白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

WoTVer9.0がスタート!

とても多忙な日々を送っていた僕だけど
ようやく一息つけたので、戦車に乗ってみた。
実はWotはしばらく紹介していない間に
とてつもない変化を遂げていた。
kikuchi_naiki氏は日本戦車ツリーをコンプしたわけだけど

ひょおおおおおおお!!
これは何と、STB-1です。
何のことかというと、74式戦車の試作戦車。
Wotの世界で、まさか戦後MBTが出てくるとは…。
わが国の戦車技術は、実は世界最先端をいっている。
意外や意外、現在配備されているわが国の戦車は
すべて国産となっているのだ。
例えばエンジンは三菱重工業、砲身は日本製鋼、射撃装置は富士通など。
砲身は、実はドイツ・ラインメタルなどのものを使っていたものだが
10式戦車は完全日本製鋼オリジナルだ。
Wotの世界では、日本戦車は被弾に弱いことで有名だが
その分装填と照準時間が短く、中戦車扱いで速度も速いので
機動力を生かしてガンガン撃ち込むことができる。

ファッ!?となったこの謎の物体。
どう見ても、マインクラフトです本当に…という代物だが
れっきとした自走砲である。その名もカール。
自走砲扱いなんだけど、見た目通り臼砲である。
臼砲は、砲身がとても短いのが特徴で、陣地制圧に用いられる。
砲身が短く、できるだけ高くに撃つ。すると、落下速度が速くなり
その分威力が増すというわけである。
欠点は、目標に当たりにくいというものと射程が短いこと。
逆に砲身が長いと、発射時の勢いが増すわけだから
射程が長くなり、対戦車戦にもってこい。
ライフリング(旋条)があると、回転が加わりさらに威力が増す。
と、ここまで書いておいて、実は自走砲を使ったことがない吾輩であった。


さて、そんなWot。ガルパンとのコラボが発表されているわけだが
すでに、西住殿と秋山殿のボイスパックが公開。
大きな人気を呼んでいる。
http://worldoftanks.asia/ja/news/21/announce-gupmod-01/
http://worldoftanks.asia/ja/news/21/announce-gupmod-02/
こちらからダウンロードできる。