白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

第7回大洗町中心商店街歩行者通行量調査

大洗町中心商店街歩行者通行量調査実施日:平成26年9月24日(日)


気候:晴れ、最高気温27度


時間:14:00〜15:00


場所:割烹旅館肴屋本店前


イベント:大洗女子スタンプラリー道[復刻版] (8月8日〜)、世界一楽しい片道きっぷ(6月6日〜)、大貫商店街 こそこそ作戦(4月26日〜)


歩行者:78人(自転車含む)


今回歩行者通行量調査を実施した肴屋本店は、大洗町役場から北におよそ300メートル
に位置し、中心部商店街を形成する店舗の一つである。
アニメ「ガールズ&パンツァー」では、戦車が激突したとして
一気に知名度が上がり、宿泊者数が大幅にアップしている。


肴屋本店前は、自動車通行量が非常に多いが、まちのにぎわいを指数として表すためには
歩行者通行量の調査が不可欠である。
そこで今回、当社では7回目となる通行量調査を行った。


◯結果
歩行者数は、78人であった。


前回調査(8月調査)と比べ646人の減少となった。
当社通行量調査開始2番目に少ない数字となった。
当日は、東京都において東京ゲームショウ2014が開催されており

ガールズ&パンツァーWorld of Tanksがコラボ。
さらに10月23日にはアンチョビの誕生日のイベントも行われるとあって
この日は休日ということ以外、大洗町の集客は少なかった。
従って、必然的に通行量は減っているわけである。
とはいえ、歩行者の8割はガルパンファンであり、1人ないし2人ほどの少人数が目立った。


結論として、イベントなどの関係で通行量が少ないことはやむを得ないが
ガルパンファンへのアプローチとは別の一般観光客への
働きかけも必要だと思うのだが、どうか。
とはいえ、23日のイベントに向けて各商店が準備に勤しんでいたので
別の日への動機づけが行われた。
また、9月17日はダージリンの誕生日であり、「この日は150人もの集客があった」(商店街関係者)。
そのため、9月20日は「谷間」にあたったわけである。
何もイベントがない日の大洗町の集客力がこの数字といえるだろう。