白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

大荒れの在特会・橋下会談、大反響

在日特権を許さない市民の会桜井誠会長、略称・在特会)と
橋下徹大阪市長との意見交換会が20日、大阪市役所で行われた。
会場に早めに到着した桜井会長は、居並ぶ報道陣に向けて
ルールを破り、規定外の撮影をしていた報道がいたことに触れ
「ゴロツキメディアを読んだ覚えはない」と一喝。
朝日新聞毎日新聞共同通信NHK*1らに苦言。


数分遅れて橋下市長が会場に入り、意見交換会が始まったものの
すぐに口論となり、橋下市長が一方的に打ち切りを宣言。
はじめ30分と設定されていた意見交換会はわずか8分で終了した。

意見交換会ニコニコ生放送で中継され
平日夕方にもかかわらず3万人以上が視聴したほか
上記動画も140万以上の視聴数となっている。
インターネット上では
「橋下には失望した」
「市長の態度じゃねえな」
と橋下市長の態度に批判が集まっている。
さらに、交換会の翌日からは大阪市や維新の会などに
抗議の電話が殺到。職員は対応に追われた。


ヘイトスピーチ云々についてはほぼ話されることはなかったが
橋下市長が一国民に「うるせえ、お前」「お前だよ、差別主義者」
などと暴言を吐くことはどうだろうか。
橋下市長はその後の会見で「宣伝に使われないようにした」と
語っているが、自ら宣伝に使われようとしにいっているように
みえるのは気のせいだろうか。
なお、大部分のマスコミ各社は予想どおり
橋下市長の「お前」の部分はカットして報道した模様である。

*1:朝日新聞には一連の虚偽報道、毎日新聞にはWaiWaiの捏造記事、共同通信には写真問題、NHKにはJAPANデビュー偏向報道など