白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

【速報】麹町署「違法だが、国会前抗議活動できる」←宮城県警「あり得ないこと」

国会前で散々大騒ぎしてくれている特定秘密保護法反対派
主に左派だが、僕は今までこれは処罰の対象になると思っていた。
というのは、「国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」
の第5条は以下の定めがあるからだ。
「何人も、国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域において
当該地域の静穏を害するような方法で拡声機を使用してはならない」
そもそも、拡声器は静穏を害するものであるから
実質は拡声器の使用自体を禁止しているわけである。


そこで、僕は麹町署警察署警備課に電話して聞いてみた。
僕「国会前でデモはできますか?」
警「通ることはできます。よく皆さん日比谷に集まってデモで国会を通ることはあります。
  ただし、国会議員に対する要望という形で認められることになります」
僕「抗議活動はできますか?」
警「議員に要望する形ならできます。議員に出てきてもらって…」
僕「法的には…」
警「請願法になります」
僕「そうではなく、国会周辺の静謐を守るっていう法律があると思うんですが」
警「ありますね」
僕「それには、拡声器の使用ができないと明記してあるんですが」
警「そうですね」
僕「動画なんか見ると、特定秘密保護法案に反対する人が拡声器使ってますよね」
警「使ってますね」
僕「あれは違法ではないんですか?」
警「違法ですね」
僕「逮捕しないんですか?」
警「目を瞑っているという形になります。遠くからいらっしゃる方もいますし、気持ちはわかりますし」
僕「そういう問題じゃなくて、違法だったら逮捕するべきでは?」
警「いや、こちらからはお願いするという形にしています。音が大きかったら小さくするようお願いして」
僕「お願いって、違法でしょ。矛盾してますよね」
警「矛盾してますけど、お願いしています」
僕「逮捕するのが仕事じゃないんですか?」
警「逮捕するとなると、何十人何百人になるので」
僕「何人いたって違法なんだから逮捕するべきでしょ」
警「その人数をどこから持ってくればいいんですか」
僕「機動隊でも出せば、というのはね、私は宮城県からなんですが
  こっちでは違法活動あったらすぐ警告、逮捕ですよ」
警「そういうことは参考にさせていただきます」
僕「なので、東京でそういう状況なのが不思議なんです」
警「いや、話のわかる人たちですので、音を小さくしてくださいって言えば小さくしてくれますし」
僕「でも鳴らしてましたよ」
警「やめてはくれるんですけど、すぐ始まるっていう繰り返しで」
僕「意味ないじゃないですか」
警「まぁでも、話は聞いてくれるので」
僕「話がわかるんなら、そもそも違法行為やらないでしょ」
警「そういうわけでもないですよ」
僕「罰則だってありますよ。確か懲役3ヶ月以下でしたよね」
警「はい」
僕「首謀者とか引っ張っていけばいいじゃないですか」
警「いや、実際東京に来て、現場見てください。物凄いですから」
僕「動画で見てますけど」
警「動画で見るより凄いですよ」
僕「あぁ、新宿騒擾事件みたいな感じですか」
警「話を聞いてくれるだけ、新宿騒擾事件とは違いますけどね」
僕「例えば、私が国会前でやるとなった時、人数が少ないと思うんです。その時は逮捕するってことですか」
警「そんな不公平なことはしませんよ」
僕「それなら、私が東京行って国会前でやりたいって時は抗議活動やっていいんですね」
警「はい、いいですよ。ただ、こっちにいらっしゃる時は一度ご連絡ください。私、◯◯と申しますので」
僕「わかりました」


「違法」だと認めながら、警察が黙認しているというこの対応に納得できなかった僕は
警視庁の相談センターに電話して、問題がないのか聞いてみることにした。
実際そこは宮城県警の相談センターだったんだが。


僕「東京都内でのデモ関係についてなんですが、担当はどちらでしょう」
警「こちらです」
僕「国会前の拡声器を使った抗議活動は可能なんでしょうか」
警「資料が手元にないので、よくわからないのですが、許可をとれば…」
僕「抗議活動であれば許可は必要ないんです。ただ法律でこういうのがありまして…
  本来は禁止されているんです。それで、麹町署に電話したら抗議活動できるっていうんですよ」
警「そうなんですか、何か条例とかで不逮捕事由があるんでしょうかね」
僕「いや、法律で決まっているんです。拡声器使えないって」
警「こちら宮城県警察なので詳しくは言えませんが、所轄が許しているんですか?」
僕「はい、違法なんだけどできるって」
警「はあー、それは、あり得ないですね」
僕「こっちで無許可で街宣やると、逮捕ですよね」
警「まぁ、すぐ逮捕ではないですけど、指導して…」
僕「違法なのに許しているってのは、どういうことでしょうか」
警「黙認しているってことでしょうか」
僕「例えばですよ、目の前でスピード違反した車がいても見逃しているということになりますよね」
警「それどころか、スピード違反を奨励していることになりますね」
僕「そのとおりだと思います。それで、この対応おかしいと思うんですが、どこか担当窓口ありませんか?」
警「東京に同じような相談センターがありますので、そこで聞いてみては」
僕「わかりました」
警「番号は…になります」
僕「はい。じゃあそちらに掛けてみます」


ということで、東京のほうに掛けてみたが、あいにく
電話が混み合っていたとさ。
そんなわけで、他の警察署が何と言おうと
麹町署警備課としては、国会前で抗議活動やってもいいらしいことがわかった。
在特会を始めとする行動する保守も、ぜひ国会前で抗議活動をやってみては
いかがだろうか。と、提案してみたい。