白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

横須賀聖地巡礼とガルパンオーケストラに行ってきたよ!

不肖菊地氏、大人気ブラウザゲーム艦隊これくしょん-艦これ-」の
聖地巡礼に行ってまいりました!
もちろん、今回は艦これに因んで、白露型駆逐艦「夕立」さんにお越しいただきました!

夕立さんはとても楽しみみたいですね!
新幹線は朝6時に出発です。凄く眠かったんで
途中で寝落ちしていました。
何しろ、一番前の座席は広々としているもんで。


実は今日の同行者はもう一人いるのです。
M提督さんです。仙台東部水交社というグループをつくって
艦これだのガルパンだのの話をしています。
今回は横須賀めぐりというのも目的なのですが…。
実のところメーンは「ガールズ&パンツァー」オーケストラコンサートだったりします。
せっかく軍港都市に来たんだし…というわけ。

M提督とは横浜で合流して、横須賀に向かいました。
実は東京駅から横須賀線一本でいけたという事実を
後で知ったわけですが…逗子に行ったりしていました。
横須賀はすぐ目の前が海なので、電車の中からも護衛艦を見ることができます。


司令部には「DDHいずも」が停泊していて
凄まじくテンションが上がる二人。
あれはどう見ても空母?いえ、どこを見ても護衛艦ですが。

いずもま…いずも?聞いたことない娘っぽい…?
実はこの奥には「DDやまぎり」が停泊していまして
護衛艦はおっきいね。特にDDHは。
DDHは「ヘリコプター護衛艦」の略でして、空母ではないのです。ええ。



ヴェルニー公園に来たので、記念撮影です。
おや、隣に魚雷発射管の山が見えるのですが?
M提督は重雷装巡洋艦「北上」さんのねんどろを持ってきていました。
ヴェルニー公園の名前のもととなったフランスの技術者レオンス・ヴェルニーは
横須賀軍港の施設を建造する際、その指導にあたった人物なのです!



長門さん、お久しぶりっぽい。
「艦これ」ではあまり接点のないお二人。
それもそのはず、長門さんは対米戦が始まっても本土で過ごすことが多かったのに対し
夕立は開戦後すぐに東南アジアで戦闘を行っていたからね。
しかたないね。



日本海の悪夢、見せてあげる!
というわけで記念艦三笠にやってきました。
三笠といえばご存知、日露戦争の際の連合艦隊旗艦であります。
日本海海戦ではバルト海からはるばる遠征してきたバルチック艦隊フルボッコにして
海戦史上稀に見る大勝利だったのは有名ですね。
この海戦には、加藤友三郎鈴木貫太郎と、後に首相になる人が2人戦っていたので
もしこの海戦に負けていたら、わが国の歴史は大きく変わっていたかもしれません。
日露戦争後は記念艦として保存されていましたが、大東亜戦争のごたごたで
風雨にさらされたまま放置されていました。
米海軍のニミッツ提督はその惨状を見かねて、山梨勝之進大将と一緒に
三笠の保全を呼び掛けたのが始まりです。かなり改装されているのですが
当時の雰囲気を味わいたいならぴったり。



天気晴朗なれども波高いっぽい?
この電信機、きちんとトンツーの音が出るのです。
こういう道具や砲弾なんかは実物に近いものが展示されていて
このように体験することもできます。
中は意外と広くて、海風が気持ち良いです。



装填用意っぽい!
今みたいに、自動装填機なんてないので手作業です。
実は高松宮宣仁殿下が海軍兵学校ご在籍時に
装填の練習をなさっていらっしゃる写真があります。



素敵なパーティー始めましょう!
海軍カレーかと思いきや、港近くにある普通のカレー屋さんです。
僕はチキンカツカレーをいただきました。
マイルドでそれほど辛いこともなく、コクのあるカレーでした。
タクシーの運転手は「地元の人間は食べないですよ」と言ってたけど
そこはもっとセールスしていこう!?



ガルパンのコンサートに参加しまして、外に出たらもう夕方。
夕焼けの横須賀軍港です。雨が降ったら夕立というわけで
まあネタにはできたんですが、晴れるにこしたことはありませんよと。
ここから仙台に戻らないといけません。サイアクの気分です。
横須賀は新しいものだらけで、興奮しっぱなし。テンションが上がりすぎて
すごく落ち着いているように見えたかもしれないっぽい?



新幹線に乗ってしまえば後は一本です。
そんなわけでM提督と乾杯していました。
途中からガルパンを見ようということになったのですが
あっさり二人とも寝落ちしていました。
横須賀では、陸海の素晴らしいコラボを満喫することができました。
日帰りするには、いささか遠いかもしれませんね。
ぽいぽいさんもお疲れさまでした!