白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

2013年大予測を検証する!

当社で、新年を迎えるにあたり
確か予測めいたことをやっていたので
さっそく、その結果を見てみようと思う。

1、日経平均は1万5000円前後(プラマイ500円程度)


12月30日の日経平均、これは大納会だが
最終的には1万6291円であった。
正直、1万5000円さえ怪しいところだったが
まさかまさかの1万6000円台である。
率直にアベノミクスには感嘆せざるを得ない。
予想は良い意味でハズレた。



2、国防軍改憲は年内実現せず


結果は◯。まぁそうだよなとは思っていた。
はっきりいって、安倍内閣が早期に取り組むとは思えない。


3、復興関連予算、20兆超え


これは文句なしの大正解である。
目安として、約25兆円としていたが、これも正解だった。
ただ問題は、今後復興予算の使われ方であろう。
東北優遇という声も聞かれるなか、効果的かつ迅速な復興が求められる。
いつまでも復興支援を名目に食ってはいけないのだ。


4、参院選民主党敗北、第三極躍進へ


これも正解といえるだろうか。
民主党は破れ、自民党は圧勝したものの
みんなの党や維新の会も議席を伸ばした。


5、シリア政府と反政府組織が停戦に合意、アサド大統領退陣


最近、シリア情勢はとんと報道されなくなったが
まだアサド大統領は粘っている模様。
銃撃戦も未だ続いている。早期の平和実現を望みたい。
遺憾ながら外れである。


6、震度6弱地震発生


これも起きてほしくないことではあったが
4月13日、淡路島を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生。
淡路市震度6弱の揺れを記録した。
次に来るとされている大地震にも、万全の備えが必要だ。
遺憾なことに当たってしまった。


7、韓国、10大財閥のうち1グループが崩壊


9月30日と10月1日の2日間にわたって、韓国の中堅財閥である
東洋(トンヤン)グループの系列会社5社が相次いで経営破綻した。
どうやら、他にも経営面が悪化している財閥系企業がある模様だが
東洋グループ5社は、同グループの屋台骨でもあり、実質財閥の崩壊といって良いだろう。


8、次世代ハード発売へ


これは説明が不足していた。発売するのか、それともそのうち発売なのか
という点である。もちろん、次世代ハードであるからすぐの発売は無理なので
発売がアナウンスされる程度に考えていた。
そんな中で、Xbox oneやらPSvitaTVなんかが発表された。
これらは確かに新型ハードだが、ちょっとズルい気がするので
△としたい。



9、モンハン4、シリーズ最多の売り上げ記録


我ながらハードルを上げすぎた。
というのは、モンハン4の発売は9月だった。
つまり3ヶ月で歴代のモンハンを抜く必要があったのである。
そう、モンハン3rdは何と480万本の売り上げ。
カプコンによると、モンハン4は280万本とのことだそうである。


10、2020年東京オリンピック決定


9月のIOC総会で、堂々東京オリンピックが決まった。
最有力候補ではあったものの、マドリードがまさかの追い上げだった。
危ないところだったが、期待したいところである。


的中が6つ
外れが3つ
どちらともいえないが1つだった。
これほど的中したのは実は初めてである。
とはいえ、起きてほしくないこともあったので
複雑なのが本音だ。