか、どんなアニメになるんだろう。


不明
・その女の子はめんま*1とソード・アートオンラインの
ロリ妖精を掛けた感じだね。ただ僕はカントクのファンじゃないんだ。彼のキャラクターは
ロリを性的に描くからね。


不明
・カントクがキャラデザだって?興味がそそられるな。


不明
・再起動した企画なのか。 Guardian Enzoよ喜べ*2


オーストラリア
・ポスターの女の子が萌えキャラになるのか疑わしい。


不明
・ディザーがきたぞ


不明
・キャラクターが明らかになったし、公式サイトも新しいバージョンになったな。


不明
・キャスト
リモ:花守ゆみり
デュアル:種田梨沙
ドロシー:佐倉綾音


不明
ポニーキャニオンが2016年1月9日に日本で上映開始することを発表した。
もともとは今年中に上映開始する予定だったそうだ。延期の理由はわからない。


不明
・新しいPVもきたね


オーストラリア
・少しずつ情報が明らかになっていくね。まどか☆マギカのように
「かわいい女の子が世界を救う」もののようだ。


不明
・公式英語字幕付きPVがアメリカではブロックされている。素晴らしい。
ポニーキャニオンが無能なのか、youtubeのクソッタレな外人フィルタのせいだね。


不明
・2番目の理由だろう。


不明
・以前、これをアニメ・フェスティバル・アジアで見たことがある。
マトリックス」と「結城友奈は勇者である」と「新世界より」と「まどか☆マギカ」を
ミックスしたような感じだったよ。
エンディング曲はTrident*3みたいで良かったよ。


不明
・↑君と同じようにアニメ・フェスティバル・アジアで見たけど
まどマギと「バルドスカイ」をミックスしたようなものだと思ったよw


不明
クランチロールで1月に放送開始!


不明
・↑それは実に素晴らしいニュースだ!


不明
・俺の意見では、不思議な映画だな。
フィクション世界での技術と専門用語が実に興味深い。
リモはめんまに似ているし、アニメのクオリティーは良かったよ。
3人の女の子の冒険もテーマソングも楽しかった。
それに、テーマがウィルスとアンチウィルス、世界の創造と絶滅を意味していることに
混乱を感じるとしても、テレビで放送するのに適していると思った。
より理解するためにもう一度見ることにするよ。


不明
俺は長いことカントクファンをしているし、部屋もカントクのキャラだらけだ。
なのでバイアスがかかっているとは思うけど、長所と短所を挙げてみるよ。
長所
・曲が素敵だ。特に「不完全な」ピアノの曲が好きになった。
・キャラクターは予想通りかわいい!ファッションも多様だし、作品を通じて
自分たちの服や髪型を変えるんだ。
・驚異的なビジュアル!美しい風景が好きな人は、失望することはないだろうね。
・声優の演技は息を飲むほどではないが素晴らしかった。だけどこれは驚くべきことじゃないだろう。
佐倉綾音種田梨沙そして茅野愛衣が出演しているんだからね。
花守ゆみりはそれほど有名ではないけど、「神のみぞ知るセカイ」で東山奈央が有名になったように
彼女も成長することを願ってるよ。

短所
・この物語はすでに何かの作品になっているような気がする。
・物語が最後まで不可解だった。もう少しうまく処理できたような気がする。
オーケー、話を移ろう。これはマトリックスのようなもので期待以上の美しさに焦点を当ててくれた。
仮想現実は「結城友奈は勇者である」を思い出した。
エンディングは期待には届かなかったな。見終わってしばらく「何だったんだ?」と思っていた。
デュアルとドロシーの言葉が2人の大人に届くように
続編を待つよ。


不明
・俺のように混乱している人に「かわいい女の子がかわいいプログラムをする」*4と主張してみよう。
重要:あやねるの仕事は春まで0(テレビのみ)


米国
・俺がわからないのは、何でこの世界では管理者が人間を危険な種だってアホな間違いをしたかだな。
みんなそういうのが好きだってわかっているけど、あり得ないだろ。
スーパープログラムが人間をそう決めつける物語を見飽きてるんだ。


不明
・我々は確かに最も危険だけどなw
映画を見たけど、見終わって泣いてしまったよ。
デュアルは最高の女の子だ!


フランス
・この映画は本当に好きだ。ビジュアルは豪華だしストーリーも興味深かった。それに女の子たちもかわいかったしね。
それに全てを理解することは複雑じゃなかった。
リモは必要なことを全て説明してくれたね。
エンディングに期待したけど、とても悲しかった。

*1:「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」の主人公

*2:日本在住の有名なブロガーのようです

*3:「蒼き鋼のアルペジオ」のユニット

*4:海外の掲示板では「かわいい女の子がかわいいことをする」と書くことでかわいさを強調します。