白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

俺氏、4回目の大洗を満喫する!

さて、この土曜日…実はまた大洗に行ってきた。
実に4回目である。仙台からこんなに何回も行く人おるんか?
と思ったが、いるんだなこれが。仙台ではないが、西日本から何回も行っている人がいる。
上には上がいるとはよく言ったものである。
大洗町は、アニメ「ガールズ&パンツァー」で地域振興真っ最中。

大洗駅のホームには、ラッピング電車が。
4回目にして初めての構内である。というのは、車で来ると
駅に寄っても売店とインフォメーションで完結してしまうのだが
今回はぼっちということもあって、多少面倒でも切符を買って入った。
面倒、というのは切符を買う時、一々どこ駅までか指定しないといけないからである。
そして、どっちが上下線なのかまったくわからない。
初めて乗る人には優しいとはいえない。
しかも、駅員が改札口にいないこともあって、不便である。
その際、地元の人は「後で精算すればいい」と通りすぎてしまうのである。
そういうローカルルールもあるのか…!と、内心感心してしまう。
そんなローカル線で、ガルパンはまさに救世主といえるのだ。

インフォメーションも相変わらずのいt…ノリの良さである。
前は武部殿の誕生日だったが、今回は冷泉殿の誕生日コーナーになっていた。
9月1日生まれだが、実はこういう設定も細部にこだわりがある。
9月1日は、ドイツがポーランドに侵攻して第二次大戦が始まった日だ。
武部殿の誕生日である6月22日は、独ソ戦が始まった日であり、ソ連の対独攻勢
バグラチオン作戦の発動した日でもある。
戦車に関係する戦いが随所に設定されているというこだわりも
ファンの心を掴んでいる要因であろう。

宿泊したのは「いそや」さん。大洗磯前神社のすぐそばであり
僕が泊まった部屋は鳥居の脇だった。極めてありがたい部屋である。
ウサギさんチームの澤梓のパネルが置いてあるので、人気の宿だ。
そうそう、この日一緒になったのは他にお三方。
すべて埼玉県からお越しということで、一番遠いのは僕というわけだ。
全員ガルパン聖地巡礼で来ているから、打ち解けるのも早かった。

この宿には、無料休憩スペースがあってそこにファンがつくったり
買ってきたりした物品が展示されている。これは、4話で登場した
タワー型駐車場をジオラマで再現したもの。89式が出てくる仕掛けもあって
みんなで感心している図である。
壁にかかっているアニメの絵を見て、あれは◯話のここのシーンだとか
言い合って、実際にipadで確認したりしてとても楽しく過ごした。
知らない人同士がこうやって、すっかり意気投合し、夜遅くまで
語り合うことのできる機会は実に貴重だ。
交流という点では、フォロワーさんともお会いして、お昼をご一緒させていただいた。
ツイッターなどを活用して、ファン同士のイベントを企画したり
町の方々と交流する動きがある。これは新しい傾向だ。
このコンテンツツーリズムは、ガルパンで未知の局面に入りつつある。
安定した集客が見込めるようになってきているが、課題も山積している。
課題については近いうちに指摘したい。今回は紀行文みたいな感じで一つ。