白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」舞台挨拶レポート!

「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」の舞台挨拶が
4日、MOVIX仙台(仙台市太白区)の午前9時上映後に行われた。
登場したのは、タカオ役の沼倉愛美さん、ヒュウガ役の藤田咲さん、ミョウコウ役の福原綾香さん
ナチ役で仙台市出身の佐藤聡美さん。


福原さんと佐藤さんは、「霧の生徒会」の役ということもあり、制服を着ての登場。
自己紹介では「私の活躍、その目に焼き付けたかしら?」とタカオ声でアピールした沼倉さんは
感想を聞かれると、「2年間、これまで長く歩んでこられるとは思っていませんでした。
Trident(同作品内のユニット)としても、活動が大きくなるとは思いませんでした」と
驚いた様子。
タカオについては「いろんな面を持っていて、かっこいいと思いきや
お笑い担当だったりします。cadenzaではかっこよかったかな」と振り返った。
劇中で登場する、タカオのある武器が沼倉さんはあまり気に入らなかったらしく
藤田さんは「かっこいいよー!」と主張。
会場に決をとったところ、圧倒的に「かっこいい」が多かった。
「タカオ派は少数なの!?」と沼倉さんはショック。


藤田さんは、「ヒュウガは初登場で一言しかなかったのですが、次の話数からド変態ぶりを発揮しました(笑)
一応ブレーンとして、愛情の深い部分があったり、タカオをたしなめたりする部分があります。
物語ではとても良い役どころでした」と感慨深げ。
cadenzaの感想としては「いろんな絆や立場を考えさせられました。見終わった後もずっと考えてました」と語った。


また、福原さんは「ミョウコウはクールビューティーで、技がかっこいいですね。眼帯もかっこいい。
敵側だけど、迷いがあったりするのかなと思いながら演じました。これからも想像を膨らませていけるキャラです」
と解説。
ミョウコウは眼帯をしているということもあって、「アルペジオ界の独眼竜」という二つ名がついたが
仙台出身の佐藤さんも伊達政宗にあやかって「声優界の独眼竜」と命名されてしまった模様だ。


そこで声を上げたのが藤田さんである。
「キャラデザで思い出したんだけど!」と名乗りを上げると
「色紙(劇場で配られるキャラクターの書き下ろし色紙)にヒュウガがいないの!」と猛抗議(?)
司会を務めるフライングドッグの南氏が「キャラデの森田*1が…」と
弁明するはめに。


佐藤さんはナチについて「ビジュアルを見て、おっとりお姉さんだと思っていたら
台本を見たら歯に衣着せぬタイプで。ペースを保ちつつ声の温度感を冷たくすれば
敵らしくなると思って演じました。温度感を意識した、役者として新しい境地のキャラでした」と
とても細かく観察しているようだった。
またナチが劇中で正座していることにも言及し、「ツイッターで『ナチに膝枕したい』という声があって(笑)」
と、新しいナチの魅力も。
また「CGということもあって、よく動くんですよ」
というと、すかさず藤田さんが「サンジゲンがつくってるしね!(ドヤァ」と絶妙な合いの手を入れてくれた。


特にこだわりがあったシーンとしては
ナチのスカートが濡れて絞るシーンは音響監督がこだわっていたとのことで
「こだわるの、そこ!?」とびっくりしたそうだ。
ぜひ、スカートを絞るシーンは傾聴してもらいたい。


最後に、沼倉さんは「シロバコ*2も見たんですけど
ちゃんとしたスクリーンで見て、エンディングの意味を知りました。エンディングの歌が流れて
反すうすると、タカオをやれてよかったと思います」と最後は声を詰まらせながら話した。


藤田さんは「2年間やってきて、cadenzaでようやく一つのお話になりました。
その気持ちを皆さんと共有できて良かったです。あと、ずんだシェイクおいしかった!」
と元気に語った。


福原さんは「あったかい人がつくっている作品です。アフレコのドラマCDも楽しくて、楽しいことばかり。
アルペジオのメンバーに加われて、こんなにたくさんのものを受け取れてよかったです」と振り返った。


佐藤さんは「正直、どう思われるか怖かったのですが、とにかく動きが細かい。ボールド*3
仕草、表情で存在しているのがわかるので、これほど気合が入っている作品ならがんばらないわけにはいけないと
思いました。みんなでファミリーになれました」と締めくくってくれた。


佐藤さんが地元ということもあり
その部分に焦点が当てられた感じだが、藤田さんも話を広げるのがうまく
佐藤さんは主に演技の面で掘り下げた話をしてくれた。
およそ400人のファンからは大きな拍手が送られていたが
その大部分は宮城県内。筆者も「意外とアルペジオファンが多いんやな」と
驚きいった次第である。

*1:キャラクターデザインの森田和明

*2:作品が完成した時に制作側が見るテープのこと

*3:役名が記された四角の印