白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。
本年も引き続き白雉日報をお引き立てのほど
何卒、よろしくお願いいたします。
恐れ多くも、天皇皇后両陛下におかせられましては
新年をお迎え遊ばすにあたり、ご感想を述べられました。

昨年は大雪や大雨,さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ,家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。


また,東日本大震災からは4度目の冬になり,放射能汚染により,かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や
仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。
昨今の状況を思う時,それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ,地域を守っていくことが,いかに重要かということを感じています。


本年は終戦から70年という節目の年に当たります。
多くの人々が亡くなった戦争でした。
各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。
この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び
今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。


この1年が,我が国の人々,そして世界の人々にとり,幸せな年となることを心より祈ります。


お言葉にありますとおり、終戦から70年の節目を迎えます。
支那戦線では、昭和天皇があくまで平和愛好の精神をお持ち遊ばし
内閣は戦線不拡大の方針を持っておりましたが
大御心に沿えず、多くの将兵や民間人が斃れていきました。
この反省を踏まえ、国づくりを行うことが重要です。
支那には何百隻もの漁船による不法操業を許し、排他的経済水域では
幾たびも人民解放軍の侵入が行われました。
さらに韓国は未だ竹島を不法占拠中、対馬の領有権さえ主張しております。
わが国はこれらに対処するだけの十分な人員、兵器を持っておりません。
一刻も早く、わが国土・国民を守るための足かせとなっている憲法9条改正を
行う必要があります。
「海のマジノ線」を構築することにより、不要な流血を防ぐことができると信じます。
わが国の社稷を安泰ならしめんがために、当社もより一層の忠勤に励む所存です。